導入事例 株式会社タカチ電機工業様

品質向上とコスト増大のジレンマを解決した、3Dプリンター活用法とは?

画像:品質向上とコスト増大のジレンマを解決した、3Dプリンター活用法とは?

電子機器用筐体メーカーとして1974年に創業以来、時代に合わせた商品の開発と品質向上への創意工夫により、お客様の信頼と満足を追求するタカチ電機工業様。15,000点以上の豊富な製品ラインアップと顧客仕様に仕上げるカスタムサービスで、幅広い分野からの多様なニーズに応え続けています。しかし、新たな商品の開発にあたり、品質を向上させるために試作コストなどが膨らんでしまうというお悩みも……。そこで、業界の中でもいち早く3Dプリンターの導入を決定。すると、試作コストの削減だけに
とどまらない、3Dプリンター導入の効果がありました。

画像:課題 1.高品質を追求するために、試作回数とコストの増大。 2.1製品の試作を繰り返す必要があり、外注だと開発工程が長期となる。 3.試作モデル入手までの期間が空き、開発業務が中断。3つの課題がどのように解決されたのか?導入の背景から驚きの効果までレポート公開中!

3つの課題がどのように解決されたのか?

導入の背景から驚きの効果まで詳しいレポートを公開中!

※記事の閲覧にはフォームへの入力が必要となります。

動画やPDFで続きをご覧頂けます
記事の続きはこちら
  • 導入コンサルティングサービスTOPへ
  • 出力サービスTOPへ
▼ その他の導入事例