リコー HP

HP Jet Fusion 3D 特設サイト

HP Jet Fusion 3D
プリンティングソリューション

HP Jet Fusion 3D プリンティングソリューションは、お客様のプロトタイプと最終製品の製造方法を革新し、HP独自のテクノロジーにより圧倒的な生産性で高品質な製品を生産します。

製品概要

OVERVIEW

プロトタイプ試作に加え、小ロットの最終製品の製造に対応した次世代Direct Manufacturingできる次世代3Dプリンターです。HPの3Dプリンティング技術である「HP Multi Jet Fusionテクノロジー」により生産性と品質の向上を低コストで実現することで、3Dプリンターの活用の可能性を大きく広げます。

HP Multi Jet Fusionテクノロジーとは?

HP Jet Fusion 3Dプリンティングソリューション HP Jet Fusion 3Dプリンティングソリューション
  1. 画期的なスピード

    詳細はこちら 詳細を閉じる

    1インチに対し毎秒3,000万ドロップを可能にし、最大10倍のスピードを実現します

  2. 高い精度ときめ細かなディテール

    詳細はこちら 詳細を閉じる

    HP フュージングエージェントとHP ディテーリングエージェント、HP Multi Jet Fusionテクノロジーにより、正確に細部まで再現します

  3. ボクセルレベルの制御

    詳細はこちら 詳細を閉じる

    正確な硬化温度管理によりレイヤーごとに最適な硬化温度を予測し、ボクセルごとの素材特性を最適な状態に変化させます。

  4. 作業中の内部制御

    詳細はこちら 詳細を閉じる

    インプリンタークオリティーチェック機能によりタッチスクリーンから内部のモデリングの進行状況の確認ができ、エラーの発生を最小限にします。

  5. 作業時間の短縮

    詳細はこちら 詳細を閉じる

    オート マテリアルミックスとローディングシステムは、素材充填作業時間を短縮しワークフローを効率化します。

  6. 清潔な環境を実現

    詳細はこちら 詳細を閉じる

    エンクローズドアンパッキングマテリアルコレクションシステムは、完全に密封された層流フード付きのプロセッシングステーションにより、後処理の為の専用の部屋を必要としません。

  7. 高い生産性

    詳細はこちら 詳細を閉じる

    HP Jet Fusion 3D Fast Cooling Moduleにより、冷却時間を短縮し、パーツの仕上がり時間を速め、より生産性を向上させます

  8. 生産性を最大化

    詳細はこちら 詳細を閉じる

    分離可能なHP Jet Fusion 3D Build Unitで、プリント後にHP Jet Fusion 3D冷却プロセッシングステーションへ移動させることで、ジョブを継続的に行うことが可能となり、生産性を最大化させます

  9. 効率の最大化

    詳細はこちら 詳細を閉じる

    業界をリードする、再利用可能な消費効率の高い素材により、最適なコストと高い品質を実現します。また、製造時間をより正確に予測することで、業務効率を向上させます

HP Jet Fusion 3D
プロセッシングステーション

※ファーストクーリング機能搭載モデル

製品の特長

FEATURES
  • 最終部品に耐えうる品質
    HP Multi Jet Fusion テクノロジーにより、最終製品に求められる堅牢で高精細な仕上がりを実現することができます。
    溶融させたい部分にフュージングエージェント(溶解促進材)、その周囲に熱吸収を抑えるディテイリングエージェントを高速噴霧することで、エッジのシャープな精密造形が可能です。
    さらにエージェントの噴射部分を面方向に十分に加熱することで、樹脂レイヤーの上層から下層までが溶融し、Z方向の強度が向上します。
    これにより従来の3Dプリンターでは難しかった水平方向と垂直報告の強度差(異方性)を最小限に抑えています。
  • 連続稼働による高い生産性
    3D造形完了後、プリンター本体からビルドユニットを取り出すことができるため、造形物が冷めるのを待たずに別のビルドユニットで次の造形に入ることができます。
    プロセッシングステーションに搭載されたファストクーリング機能により、ビルドユニット内を高速空冷することで、完成品を早く取り出すことが可能です。
    さらに、従来の「点」で造形する方式と比べ、「面」で造形する方式のため、造形スピード自体が高速で、高い生産性を実現します。
    ※ファストモード:10時間、バランスモード:16時間(フルビルドあたり)
  • 型レスによる生産コスト最適化
    プラスチック部品等の製造において、通常必要な型を製作することなしに、設計データからダイレクトに製造することが可能となります。
    このため、型製作の工程が不要となるため、製品の開発および製造にかかる期間を大幅に短縮できます。
    また、型製作コストが不要のため、特に小ロットの製品では、大きなコストメリットを得られます。
    これらにより、従来の試作や最終製品の製造工程を革新し、お客様の製品の生産性コストを最適化します。

標準構成 Jet Fusion 3D 4200

CONSTITUTION
項目 商品名 個数 備考
ハードウェア ①HP Jet Fusion 3D 4200 プリンター 1  
②HP Jet Fusion 3D 4200 ファストクーリング プロセッシング ステーション 1  
③HP Jet Fusion 3D エクスターナルタンク スターターキット 1
④HP Jet Fusion 3D ビルドユニット 2 プリンターとプロセッシングの同時稼動の場合、2個必要です。
コンシューマブル ⑤HP 3D600 プリントヘッド 3 3個本体に標準装備です。
⑥HP 3D 600 クリーニングロール 2 1個本体に標準装備です。
マテリアル ⑦HP 3D700 フュージング 5L エージェント 3  
⑧HP 3D700 ディテイリング 5L エージェント 3  
⑨HP 3D HR PA12 300L/130kg マテリアル 1 * 写真はHP 3D HR PA 12 30L/13kg マテリアルになります。
メンテナンスキット ⑩HP 3D プリンター ショキ メンテナンスキット 1  
⑪HP 3D プリンター ネンカン メンテナンスキット 1  
⑫HP 3D プリンター ポスト プロセッシング メンテナンスキット 1  
  1. HP Jet Fusion 3D 4200 プリンター
  2. HP Jet Fusion ファストクーリング
    プロセッシングステーション
  3. HP Jet Fusion 3D エクスターナルタンクスターターキット
  4. HP Jet Fusion 3D ビルトユニット × 2
  1. HP 3D600 プリントヘッド
  1. HP 3D600 クリーニングロール
  1. HP 3D700ヒュージング
    5L エージェント
  1. HP 3D600 ディテイリング
    5L エージェント
  • 9.HP 3D HR PA12 300L/130kg マテリアル
  • 10.HP 3D プリンター ショキ メンテナンスキット
  • 11.HP 3D プリンター ネンカン メンテナンスキット
  • 12.HP 3D プリンター ポスト プロセッシング メンテナンスキット

設置環境について

  • ※本機を稼動する場合、以下の温湿度環境が必要になります。
    温度20 ~ 30℃  湿度30 ~ 70%
  • ※稼動およびメンテナンスできる設置スペースが必要です。
  • ※ 品質維持のためフロアの表面には以下のような特性が必要です。
    ●平坦かつ水平であること、強固で滑らかで穴やくぼみがないことなど
    事前にお客様設置先に伺い設置環境を確認させていただきます。

設置環境の詳細はこちら

付帯装置について

  • ※ 本製品を稼動する場合には、以下の付帯装置が必要になります。
    ●ブラスター:製作した製品のクリーニング(研磨)する装置です。
    ●防爆掃除機:微細なマテリアル材料等を吸引できる掃除機です。
    ●エアーコンプレッサ-:圧縮した空気をマシンへ供給する装置です。
    必要な仕様等不明な点がございましたら販売担当者へお問い合わせください。

付帯装置についての詳細はこちら

搬入、設置、操作指導について

  • ※ 本機を設置するにあたり、搬入費用、設置費用、お客様への操作指導費用が別途かかります。
    料金につきましては、販売担当者へお問い合わせください。

保守について

  • ※初年度無償保証を含めた複数年有効な保守パックをご用意しております。
  • ※ 保守を実施するにあたり、マシンの稼働状況を把握しダウンタイムを極力短縮するためにHPクラウドヘの接続が必要です。
  • ※保守の詳細につきましては、販売担当者へお問い合わせください。

電源について

  • ※ 本機を稼動する場合、以下の電源供給可能な環境が必要になります。
    ●プリンタ一:三相200 ~ 240V 48A
    ●プロセッシングステーション:単相200 ~ 240V 19A
  • ※ プリンター、プロセッシングステーションには電源ケーブルが同梱されておりません。
    お客様から認定電気技術者へご連絡いただき、接続をお願いします。

電源についての詳細はこちら

HP Jet Fusion 3Dプリンターの造形素材

HPでは、PA11/PA12グラスビーズ、難燃特性を備えた材料、エラストマーなど、幅広いサーモプラスチック素材を提供する予定です。 HP Multi Jet Fusion Open Platformと、素材開発に取り組むパートナーのネットワークを通じて、今後も素材のポートフォリオをさらに拡大していきます。 今まで想像しなかったアプリケーションを実現させるには、HP Multi Jet Fusion Open Platformにより、素材のイノベーションを加速することが重要な鍵となります。

造形サンプル

造形準備から後処理までのフロー

造形準備から後処理までのフローは以下の通りです。2つのビルドユニット交互に使用することで、プリンターを止めることなく連続出力(高生産)が可能です。
未使用のパウダーはリサイクルされ、新しいパウダーと混合し、高いリサイクル率で再利用することができます。

プリント前準備

  • ① ビルドユニットをプロセッシングユニットへ装填
  • ② マテリアルボックスを接続
  • ③ ビルドユニットへパウダーを自動充填
  • ④ 充填済ビルドユニットをプリンターへ装填
  • ⑤ プリント

プリント後処理

  • ⑥ 造形済ビルトユニットをプロセッシングユニットへ装填
  • ⑦ 装填されたビルトユニットをクーリングステーションと接続(冷却)
  • ⑧ ビルドユニット内の造形を取り出す
  • ⑨ ビーズブラスター等で細かなパウダーを除去して完了

3Dプリンターご相談窓口

ご購入前のご相談やお問い合わせはこちらから!
0120-310-462
受付時間:9:30~17:00
(土日・祝日を除く平日に営業しています)
3Dプリンター体感スペース
RICOH Rapid Fab のご案内
「HP Jet Fusion 3D プリンター」をはじめ、
国内ではここでしか見れない3Dプリンターの実動や、
豊富な造形サンプルの展示はもちろん、3Dプリンターを
熟知したリコーの技術者がお客様の様々なご相談を承ります。
是非、お気軽にお越しください。(予約制)
PAGE
TOP