リコー HP

HP Jet Fusion 3D 特設サイト

サポートSUPPORT

サポートメニュー

MENU

注目のよくあるご質問

FAQ
Q製品ラインアップはどのようなものがありますか?
造形スピードが異なるHP Jet Fusion 3D 3200 プリンター(以下、Jet Fusion 3200)とHP Jet Fusion 3D 4200 プリンター(以下、Jet Fusion 4200)の2機種のラインアップがございます。 またカラー対応の3Dプリンターも今後リリースされる予定です。

製品詳細は、以下をご参照ください。
http://www.ricoh.co.jp/3dp/hp/product/
QJet Fusion 3200とJet Fusion 4200の違いは何ですか?
Jet Fusion 4200の方がよりスピーディーにより低コストで造形物を作れるように設計されています。Jet Fusion 4200はより大きな樹脂材料およびエージェント(インク)のカートリッジの使用が可能なため、材料コストを低く抑えることができます。

詳しくは、以下をご参照ください。
http://www.ricoh.co.jp/3dp/hp/product/
QHP Multi Jet Fusion テクノロジーとはどのような技術ですか?
薄く敷いた樹脂材料(粉末)に2種類のエージェント(インク)を噴射し、ハロゲンランプの熱を効果的に吸収させて樹脂を溶融し形状を作っていくHP独自のテクノロジーです。

詳しくは、以下をご参照ください。
http://www.ricoh.co.jp/3dp/hp/technology/
Q使用できる造形材料は何がありますか?
現在はナイロン樹脂、PA12とPA12GB(ガラスピーズ)のみとなりますが、今後はPA11やPPなどの材料も予定されております。

詳しくは、以下をご参照ください。
http://www.ricoh.co.jp/3dp/hp/technology/
Q他の方式と比べて、造形スピードは?
FDM方式・SLS方式等の他の方式ではノズルやレーザーなどで「点」で造形するのに対し、HPのJet Fusion方式ではプリントヘッドにより「面」で造形していくため高速な造形が可能です。
複数のビルドユニットを入れ替えることで連続生産を可能にし、従来の3Dプリンターと比較して、圧倒的に高い生産性を実現することが可能です。

詳しくは、以下をご参照ください。
http://www.ricoh.co.jp/3dp/hp/technology/
Q他の方式と比べて、造形コストは?
他の一般的な造形方式において必要なサポート材が不要なことや、材料自体の再使用率が高いことにより、材料の消費量が最小限に済むため実現されております。

http://www.ricoh.co.jp/3dp/hp/product/

3Dプリンターご相談窓口

ご購入前のご相談やお問い合わせはこちらから!
0120-310-462
受付時間:9:30~17:00
(土日・祝日を除く平日に営業しています)
3Dプリンター体感スペース
RICOH Rapid Fab のご案内
「HP Jet Fusion 3D プリンター」をはじめ、
国内ではここでしか見れない3Dプリンターの実動や、
豊富な造形サンプルの展示はもちろん、3Dプリンターを
熟知したリコーの技術者がお客様の様々なご相談を承ります。
是非、お気軽にお越しください。(予約制)
PAGE
TOP