リコー HP

HP Jet Fusion 3D 特設サイト

サポートSUPPORT

よくあるご質問

FAQ
  • 製品情報
  • 技術情報
  • 造形材料
Q製品ラインアップはどのようなものがありますか?
造形スピードが異なるHP Jet Fusion 3D 3200 プリンター(以下、Jet Fusion 3200)とHP Jet Fusion 3D 4200 プリンター(以下、Jet Fusion 4200)の2機種のラインアップがございます。 またカラー対応の3Dプリンターも今後リリースされる予定です。

製品詳細は、以下をご参照ください。
http://www.ricoh.co.jp/3dp/hp/product/
QJet Fusion 3200とJet Fusion 4200の違いは何ですか?
Jet Fusion 4200の方がよりスピーディーにより低コストで造形物を作れるように設計されています。Jet Fusion 4200はより大きな樹脂材料およびエージェント(インク)のカートリッジの使用が可能なため、材料コストを低く抑えることができます。

詳しくは、以下をご参照ください。
http://www.ricoh.co.jp/3dp/hp/product/
Q利用するために最小限揃えないといけないものは?
ハードウェアとしてはJet Fusionプリンター本体、造形用のビルドユニット、後処理用のプロセッシングステーションの3つが必要です。
また樹脂材料と2種のエージェント(インク)が必要になります。
さらに付帯設備として、ブラスター、粉塵対応掃除機、コンプレッサーもご準備頂く必要がございます。

詳しくは、以下をご参照ください。
http://www.ricoh.co.jp/3dp/hp/product/
Q製品価格は?
製品価格については、以下のフォームよりお問い合わせください。

http://www.rc-club.ricoh.co.jp/3d_hp_inquiry/
Q対応しているファイル形式は?
業界標準のフォーマットであるSTLと、HPが推進する次世代のフォーマット3mfの2種類となります。
Q消耗品には、どのようなものがありますか?
樹脂材料、2種のエージェント(インク)、プリントヘッド、プリントヘッド用のクリーニングロール、ランプ、フィルタ―類等が消耗品となります。
Q3Dプリンター機器の設置条件はどうなっていますか?
本体を安定稼働させるためには、電源・床の強度・温湿度管理・換気などが設置条件を満たす必要があります。

詳しくは、以下をご参照ください。
http://www.ricoh.co.jp/3dp/hp
QHP Multi Jet Fusion テクノロジーとはどのような技術ですか?
薄く敷いた樹脂材料(粉末)に2種類のエージェント(インク)を噴射し、ハロゲンランプの熱を効果的に吸収させて樹脂を溶融し形状を作っていくHP独自のテクノロジーです。

詳しくは、以下をご参照ください。
http://www.ricoh.co.jp/3dp/hp/technology/
Qエージェントとは、何ですか?
樹脂の温度をコントロールするインクです。
黒色色素がハロゲンランプの熱を効果的に吸収し、周囲の樹脂の温度を融点まであげる役目のフュージングエージェント(Fusing Agent)と熱が加わると速やかに蒸発し周囲の樹脂の温度を下げて溶融を防ぐディテーリングエージェント(Detailing Agent)の2種類があります。

詳しくは、以下をご参照ください。
http://www.ricoh.co.jp/3dp/hp/technology/
Qエージェントの消費量は、どれ位になりますか?
体積や表面積により使用量は異なります。
体積が大きくなれば溶融に使用するフュージングエージェントの量が増え、ラティス構造のような表面積が大きい構造ではディテーリングエージェントの量が増える傾向があります。
QHP 3Dプリンターと他の方式との違いは何ですか?
3Dプリンターには多くの造形方式が存在するため、一概には言えませんが、造形スピードが非常に早いこと、サポート材が不要なこと、最終製品として使用可能な材料で高品質なパーツが造形できることが大きな違いとなります。

詳しくは、以下をご参照ください。
http://www.ricoh.co.jp/3dp/hp/product/
Q他の方式と比べて、造形スピードは?
FDM方式・SLS方式等の他の方式ではノズルやレーザーなどで「点」で造形するのに対し、HPのJet Fusion方式ではプリントヘッドにより「面」で造形していくため高速な造形が可能です。
複数のビルドユニットを入れ替えることで連続生産を可能にし、従来の3Dプリンターと比較して、圧倒的に高い生産性を実現することが可能です。

詳しくは、以下をご参照ください。
http://www.ricoh.co.jp/3dp/hp/technology/
Q他の方式と比べて、造形コストは?
他の一般的な造形方式において必要なサポート材が不要なことや、材料自体の再使用率が高いことにより、材料の消費量が最小限に済むため実現されております。

詳しくは、以下をご参照ください。
http://www.ricoh.co.jp/3dp/hp/product/
Q積層ピッチは、どれくらいですか?
80μmとなります。
Q造形精度はどれくらいですか?
カタログ保証値で±0.2mmです。(100mm以上の±0.2%以内)
より細かい精度が必要な場合には切削などの追加工をしていただくことも可能です。
Q造形物の強度はどれくらいですか?
HP Jet Fusion方式では、最小限の異方性を実現しています。
Jet Fusionではハロゲンランプの熱が新しく溶融する層とすでに溶融した層を再度溶かし合わせているため、3Dプリンターの弱みであった高さ方向の機械特性が水平方向と極めて近い値を実現しています。

詳しくは、以下をご参照ください。
http://www.ricoh.co.jp/3dp/hp/technology/
Q使用できる造形材料は何がありますか?
現在はナイロン樹脂、PA12とPA12GB(ガラスピーズ)のみとなりますが、今後はPA11やPPなどの材料も予定されております。

詳しくは、以下をご参照ください。
http://www.ricoh.co.jp/3dp/hp/technology/
Q造形材料の価格は?
製品価格については、以下のフォームよりお問い合わせください。

http://www.rc-club.ricoh.co.jp/3d_hp_inquiry/
Qカラーや透明な造形物は出来ないのですか?
HP Jet Fusion 3200/4200はカラーに対応しておりませんが、カラー対応の機種は今後リリースを予定しております。
透明な造形に対応する機種は、現在のところ未定となっております。

3Dプリンターご相談窓口

ご購入前のご相談やお問い合わせはこちらから!
0120-310-462
受付時間:9:30~17:00
(土日・祝日を除く平日に営業しています)
3Dプリンター体感スペース
RICOH Rapid Fab のご案内
「HP Jet Fusion 3D プリンター」をはじめ、
国内ではここでしか見れない3Dプリンターの実動や、
豊富な造形サンプルの展示はもちろん、3Dプリンターを
熟知したリコーの技術者がお客様の様々なご相談を承ります。
是非、お気軽にお越しください。(予約制)
PAGE
TOP