ACCULAS® BA-30S

1000万円~3000万円未満

画像:ACCULAS® BA-30S
  • 用途
  • 材料特性
  • 中空構造

特長

最大300×300×300mmの造形エリアを持つ国産の光造形方式の3Dプリンター。
造形精度を決めるレーザー出力や照射速度などのパラメーターを利用者が任意で設定可能であり、また、JSR製の光硬化性樹脂との融合で、高性能・高品質な光造形モデルの作製が可能です。

主な仕様

本体 装置外形寸法(W×D×H) 1400 × 800 × 1790mm
(シグナルタワー含まず)
電源 単相 AC100V 13A
光学系 レーザー 半導体励起固体レーザー(355nm)
出力 300mW @50kHz
パワー制御 AOMによるレーザーパワー制御
偏向装置 デジタル制御方式ガルバノスキャナー
スポット径 φ60〜φ300μm
造形 造形エリア(W×D×H) 300 × 300 × 300mm
300 × 300 × 200mm
300 × 300 × 100mm
(任意にタンクを選定)
積層ピッチ 50〜150μm
安全 レーザー クラス1(搭載するレーザーはクラス3B)
商品に関するお問い合わせ・お見積り