RICOH AM S5500P

5000万円以上

画像:RICOH AM S5500P
  • 用途
  • 材料特性
  • 中空構造

RICOH AM S5500Pの強み

日本のハイエンドマシンが、世界のものづくりをリードする。

高機能材料が使える、ハイエンドモデル。

画像:自動車部品

自動車部品

RICOH AM S5500Pは、ナイロン12・ナイロン11・ナイロン6、ポリプロピレンなど耐久/耐熱性に優れた樹脂素材を材料として選択できるハイエンドモデル。強度に優れた造形品は、機能評価をするための模型として使用するだけでなく、少量多品種生産にも適しており、実際の製品としても使用することができるものです。

世界市場でも際立つ、コストパフォーマンスの高さ。

画像:一度の造形で作成されたサンプル

一度の造形で作成されるサンプルの
イメージ

すぐれたコストパフォーマンスも、RICOH AM S5500Pの大きな特長です。ハイエンドモデルとしての重要な指標は製造効率ですが、当機は特に一度の出力でより多くの造形ができる「造形容量」において高い性能を誇ります。そして、RICOH AM S5500Pは造形容量が高い3Dプリンターの中でも、導入コストを低く抑えています。

パラメーター設定も自在な、プロフェッショナル仕様。

RICOH AM S5500Pは、レーザーパワーや温度設定などをお客様ご自身で自在に設定することができます。細やかなパラメーター設定ができるため、より繊細な造形に対応することが可能です。プロフェッショナルなものづくりの現場での試行錯誤にも最適な、高性能マシンです。

SLS®(粉末焼結積層造形)とは

RICOH AM S5500Pが採用している、粉末状の素材にレーザーを照射して焼結させる方式です。高精細かつ耐久性のある造形物を製作できるため最終製品の製造にも用いることが可能。ものづくりの可能性を一気に拡げる3Dプリント技術として注目を集めています。

画像:窒素雰囲気
画像:SLS概念図
画像:SLS概念図
より高機能かつ多様な材料を使用できます。

多種多様な樹脂材料を選択することができ、その造形品は、組み付け評価や風洞実験など様々な用途に応用することが可能です。

縦方向に効率的に造形でき、ランニングコストも低減。

SLS®方式は、縦方向の造形もスピーディ。高速かつ低コストで造形物を製造することができます。

サポート材が不要なため、取り除く手間がなく、材料のロスも少ない。

造形の際のサポート材は、必要ありません。使用する材料は造形される部分のみなので、材料ロスも、後加工の手間も軽減できます。

商品に関するお問い合わせ・お見積り