充実のオプション: オンデマンド生産

概要

昨今の日本のものづくり現場では、市場の個々のニーズに合わせるため、多品種小ロットの高付加価値製品へのシフトがますます加速しています。このような中、生産工場で利用する治具や型などのツール類や最終製品に組み込む部品を金型レスで3Dプリンターにより直接製造する新たな製造手法DDM(ダイレクト デジタル マニュファクチャリング)が、国内製造業においても急速に拡大しつつあります。リコーでは早くからこの製造手法に着目し、複数の3Dプリンターと専門の技術者を配置した拠点を構築し、自社製品のサービスパーツのオンデマンド化等を実践してきました。
本オプションサービスは、リコーが培ってきたノウハウと3Dプリンターによるものづくり拠点機能をお客様向けに提供し、「個々のパーツを毎月必要な分を少量数だけ納品して欲しい」といったオンデマンドニーズにお応えすることで、パーツの在庫削減や製造リードタイム短縮などのお客様の生産プロセス改善を支援するものです。
お客様における新たなものづくり拠点としてご活用ください。

画像:オンデマンド生産

オンデマンド生産として、「ダイレクトパーツ製造」と「仮型による製造」の2つの製造方式で幅広い用途・部品への対応が可能となります。

ダイレクトパーツ製造

金型などをつくらずに、3Dデータからダイレクトに3Dプリンターで最終製品やパーツを製造するため、1個からでも生産が可能です。 リコーでは、お客様における製品やパーツのオンデマンド化の検討段階から実際の生産までトータルで支援させていただくことが可能です。

実施内容

●  要件整理とパーツの現状調査・分類

お客様よりオンデマンド化へのご要望を伺った上で、リコーの製造現場でパーツのオンデマンド化を実践したきた専任のコンサルタントが要件整理をさせていただきます。また必要に応じてお客様の製品パーツや金型の利用状況の現状把握や、製品パーツの属性・ライフサイクル・出荷頻度などに従って調査・分類を実施します。

画像:要件整理とパーツの現状調査・分類
●  オンデマンド化方針と業務プロセス設計

要件整理内容に基づき、オンデマンド化による課題や予測効果および造形物の品質を評価した上で、対象パーツの決定や生産計画などの方針をお客様とともに詰めていきます。また、オンデマンド化により変更となる業務プロセスや、やり取りするデータ、納品までのリードタイムなどの業務フロー詳細を決定します。
造形物の品質については、対象パーツの強度や耐熱性などの要求特性に応じた造形方式・材料にてテスト評価します。

画像:パーツ生産の損益分岐点の比較表
画像:単純形状例
単純形状例
画像:複雑形状例
複雑形状例
画像:評価結果例
●  ダイレクトパーツ製造・納品

お客様と事前に取り決めたパーツ仕様条件や業務フローに従って、お客様の要求時に必要な個数のパーツを3Dプリンターで製造して納品します。3Dプリンターによるパーツ製造は、大型の産業用3Dプリンターが配備された専用の生産拠点にて3Dプリンターでの生産を熟知した作業者が実施します。

画像:ダイレクトパーツ製造例
画像:圧着ノブ 画像:ファンカバー 画像:ローラーノブ 画像:スライドフェンス 画像:トレイグリップ 画像:電源スイッチカバー

ダイレクトパーツ製造例※ 画像をクリックすると拡大します。

ダイレクトパーツ製造の活用例

  • ●  高付加価値の小ロット生産品

    製品ごとの金型が不要なため、高付加価値製品のような小ロット生産品のコスト削減、工数短縮が可能となります。

  • ●  ユーザーの個々のニーズに合わせたカスタマイズ製品

    造形デザインの自由度が高く、3Dデータの加工で容易にカスタマイズ生産可能なため、個別カスタマイズ品の生産性が向上します。

  • ●  実験的な市場投入によるテスト・マーケティング製品

    短期間に繰り返し改変が加えられる、テスト・マーケティング製品の小ロット生産に容易に対応できます。

期待される効果

  • ●  金型製作の工程が不要となるため、コスト削減と製造リードタイムの短縮などが図れます。
  • ●  必要な時に必要なだけジャスト・イン・タイムで生産するため、在庫スペースの削減や在庫管理コストの削減が図れます。

仮型による製造

3Dプリンターを使って短納期で仮型を製作、射出成形品、プレス品をご提供します。

実施内容

① 射出成形品

難燃樹脂やPE(ポリエチレン)等の3Dプリンターでは造形できない材料での試作が可能です。

仮型部品のガイドライン

(1)部品サイズ

仮型で成形できる部品サイズの目安は以下の通りです。

  • ●部品投影面積(W×D)≦10000mm2
  • ●部品高さ≦12mm

(2)形状

  • ⅰ)抜き勾配:変形なく離型するために、抜き勾配は、2~3°に設定します。
  • ⅱ)寸法:寸法公差のご要望がある場合は、別途保証方法についてご提案いたします。
  • ⅲ)表面仕上げ:3Dプリントしたままの無処理では、パーツ表面に筋状の造形段差が残ります。
    ご要望により、#600サンドペーパ型仕上げをオプションで選択いただけます。
  • ⅳ)角、隅R:パーツ形状の角、隅はシャープにならず、R0.3程度の丸みが付きます。
  • ⅴ)アンダーカット:アンダーカット形状については、対応できる場合がございます。
  • ⅵ)樹脂材料:実績として対応できる樹脂はABS、PS、PE、PP、エラストマーです。
    その他お客様の支給材料でも対応できる場合がございます。
画像:仮型による射出成形

仮型による射出成形

画像:部品サイズ

部品サイズ

② プレス品

コスト、リードタイムで有利な絞り仮型を作製し、部品供給します。

仮型による絞り加工のメリット

  • (1)型による擦り傷が付きません
  • (2)型の磨き/研磨が不要です。
  • (3)潤滑油なしで絞り加工が可能です。
  • (4)複雑な形状ほど納期、コストで有利です。
  • 画像:複合機 圧板押え

    複合機  圧板押え

    材質  ABS

  • 画像:複合機 SWカバー

    複合機  SWカバー

    材質  透明ABS

  • 画像:複合機 排紙フィラー

    複合機  排紙フィラー

    材質  PP

  • 画像:インクジェットヘッド部品

    インクジェットヘッド部品

    材質  PE

  • 画像:ジューサーモデル

    ジューサーモデル

    材質  SECE  t=0.6

  • 画像:ロゴマーク

    ロゴマーク

    材質  SUS304  t=0.3

  • 画像:蛇口ハンドルモデル

    蛇口ハンドルモデル

    材質  SUS304  t=0.4
    SECC  t=0.4

  • 画像:フライパンモデル

    フライパンモデル

    材質  SUS304  t=0.4

  • 画像:クリップモデル

    クリップモデル

    材質  SUS304  t=0.4
    SECC  t=0.4、0.6