3Dプリンターの活用シーンと導入のメリット

製造業における3Dプリンターの活用シーン

試作品の製作はもちろん、治具や型といったツール製作、さらには最終製品の製造まで、幅広いシーンで3Dプリンターは活躍します。

画像:商品企画フェーズ 画像:設計フェーズ 画像:製造フェーズ

製造業における4つの導入メリット

なぜ、ものづくりの現場で3Dプリンターが注目を集めているのか。「第三次産業革命」を起こすとも言われる3Dプリンターを導入することで得られる、4つのメリットをご紹介します。

メリット1

開発期間の短縮

機能やデザイン確認のために、これまで数日、数週間とかかっていた試作品の外注。
3Dプリンターを使って内製化することで、開発期間が大幅に短縮され、商機を逃さない迅速な製品開発が可能となります。

画像:開発期間の短縮
メリット2

開発・製造コストの削減

試作やデザインなどの開発コストの削減になることはもとより、データやパソコンのモニターでは気がつかないデザイン上のミスを、金型投資前などの重要なポイントで容易に確認することが可能に。ムダな開発コストを抑制することが期待できます。

画像:開発・製造コストの削減
メリット3

業務の効率化

商品企画の早い段階から、完成品に近い形のものを直ぐに手にできるため、プレゼンテーションやデザインレビューなどの場での説得力が上がることはもちろんのこと、後々問題が見つかるというリスクを減らすことが可能となります。またプロセスの改善などの、ちょっとした治具も簡単に製作することができます。

画像:業務の効率化
メリット4

製品の品質向上

試作の内製化によって、品質上のリスクを徹底的に潰し込むための試作を簡単に繰り返し行うこともできます。また出力した部品を実際に組みつけてみる事によって量産工程の事前検証はもちろん、作業マニュアル作成などの生産準備の品質向上にも活用することが可能です。

画像:製品の品質向上