このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地

Share

ここから本文です

ジェルジェットプリンターをMacintosh環境でお使いのお客様へ

ジェルジェットプリンターをMacintosh環境でお使いいただく際のお願い事項について


お客様各位
2005年8月25日
株式会社リコー

「IPSiO G515/G717/G7570」がMacintosh OS 環境に対応し、Macintosh対応プリンタードライバーの無償ダウンロードサービスを開始いたします。
詳しくは ニュースリリースをご覧ください。
なお、お使いになる前に、下記のお願い事項をお読みいただいてからお使いいただくようお願いいたします。

お願い事項

  • Macintosh対応プリンタードライバーはMacintosh OS 9(9.1~9.2.2)、OS X(10.2~10.3.9)に対応しております。Macintosh OS X(10.4 [Tiger])には現在対応しておりませんが、次期バージョン以降で対応する予定です。
  • Macintosh対応プリンタードライバーは以下の機種には対応しておりません。
    IPSiO G505
    IPSiO G707
    IPSiO G707-ME
  • Mac OS Xのプリンター共有設定に関しては動作保証しておりません。
  • USB接続では、1台のPCで、同機種のプリンターを複数台接続して使用することはできません。
  • Mac OS 9およびClassic環境で、Microsoft Internet Explorer5.x、Netscape6.0、7.2から印刷した際に、画像データが荒く印刷される場合があります。
  • Mac OS 9およびClassic環境で、印刷した場合にアプリケーションがストールしたり、強制終了される場合があります。その場合は、アプリケーションの実行ファイルのメモリ割当てを増やしていただくか、仮想メモリの値を増やして印刷してください。詳細はプリンタードライバーのインストール時に表示される「制限/注意事項」をご覧ください。また、メモリの割り当て方法、仮想メモリの設定方法についてはOSのヘルプを参照してください。
  • Macintosh対応ドライバーでは、「レベルカラー印刷」機能はありません。濃度を落として印刷できる「カラーインクセーブ印刷」機能を使うことができます。
  • Macintosh対応ドライバーでは、「拡大連写」機能はありません。
  • アプリケーションから網掛け部分の出力や集約印刷を行うと画面どおりに出力されないことがあります。その場合は、解像度をあげて印刷処理を行ってください。

サイレックス・テクノロジー社製プリントサーバをご利用になる場合の注意点

  • プリントサーバを使用する場合は、AppleTalkでの接続には対応しておりません。そのため、TCP/IPのネットワーク環境でIPアドレスを設定してお使いください。
  • PRICOM R-9500U2を使用する場合は、USB2に出力ポートを設定しても印刷出来ません。また、2台同時接続での使用はできません。(WEBブラウザで本製品に接続した時に「USB1」に表示されているプリンターしか使用できません)
  • プリントサーバのネットワーク設定(IPアドレス等の設定)を行うためのツールはMacintosh環境に対応しておりません。Macintoshのみの環境で使用するには、あらかじめWindows環境でUSBプリントサーバのネットワーク設定を行ってから導入いただくようお願いいたします。なお、PRICOM R-9400W・PRICOM R-9500U2では、USBメモリーを使用して設定することも可能です。詳細はPRICOM R-9400W・PRICOM R-9500U2に同梱しておりますマニュアルもしくは、サイレックス・テクノロジー社ホームページをご覧ください。

Macintosh対応プリンタードライバーのダウンロード

こちらよりダウンロードしてください。
IPSiO G515
IPSiO G717
IPSiO G7570

Macintosh対応プリンタードライバーのインストールガイド

こちらよりダウンロードしてください。
IPSiO G515
IPSiO G717
IPSiO G7570

Macintosh対応プリンタードライバーのプリンタードライバーガイド

こちらよりダウンロードしてください。
IPSiO G515
IPSiO G717
IPSiO G7570