このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu

IPSiO SP 3410SF
(本製品は生産終了しております)

基本・プリンター仕様

商品名 IPSiO SP 3410SF
品種コード 308568
JANコード 496131185050 9
型番 SP3410SF
方式 半導体レーザー+乾式1成分電子写真方式
連続プリント速度 *1 28枚/分(A4縦送り)
両面印刷時:14ページ/分(A4縦送り)
ファーストプリント *2 8秒以下(標準トレイにてA4縦送り印刷時)
解像度 1,200×600dpi、600×600dpi
変倍率 25%~400%
用紙サイズ 標準 給紙トレイ:A4縦送り、B5縦送り、A5縦送り、B6縦送り、A6縦送り、LT縦送り、LG縦送り、HLT縦送り、郵便はがき縦送り、往復はがき縦送り、不定形サイズ(幅100~216mm、長さ148~356mm)
手差しトレイ:A4縦送り、B5縦送り、A5縦送り、B6縦送り、A6縦送り、LT縦送り、LG縦送り、HLT縦送り、郵便はがき縦送り、往復はがき縦送り、不定形サイズ(幅90~216mm、長さ140~356mm)
オプション 増設トレイ:A4縦送り、B5縦送り、A5縦送り、LT縦送り、LG縦送り、HLT縦送り
用紙種類 *3 普通紙(リコピーPPC用紙タイプ6200、マイペーパー)、再生紙(マイリサイクルペーパー100)、ラベル紙(リコーPPC用紙 タイプSA ノーカット/20面カット)、郵便はがき *4、封筒 *5*6(ハート社製レーザー封筒長3ホワイト、山櫻社製 長3スミ貼PODホワイト1.0)
用紙厚 標準 給紙トレイ/手差しトレイ:52~162g/m 2(45~139kg)
オプション 増設トレイ:60~105g/m 2(52~90㎏)
給紙量 *7 標準 トレイ:250枚 手差しトレイ:50枚
オプション 250枚
排紙量 *7 125枚(フェイスダウン)
両面印刷 *8 標準
製品寿命 20万ページまたは5年間のいずれか早い方
電源 100V±10%、50/60Hz±3Hz
消費電力 最大:850W以下、予熱モード時:70W以下、
省エネモード時:10W以下
ウォームアップタイム *9 電源投入時:30秒以下、省エネモード時:20秒以下、
予熱モード時:10秒以下(常温23℃・定格電圧時)
寸法 標準 420(W)×397(D)×442(H)mm
オプション 420(W)×397(D)×531(H)mm(増設トレイ追加時)
質量 約18kg(本体のみ、消耗品を含む)
騒音 *10 稼動時:59.8dB(A)、待機時:34dB(A)
メモリー 128MB
出力形式 GDI
インターフェース イーサネット(100BASE-TX/10BASE-T)、USB2.0 *11
対応OS*12 プリンタードライバー Windows 2000/XP/Vista、Windows Server2003/2008
PCファクスドライバー
スキャナードライバー TWAIN *13:Windows 2000/XP/Vista、Windows Server2003/2008
WIA:Windows XP/Vista、Windows Server2003/2008
本体同梱品 消耗品 約1,500ページ *14 印刷可能のスタートアップトナー
CD-ROM プリンター・PCファクス・スキャナードライバー、
ユーティリティー(Presto!PageManager 7.21)、
使用説明書(HTML版マニュアル)
その他 かんたんセットアップ、ファクス設定・利用ガイド、クイックガイド、電源ケーブル(2pin)、電話コード、お客様登録はがき(仮保証書)、マイバンク&QA 登録票、リコーお客様相談センターシール
発売日 2010年1月20日

コピー仕様

解像度 読み取り 600×600dpi(原稿ガラス利用時)
600×300dpi(ADF利用時)
書き込み 600×600dpi
読み取り方式 原稿固定走査方式及び原稿移動走査方式
ADF寿命 5万ページまたは5年間のいずれか早い方
連続複写速度 *15 片面28枚/分(A4縦送り)
両面14ページ/分(A4縦送り)
ファーストコピー速度 12秒以下
連続複写枚数 最大99枚
複写原稿 シート、ブックまたは立体物
複写原稿サイズ *16 210×294mm
画像濃度調整 5段階(手動)

スキャナー仕様

光学解像度 1,200×1,200dpi *17
ソフトウェア補間解像度 19,200×19,200dpi相当 *17
階調 入力各色16ビット、出力各色8ビット
読み取り時間 *18 カラー:10秒以下、モノクロ:5秒以下
  • A4サイズ・200dpi・圧縮時
読み取り速度 *18 カラー:1.4msec/line、モノクロ:0.7msec/line
  • 200dpi時
スキャンto機能 スキャンtoフォルダー、スキャンtoE-Mail *19、スキャンtoFTP、スキャンtoメディア(USBメモリー) *11、スキャンtoPC(同梱のPresto! PageManagerをクライアントPCに常駐して利用)
同梱スキャナーユーティリティーソフト Presto! PageManager 7.21 *20

ファクス仕様 *21

通信モード SuperG3 *22
符号化方式 MH/MR/MMR
走査線密度 主走査:8ドット/mm、副走査:3.85本/mm、7.7本/mm
適用回線 *23 一般加入電話回線(PSTN)、自営構内回線(PBX)
通信速度 33,600/31,200/28,800/26,400/24,000/
21,600/19,200/16,800/14,400/12,000/
9,600/7,200/4,800/2,400bps(自動切替)
電送時間 3秒台(8ドット/mm×3.85本/mm時) *24
記録紙サイズ A4
ワンタッチダイヤル 20件(10件+シフトキー切替10件)
短縮ダイヤル 50件
同報送信 最大100ヶ所
コントラスト調整 3段階(手動)
PCファクス 対応
TEL/FAX自動切替 対応 *25
メモリー代行受信枚数 約100ページ(プリンターメモリーのうち、最大2MBまで占有、ITU-T No.1チャート、線密度8ドット/mm×3.85本/mm時)
停電時メモリーバックアップ 最大1時間 *26
 

  • *1 画像調整のため、連続プリントを中断することがあります。
  • *2 データ処理終了から排紙完了までの時間。
  • *3 ()内は推奨紙です。用紙の種類によってはうまく印刷されない場合があります。用紙はタテ目のものをご利用いただくことをお奨めします。OHP用紙/インクジェット専用紙は絶対にご使用にならないようお願いいたします。プリンター故障の原因となります。
  • *4 インクジェットプリンター用はがき、私製はがきはご使用になれません。また絵入りのはがきなどを給紙すると、絵柄裏写り防止用の粉が給紙ローラーに付着し、給紙できなくなる場合があります。
  • *5 手差しトレイからのみ給紙可能。
  • *6 推奨封筒以外または推奨封筒でも環境によって、シワが発生する場合があります。
  • *7 80g/m 2使用時。
  • *8 両面印刷可能なサイズはA4、LT、LG。用紙厚は60~105g/m 2(52~90kg)。
  • *9 プリンターの使用環境によっては、上記より時間のかかる場合があります。
  • *10 ISO7779に基づく実測値であり、記載はバイスタンダ(近在者)位置の音圧レベル。
  • *11 USBインターフェースは各対応機器すべての動作を保証するものではありません。
  • *12 対応OSの最新情報は、 こちらにてご確認下さい。
  • *13 TWAINドライバーは64bitアプリケーションには対応しておりません。32bitアプリケーションをご利用下さい。
  • *14 :A4サイズで「ISO/IEC 19752」に準拠(約5%原稿)し、印字濃度が工場出荷時初期設定の場合の目安です。実際の交換サイクルは用紙サイズ・種類、用紙方向、1ジョブあたりの連続印刷ページ数、原稿の内容などによって異なります。
  • *15 画像調整のため、連続出力を中断することがあります。ADFによる読取は片面原稿のみです。
  • *16 印字不可領域は除く。
  • *17 原稿ガラス読み取り時。ADF読み取り時は最大600×600dpiとなります。
  • *18 実際の読み取り時間は、データ転送時間およびソフトウェアの処理時間が付加され、PCの性能や環境により異なります。
  • *19 E-Mail送受信が可能な環境が必要となります。
  • *20 3台分までのライセンスとなります。
  • *21 各種サービスの提供を受けている電話回線のサービス内容によっては、ファクシミリに使用できない(ナンバーディスプレイ、キャッチホンなど)場合があります。ファクシミリで送られたものは、原稿と寸法が異なる場合があります。電話回線や地域などの条件により、ファクシミリとしてお使いいただけない場合があります。本製品の故障・誤動作または他の不具合により送受信できなかったために生じた直接間接の損害については、当社は一切その責任を負いませんので、予めご了承ください。
  • *22 IP網ではSuperG3の最高速度での通信はできません。
  • *23 TA(ターミナルアダプター)のアナログポートを利用する場合は、アナログポートの設定の変更が必要な場合があります。IP電話対応機器(ADSLモデム・ルーター・テレフォンアダプターなど)に接続して回線種別を自動で設定している場合、「110」・「119」やフリーダイヤル、携帯端末やPHS端末などに電話がかけられなかったり、ファクス送信ができない場合があります。外付け電話機を接続している場合、本機の呼び出し回数を「0回」に設定していても、外付け電話が1~ 2回鳴る場合があります。
  • *24 電送時間は原稿により異なる場合があります。
  • *25 本機をTEL/FAX自動切替モードに設定した場合、電話がかかってきたときは外付け電話ではなく本機が鳴動します。
  • *26 停電時バックアップを利用するためには、事前に本体に24時間の通電が必要となります。

ページトップへ

複合機・プリンター拡張機能

プリンティングソリューションやユーティリティーのご紹介です。