このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地

Share

ここから本文です

SBC(Server-Based Computing) Printing Guide

Printing Management

Printing ManagementではCitrix管理コンソール(CMC)の中の管理機能をご紹介します。

印刷管理機能一覧

MetaFrame XP で追加された管理機能

Citrix管理コンソール(CMC)とは、MetaFrame全体を管理するための管理ツールです。この管理ツールを利用すれば、さらに快適なプリンティングシステムを構築することができます。ここではMetaFrame XP™ FR1 の Citrix管理コンソール(CMC)の中の印刷に関する主な機能をご紹介します。

プリンタドライバ複製機能
1台のMetaFrameサーバーにプリンタドライバをインストールすると、CMCを使って、サーバーファーム内の同一プラットフォームの任意のMetaFrameサーバーにドライバをコピーすることができます。
詳細を見る

プリントサーバーのインポート機能
CMCの機能を使って、ネットワーク上のプリントサーバーをサーバーファーム上にインポートすることができます。これによって、MetaFrameサーバー上から印刷データを、直接プリントサーバー に送ることができます。
詳細を見る

ユーザー割り当て機能
インポートしたプリントサーバーにサーバーファーム上でユーザーを割り当てることができます。この機能を使うと、他のMetaFrameサーバーにログインしても、自動でユーザーにプリンターが割り当てられます。
詳細を見る

プリンタドライバの割り当て機能
プリンタドライバの名称がクライアント側とサーバー側で異なっている場合にサーバーファーム上でドライバ名称の関連付けを行い、印刷処理がサーバーのドライバを利用できるよう設定する機能です。
詳細を見る

プリンタドライバの互換性機能
プリンタドライバの種類によってはサーバーにエラーが発生してしまうものもあります。そんな時は、そのドライバの利用を制限して、プリント実行できないように制限することが可能です。
詳細を見る

印刷データの帯域制御機能
限られた帯域を使ってクライアント/サーバー間の通信を行うMetaFrame環境において、印刷データがこの領域を圧迫し、クライアント操作に負担をかけない様、印刷データで使用する範囲を設定する機能です。
詳細を見る

  • ご紹介する内容は、 Citrix® MetaFrame XPIM Feature Release 1の仕様に基づいています。
商標について