文字拡大・読み上げ機能

1.ZoomSightを使ってみよう

「ZoomSight」をご利用いただく場合は、動作環境をご確認の上、左の起動ボタンを押してください。

 

セキュリティの警告画面

起動中に左図のようなセキュリティ警告が表示された場合は、警告の内容を確認し、インストールする場合には「インストールする」ボタンをクリックして下さい。

  • この画面はWindows XP SP2の場合です。
 

■初めてご利用される方へ

初めて起動する場合は「ZoomSight」をご自分のパソコンにダウンロードするため、多少時間がかかりますが、2回目からはすぐにご利用いただけます。「ZoomSight」のダウンロードサイズは約4MBです。「ZoomSight」を初めてご利用になる際は、端末にプログラムをインストールできる権限(AdministratorまたはPowerUser権限)が必要です。

2.「ZoomSight」の特長

■特長1.文字・画像の拡大

文字も画像も、同時に50%から300%までお好みのサイズに変更することできます。

通常(100%)拡大画面(150%)

通常(100%)/拡大画面(150%)

 

■特長2.画面カラー変更

画面の色を白黒表示・白黒反転表示・色調反転表示することができます。

白黒
白黒

白黒反転
白黒反転

色調反転
色調反転

 

■特長3.音声での読みあげ

ホームページの内容を音声で読み上げることができます。

音声で読みあげ

■特長4.ふりがなを振る

ひらがなやローマ字でふりがなを振ることができます。

ふりがな(るび)

3.動作環境

■適応条件

動作ブラウザ Internet Explorer 5.5 SP2 ~ 7.0
動作オペレーティング システム Windows 98、Windows Me、Windows 2000、 Windows Server 2003、Windows XP
ブラウザの設定 JavaScriptの実行が有効になっていること
Cookieの使用許可が有効になっていること
署名済みActiveXの実行が有効になっていること
パソコンのCPU Pentium(R)II 400MHz以上であること
パソコンのメモリ 128MB以上であること
パソコンのハードディスク 10MB以上の空き容量があること
パソコンのモニタ画面 解像度800×600ドット以上(1024×768ドット以上推奨)で、256色以上表示可能であること

■ブラウザの各種設定の変更方法

JavaScriptの実行を有効にする方法

Cookieの使用許可を有効にする方法

署名済みActiveXの実行を有効にする方法

4.使い方(ヘルプ)の表示方法

■使い方(ヘルプ)の表示方法

「使い方ボタン」を使用すると、使い方(ヘルプ)を表示することができます。マウス(ポインター)を「使い方ボタン」の上に合わせ、クリックすることで 使い方(ヘルプ)を表示します。

■キーボード操作による表示方法

「ZoomSight」を表示しているウィンドウが選択されている場合、キーボードによる操作でも使い方(ヘルプ)を表示することができます。

使い方の表示方法

入力キー 対応ボタン名称 備考
キーボードでの使い方(ヘルプ)の表示方法 「使い方ボタン」 キーを押すと「使い方」のページが表示されます。
  • PDF形式のファイル表示時はキーボードによる操作は行うことができません。
  • 「ZoomSight」の操作にはマウスを使用してください。

5.注意事項

  • 「ZoomSight」を利用できる範囲は、起動したサイトにより異なります。
  • 次の場合は、「ZoomSight」の機能の一部もしくは全てが正しく利用できない場合があります。
    • リストボックスやコンボボックスなど、HTMLに埋め込まれたForm要素
    • Adobe FlashやJavaAppletなど、HTML内に埋め込まれたコンテンツ
    • PDF形式のファイルやMicrosoft Word、Microsoft Excelなど、HTML以外のファイル
    • <pre>要素など、改行や空白文字をそのまま表示する要素
  • HTMLやPDFの構造によって「ZoomSight」の機能が正しく利用できない場合があります。
  • Internet Explorer 6.0及び7.0をご利用の場合は、以下の現象が発生する場合があります。
    • 背景画像が正しく表示されなくなる場合があります。
    • 一部の要素の表示位置がずれる場合があります。
  • 画面カラー変更機能をご利用の際に、アニメーションを行なう画像が埋め込まれたコンテンツを閲覧した場合、端末に継続的に負荷がかかる場合があります。
  • 音声よみあげ機能をご利用の際に、音声出力を行なうコンテンツを閲覧した場合、正しく読み上げられない場合があります。
  • 音声よみあげ機能は、「氏名、地名、専門用語、英語」などが正しく読み上げられない場合があります。
  • 音声よみあげ機能をご利用の際に、Internet Explorerのショートカットキーによる操作や終了が行なえない場合があります。
    マウスを使用して音声よみあげ機能を終了した後に、Internet Explorerの操作を行なってください。
  • ふりがな(るび)機能は、「氏名、地名、専門用語」などに正しくふられない場合があります。
  • 音声よみあげ機能とふりがな(るび)機能の処理結果が異なる場合があります。
  • 「ZoomSight」が複数のウィンドウやタブで起動されている場合、新たに「ZoomSight」を起動できない場合や、「ZoomSight」やInternet Explorerの動作が不安定になる場合があります。
  • PDF形式のファイルを表示している場合、「ZoomSight」のキーボードによる操作は行なうことができません。「ZoomSight」の操作にはマウスを使用してください。
  • PDF形式のファイルを表示する場合、Internet Explorerの操作(戻る・進む・終了等)をマウスやキーボードなどで行なったときに、PDF形式のファイルが一時的に表示できない場合や、 Adobe Reader及び「ZoomSight」が不安定になる場合があります。
  • 音声よみあげ機能をご利用の際に、Internet Explorerの操作によっては、「ZoomSight」やInternet Explorerの操作が行なえなくなる場合があります。
    一度、Internet Explorer以外のウィンドウを選択した後に、音声よみあげを行なっていたInternet Explorerを選択すると、引き続き操作を行なうことができます。

■使用条件

  • 本製品(構成品を含む)を複製、結合、配布もしくは送信することはできません。
  • 本製品(構成品を含む)をリバースエンジニアリング、逆コンパイル又は逆アセンブルもしくは翻案することはできません。
  • 本製品(構成品を含む)を再使用許諾、賃貸もしくは貸与することはできません。
  • 本サイトにおける本製品(構成品を含む)のサービスの提供は日本国内の使用を目的としています。
    次の各号に該当する取扱いをする場合、「外国為替及び外国貿易法」の規制及び米国輸出管理規則等外国の輸出関連法規を確認の上、必要な手続をお取りください。
    • 輸出するとき。
    • 海外へ持ち出すとき。
    • 非居住者へ提供し、又は使用させるとき。
    • 前号に定めるほか、「外国為替及び外国貿易法」又は外国の輸出関連法規に定めがあるとき。

■免責事項

  • ・製品仕様は、改良のため予告なく変更する場合があります。
  • ・ 本サイト及び本製品(構成品含む)の開発・販売元は、本製品の利用または本製品によるサービスの提供その他の理由により発生した直接的もしくは間接的等を含む全ての損害及び不利益について一切の責任を負わず、賠償の義務を負わないものとします。本製品(構成品含む)利用者の行為によって生じた第三者との紛争並びに第三者に与えた損害及び不利益については、当該利用者が一切の責任を負うものとします。

■商標のご説明

  • ZoomSightは、日立公共システムエンジニアリング株式会社の日本における登録商標です。
  • Microsoft、Windows、Windows Server、ActiveXは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
  • Windows 98、Windows Me、Windows 2000、Windows XP、Windows Server 2003、Microsoft Internet Explorer、Microsoft Word、Microsoft Excelは、米国Microsoft Corporationの商品名称です。
  • Adobe、Adobe Reader及びAdobe Flashは米国及びその他の国におけるAdobe Systems Incorporatedの登録商標または商標です。
  • 本ページでは下記のように省略して記載致します。
    • ZoomSight(R)は、ZoomSight。
    • Windows(R) 98は、Windows 98。
    • Windows(R) Meは、Windows Me。
    • Windows(R) 2000は、Windows 2000。
    • Windows Server(R) 2003は、Windows Server 2003。
    • Windows(R) XPは、Windows XP。
    • Microsoft(R) Internet Explorer(R)は、Internet Explorer。
    • ActiveX(R)は、ActiveX。
    • Adobe(R)は、Adobe。
    • Adobe(R) Reader(R)は、Adobe Reader。
    • Adobe(R) Flash(R)は、Adobe Flash。
  • その他記載の会社名、商品名はそれぞれの会社の商標もしくは登録商標です。

ページトップ