このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地

Share

ここから本文です

お客様事例 神奈川工科大学 様

神奈川工科大学 様の事例紹介 - 研究室での議論やアイデアを、正確に分かりやすく共有

大学の概要・研究の内容

神奈川工科大学は、工学部、創造工学部、応用バイオ化学部、情報学部の4学部を設置する大学です。
少人数教育や体験型教育を通じて、社会が求める問題発見解決型スペシャリストの養成を目指す教育を実践しています。
情報学部情報工学科 信号処理応用研究室では、画像処理の雑音を取り除いたり、LSIの信号処理を組み込む研究を行っています。

導入の背景

授業ではプロジェクターを使ってデータを表示しホワイトボードにメモしていましたが、メモを消す前のカメラやノートへの転記に時間がかかり授業が中断してしまう上、転記ミスもあって正確に情報を保存できませんでした。これらを改善でき、簡単に使える機器を探していたところ、リコー インタラクティブ ホワイトボード D5500を見つけ、導入を決めました。

導入前の課題

データ表示のためのプロジェクターは、ファンの音や熱気が気になり、さらに部屋の照明を暗くしなければなりませんでした。また導入前は、プレゼン資料や研究画像をプロジェクターに映して、それを見ながらホワイトボードにメモし、ディスカッションをしていました。しかし討議中にホワイトボードがいっぱいになって議論が中断してしまい、ホワイトボードに書いた内容をカメラやノートに転記し、その後消すという作業をいちいち繰り返すので、不便に感じていました。
ホワイトボードに書いた内容を、そのまま不要になるまで置いておくこともありました。

インタラクティブ ホワイトボードをこのように利用しています

D5500を用いてデータを画面上に直接表示し、講義中に浮かんだアイデアやアドバイスをその場で書きながら学生に共有したり、学生からの質問に対してデータに手書きで補足を入れながら説明しています。前に書いたページも消さずに残したまま、新しくページを追加しています。これにより、いつでも前の書きこみ内容を振り返りながら、授業を進めることができます。
また授業だけでなく、学生同士の間でもD5500を毎日利用しています。課題の報告や共有をする時、論文アイディアを書き出すブレインストーミングを実施する時にD5500を役立てています。
今の4年生や大学院1年生はD5500ありきで研究を行っており、「手放せない!」と言っているほど、D5500を活用しています。

画像:授業での利用風景1

授業での利用風景

画像:授業での利用風景2

導入後の効果

画像データを映して議論や研究を行うので、部屋の照明を落とさずに研究データをきちんと評価できるようになりました。 ホワイトボードの書き込みスペースや余白を気にせずに、アイディアや意見をどんどん記録できるようになりました。これまでホワイトボードの内容を消す前にしていた撮影、転記の必要もなくなったので、短時間で正確に情報を保存できます。 また、ペンの色を使い分けながら書き込んで説明するので、言葉で伝わりにくいニュアンスも視覚的に、分かりやすく伝えられます。

さらに最も便利なのは、学内ネットワークにつながることです。資料を映し、その場でディスカッションして書き込んだ内容を、研究室のサーバーにファイルとして保存できます。また学生や私がファイルをサーバーから引出し、資料として再配布することができます。
このように、データをぱっと映して話ができるようになったので情報共有が円滑になった上、学生が相談にくる回数自体が増えた為、結果として研究がどんどん進み、研究のスピードが上がってきたと実感します。

画像:共有したいデータへ説明を追記

共有したいデータへ説明を追記

画像:ペンの色・太さを変えて重要箇所を強調

ペンの色・太さを変えて重要箇所を強調

お客様の声

「映す」と「書く」を同時に実施できるようになり、質問に対する回答や分かりにくい箇所の説明を視覚的に分かりやすく説明することが可能になりました。
書き込み内容をそのままサーバーに保存できるので、意見やアイデアをいつでも共有できるようにもなりました。
今後は授業や研究だけでなく、オープンキャンパスや学園祭などの、学外向けの情報発信にも活用していきたいです。

事例を動画でも紹介しております。

お客様プロフィールと導入製品

お客様情報

お客様名称:神奈川工科大学 情報学部 情報工学科様
業種:文教
主な業務内容:授業、研究
URL:http://www.kait.jp/index2.php

導入商品

機器構成:インタラクティブ ホワイトボード(電子黒板)
RICOH Interactive Whiteboard D5500×1台
ご導入拠点:木村教授研究室

ダウンロード

この事例を印刷用にダウンロードしてご利用いただけます。PDF版 (1.08MB)

ダウンロード


本ページに掲載されている情報は、2014年10月現在のものです。

画像:教育カタログ

教育カタログ

先生にやさしい。子どもたちにやさしい。リコーのICT活用教育ソリューション

ダウンロード

お問い合わせ

商品に関する質問、お見積依頼などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ