このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地

Share

ここから本文です

お客様導入事例 熊本学園大学付属図書館 様

ラーニング・コモンズでのゼミの様子
ラーニング・コモンズでのゼミの様子
事例紹介映像

文部科学省が提唱する「ラーニング・コモンズ」でのゼミや講義が、
学生の学びの姿勢を変える。

■「ラーニング・コモンズ」の設置、「学生コンシェルジュ」サービスの開始で、もっと学生が集まる図書館へ。

熊本学園大学付属図書館様は、図書館の利用者減少という課題に直面していました。
学生の図書館利用者数が2011年度には、前年度比で11.1%減少しました。
そこで、もっと学生が来館しやすい図書館にするために、新たなチャレンジがはじまりました。
その目玉として、2013年9月に、図書館内に「ラーニング・コモンズ」を設置。
「ラーニング・コモンズ」では、グループワークを活発にできるよう、会話はもちろん、飲料の持込みも許可され、図書館の運営方法が大きく変わりました。
同時に、学生がもっと図書館を身近に感じることができるよう、「学生コンシェルジュ」のサービスをスタート。
学生目線の運営が、図書館を親しみやすい場所にしています。

この結果、2013年度の入館者数は、減少前の水準まで回復しました。

お客様の課題

  • 図書館の利用者減少
  • アクティブ・ラーニングの実現

お客様の対策

  • 「ラーニング・コモンズ」の設置
  • 「学生コンシェルジュ」サービスの開始

→学生とつくる図書館。親しみやすい図書館づくりで、学生が来館しやすい環境へ。

■「ラーニング・コモンズ」の効果

新村准教授のゼミ指導風景
新村准教授のゼミ指導風景
ラーニング・コモンズでのゼミの様子
ラーニング・コモンズでのゼミの様子

文科省が提唱する「アクティブ・ラーニング」を実践する場として、2013年の9月に「ラーニング・コモンズ」を設置。
ラーニング・コモンズの設置により、これまで教室で行われてきた、ゼミ・講義・各種セミナーを図書館で実施することが可能になりました。
また、新しく会話可能なスペースが設置されたという目新しさから、学生の図書館への興味付けにもなり、利用者が徐々に増えました。
今では、この場所で行われるゼミ・講義は週に4コマ以上。
さらに、図書館主催のセミナーも定期的に開催されており、学びの場としてフル活用されています。

特に、「ラーニング・コモンズ」でゼミを実施することで、学生の学びに対する姿勢が大きく変わりました。
周りに人がいるという適度な緊張感から、講義に対する学生の集中度が増し、学習意欲向上といった効果が現れたのです。

■「ラーニング・コモンズ」で、リコーのインタラクティブホワイトボードが大活躍!

「ラーニング・コモンズ」には、新しい学習ツールとして、リコーのインタラクティブホワイトボードを設置頂きました。
これまで教室で行われていたゼミや講義が、「ラーニング・コモンズ」で実施することができ、新しい講義スタイルに変わりました。

リコーのインタラクティブホワイトボードを使った「ラーニング・コモンズ」でのゼミ実施の効果

  • 資料の上に書込みができるので、効果的にプレゼンテーションができる。
  • ホワイトボードとしても使えるから、ディスカッションの内容のまとめも、資料を映すと同時にできる。
  • ディスプレイなので明るくキレイに映る。プロジェクターのように外光に影響されず、はっきりと見える。
  • すぐにカンタンに使えるから、ゼミ前の準備が不要。また使い方の問合せもなく、管理も楽に。
  • ラーニング・コモンズでゼミを行うと、周りに見られているため、学生の講義への集中度や参加度が高まる。

図書館内の他のスペースにも、リコーのインタラクティブホワイトボードを設置

熊本学園大学 新村准教授 コメント

ラーニング・コモンズでゼミを実施すると、周りに他の学生もいて見られているため、学生の講義に対する集中度が増します。プレゼンテーションでも度胸も付き、学生の授業レベル向上に繋がっています。

インタラクティブホワイトボードは、ラーニング・コモンズでゼミを実施するための必須ツールです。学生がプレゼンする資料の上に書き込めるし、ホワイトボードのようにディスカッションの内容やまとめも書込みできます。
設置準備も不要で、操作もカンタンで誰でも使える点も非常に良いです。

熊本学園大学付属図書館 准教授 新村様 熊本学園大学付属図書館 准教授 新村様

熊本学園大学附属図書館 德村様 コメント

ラーニング・コモンズを設置することで、ゼミや講義、そしてセミナーを定期的に実施して人を集められるようになりました。
ラーニング・コモンズでのゼミや講義では、資料を映すための表示装置と、ディスカッションをまとめるためのホワイトボードが必要です。リコーのインタラクティブホワイトボードは、表示の機能、書きこみをする機能どちらも兼ね備えて、便利に使える学習ツールです。
利用される先生・学生からも大変好評で、ラーニング・コモンズの活用頻度向上に貢献しています。また、操作もシンプルでカンタンなので、図書館スタッフが操作に関して質問を受けることがほとんどありません。管理する機器としても手間いらずで助かっています。

熊本学園大学付属図書館 德村様 熊本学園大学付属図書館 德村様

お客様プロフィールと導入製品

熊本学園大学付属図書館様

現在、蔵書約86万冊、雑誌約11,000タイトル、AV資料約16,000点、マイクロ資料約17,000点など、 西日本有数の規模と内容を誇る図書館です。
業種:文教
学生数:5,527名(2015年5月現在)
URL:http://www.lib.kumagaku.ac.jp/

熊本学園大学付属図書館様外観

導入製品

機器構成:インタラクティブ ホワイトボード(電子黒板)
RICOH Interactive Whiteboard D5500


本ページに掲載されている情報は、2015年7月現在のものです。

画像:教育カタログ

教育カタログ

先生にやさしい。子どもたちにやさしい。リコーのICT活用教育ソリューション

ダウンロード

お問い合わせ

商品に関する質問、お見積依頼などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ