このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地

Share

ここから本文です

お客様事例 藤森工業株式会社様

スムーズな遠隔コミュニケーションで、即断即決の状況に対応。
リコー ユニファイドコミュニケーションシステム(RICOH UCS)を活用した遠隔コミュニケーションにより、海外拠点との緊密な連携も実現。

 藤森工業株式会社様は、ライフサイエンスや情報電子分野において包装材や容器、精密コーティング技術を用いたエレクトロニクス材料などの研究・開発、生産、販売を行う大手企業です。遠隔拠点間のコミュニケーションにおいて、限られた時間を有効活用し、質の高い会議を進めるツールとしてRICOH UCSを、本社をはじめ全拠点にP3000×22台導入されました。

画像:リコー ユニファイド コミュニケーションシステムを国内外全拠点の遠隔ミーティングにご活用
画像:ショールーム

課題と効果

【導入前の課題】

  • 即断即決の決め事をする際に、メールのやり取りでは限界がありました。
  • 海外拠点での困りごとに迅速な対応ができず、スピーディな連携が課題でした。
  • 既存の遠隔会議システムは操作が煩雑で、画質、音声の品質にも問題がありました。
  • 頻繁な出張による経費と時間がかかっていました。

【導入後の効果】

  • 拠点間での決め事も速やかに行え、大幅な時間短縮を図れました。
  • 海外拠点からの相談を、迅速かつ的確にサポートできるようになりました。
  • RICOH UCSに置き換えることで、臨場感のある遠隔会議を実現できました。
  • 経費削減の目標に対し、十分な効果を出すことができました。

導入の背景

その場で判断を求められる状況で、メールのやり取りでは誤解も生じていました。

 国内外の拠点と密な連絡を取りながら、クライアントから求められる製品のスムーズな提供業務を担う営業部様。RICOH UCS導入前の課題をご担当に伺いました。

 「私は国内の拠点では静岡、海外では中国の深セン、マレーシア、アメリカのボルチモア、デラウェアとのやり取りを主に行っていますが、生産量の調整など即断即決しなければならない状況が多々あります。一般的にはメールでのやり取りということになりますが、メールではどうしても上手く意思疎通ができず、こちらが伝えたいことを相手方が誤って理解することもありました。その場ですぐ判断が求められるような状況では、迅速で正確なコミュニケーションが不可欠なため、早々に遠隔会議システムが導入されたのですが、あまり使い勝手は良くありませんでした。」

 当時のテレビ会議システムの問題点を、社内の情報基盤と環境づくりを担う情報システムご担当に、お聞きしました。

 「導入したのは10年ほど前でしょうか。ケーブル類が多くて、いざ使おうという時に設定が複雑で、操作も面倒でした。その上、音声も聞きづらく、画像も見づらくて、私どものビジネスシーンで求めるレベルには遠いもので、だんだんとあまり使われていない状況になっていきました。何とか改善できないものかと模索していたところ、RICOH UCSを紹介されて試験的に1セット導入してみましたら、私どものニーズに応える品質の高さを実感しました。そこで、出張等による全社的な経費削減目標と合わせて、一気に国内外の全拠点に導入することが決まりました」

 東京本社をはじめ、国内の営業拠点、研究・開発拠点、生産拠点、海外拠点に各1台導入されたRICOH UCS。インターネットに接続するだけですぐにミーティングが開始できる簡便性に、スタッフ全員が使いやすさを実感されました。

画像:ライフサイエンス事業本部 営業ご担当ライフサイエンス事業本部
営業ご担当

画像:会議室、コラボレーションスペースなど場所を問わず、シンプル操作ですぐにミーティングが開始できる。
会議室、コラボレーションスペースなど場所を問わず、シンプル操作ですぐにミーティングが開始できる。

導入による効果

遠隔地との決め事をする際も、大幅な時間短縮を図れています。

 特別な事前準備も必要のないRICOH UCSは、当たり前のように会議やミーティングで使われていると、営業ご担当は活用法を語られます。

 「何かの決め事をする時など、大幅に時間短縮できて、多忙な営業職にとって有難いですね。RICOH UCSを介して1対1だとか、2対2だとか、少人数で進捗確認をしたり、突発のトラブルに対処しなくてはならない状況で、RICOH UCSを使うと解決が早いです。また、工場とつないで必要なロットの発注確認に使っているスタッフもいます。とにかくフットワークの良いツールですから、その利点を活かしてビジュアル付きの電話のようにして活用しています」

 また、経費削減の一環としてRICOH UCS導入を企画した情報システムご担当も、確かな手応えを実感していらっしゃいます。

 「導入計画時に狙っていた経費削減の効果は、予定通りに出ています。効果を上げた要因として、定例会議に付帯する出張費の削減があります。従来は各拠点まで集まって行っていた定例会議を、RICOH UCSを使って行うことが可能になりました。対面での会議に近い状態の感覚で国内外で報告や連絡を行う事ができるのは、鮮明な画質による臨場感が大きいからだと感じています。30分1時間の定例会議のために遠方から来てもらうこともなくなりましたし、RICOH UCS導入によって電話やメールに近い感覚で、簡単に密度の高い打合せができるようになり、コミュニケーションが活発化されたという利点もあります。」

人数の少ない海外拠点のフォロー体制も、RICOH UCSによって万全です。

 さらに、海外とのやり取りが多い営業ご担当は、RICOH UCSならではのもうひとつのメリットを強調されます。「海外の拠点は、日本のようにスタッフがたくさんいるわけではありません。何かしらのトラブルを抱えたり、判断が必要な時に、自分たちだけで悩むのではなく、RICOH UCSを使って私たち本社の者に相談することができます。問題点を皆でシェアして、全社の知見を活かしたきめ細かなフォローが可能になるのです。RICOH UCSによって、グローバルなチームのコミュニケーションが密になる点も心強いと感じています」

 タイで製造した製品をアメリカなどの他国へ納品するといったグローバルなビジネスを展開する藤森工業株式会社様だからこそ、拠点間の絆を強固にする遠隔コミュニケーションツールは不可欠だといえそうです。

画像:きめ細かなフォローで海外拠点間との連携をより強固に。
きめ細かなフォローで海外拠点間との連携をより強固に。

選定のポイント

RICOH UCS、高画質と少人数で使える手軽さが決め手でした。

 藤森工業株式会社様にとって、拠点間のコミュニケーションを円滑に進めるためのツールであるRICOH UCS。営業担当のお立場と、社内の情報基盤を支えるお立場から、選定ポイントをそれぞれ語っていただきました。

  • ちょっと確認したいことがある時でも、簡単につなげて、電話をかけるように使える手軽さが魅力でした。質の高い遠隔コミュニケーションシステムは、営業の最前線で頼もしい武器になると判断しました。(ライフサイエンス事業本部 営業ご担当)
  • 他社様からのご紹介で1セット導入したところ、実際に対面しているような画質の良さに納得し、全拠点に配置しました。経費削減の面でも大きく貢献しています。(経営企画部 情報システムご担当)

今後の展望

「来てください」から「見てください」へ。お客様への活用の広がりも期待しています。

 藤森工業株式会社様の拠点間コミュニケーションをサポートするRICOH UCS。今後のご活用の展望について、情報システムご担当に語っていただきました。
「RICOH UCSを使うことによって、質的にも時間的にも高めることのできた高度なコミュニケーションを、お客様にも広げていければ理想的だと考えています。社内同様に、お客様サイドでも、ちょっと確認したい、目で確認しながら私どもと意見交換したいという局面があると思います。わざわざお越しいただくまでの大きな要件ではないけれど、チェックしておきたいというような時に、RICOH UCSは有効だと捉えています。そうした場面で、“来てください”ではなく、“見てください”とご案内できる環境を整えておくことは、お客様とのパートナーシップをより深めていくと確信しています」
藤森工業株式会社様の妥協なき製品づくりは、今後もリコーのビジュアルコミュニケーションを活用しながら、品質と効率のさらなる高みを目指します。

※本ページ記載の会社名および製品名は、それぞれ各社の商号、商標または登録商標です。

お客様プロフィールと導入製品

藤森工業株式会社様

業種:包装資材製造業(従業員連結1,859人)
主な業務内容:食品・医薬・産業包装材料、液体容器、産業資材・工業資材、建築土木材料、機能性材料などの研究・開発、生産、販売
URL:zacros.co.jp

藤森工業株式会社

導入製品

機器構成:テレビ会議・Web会議システム RICOH Unified Communication System P3000×22台
ご導入拠点:本社営業拠点他、国内外全拠点


本ページに掲載されている情報は、2016年5月現在のものです。

ワークスタイル変革を成功に導くカギとは

「組織を変えるコミュニケーションの新しいカタチとは」。ワークスタイル変革を成功へ導くための注目ポイントをまとめた資料を無料でダウンロードいただけます。

資料をダウンロードする

お問い合わせ

商品に関する質問、お見積依頼などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ