このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地

Share

ここから本文です

お客様事例 フォーシーズンズホテル丸の内 東京 様

お客様への館内イベント情報のタイムリーな訴求を目的に、
リコーデジタルサイネージとリコーレーザープロジェクターをご導入。
ラグジュアリーホテルにふさわしい映像を、エントランスで配信されています。

フォーシーズンズホテル丸の内 東京様は、世界中に展開されるホテルグループのひとつとして、東京を代表するビジネス街、丸の内中心部に位置するラグジュアリーホテルです。宿泊のお客様や訪れるお客様に向けて、イベントの開催やレストランのご案内などさまざまな告知を効果的に行うために、リコーのデジタルサイネージとレーザープロジェクターによる映像システムを導入されました。

画像:エントランスでプロジェクターを活用したデジタルサイネージを実現

エントランスでプロジェクターを活用したデジタルサイネージを実現

画像:高輝度(6000lm)のレーザープロジェクターを設置

高輝度(6000lm)のレーザープロジェクターを設置

狙いと効果

【導入の狙い】

  • ホテルからのさまざまな告知を、従来使っていたタブレットPCではなく、もっと大きな画面で行いたい。
  • イベントなどのご案内を、客室のレターや室内テレビのVODだけでなく、多くのお客様の目に触れる場所で発信したい。
  • 限りのあるスペースと当ホテルのブランドイメージに配慮して、既存の設備を極力増やさないで訴求効果を高めたい。

【導入後の効果】

  • 限られたスペースの中、レセプションフロアの円柱に大画面で鮮明な映像投影を実現。
  • お客様が必ず通るエントランス周辺で、レストランやイベントなどの情報を魅力的に訴求。
  • デジタルサイネージのシステムを活用し、シーズン毎のイベントに合わせた映像プロモーションで効果的にアピール。

導入の背景

シーズン毎のイベント告知や、レストランの新メニューのご紹介。
お客様への情報発信を、限られた空間で効果的に行える方法を探していました。

世界中から訪れるビジネスエグゼクティブや観光で訪れるお客様を、上質なおもてなしで迎えるフォーシーズンズホテル丸の内 東京様。きめ細やかなサービスや季節を彩るイベント情報の発信や、デジタルサイネージとレーザープロジェクター導入の狙いについて、ホテルマネージャー岸様に、お話しを伺いました。

「当ホテルでは、年間を通してさまざまなイベントやお知らせしたいことがあります。レストランのイベントであったり、季節の新メニューのご紹介であったり、客室やスパなどの館内の施設を、宿泊のお客様や来館のお客様にもっとご紹介したい想いがあります。こうしたインフォメーションを視覚的に訴えかけるものとして、これまではレセプションカウンターにタブレットPCを置いて、ご案内をしていました。また、客室内のレターや室内テレビのVODのチャンネル画面でも告知をしていましたが、お客様に印象強くアピールするためには、もっと大きな画面でアイキャッチングな訴求が必要だと感じていました。
そこで、当初はよく飲食店などにあるディスプレイを設置してはどうだろうかと考えていたのですが、限られた空間ということと、ラグジュアリーホテルとしての佇まいを考慮すると、受付周りやフロアにできるだけ物を置きたくないという気持ちがありました。お客様の目につくところに大きな物を置かないで、いまある施設を活かしながらできる方法はないかと検討していたところ、リコージャパンの担当者から『プロジェクターで投影する方法はいかがでしょう』という提案を受けました。そこで、エントランスを入ってすぐ目に入ってくる大きな円柱に投影してみたところ、想像していたより遥かにきれいで、これならいける!という手応えを感じました。円柱をスクリーンとして利用するので他のインテリアの邪魔をしないことと、プロジェクターも天井よりも高い位置に設置してお客様の目につかない点も、満足のいくものを実現できたと思います」

こうして、当初の目的である「限られた空間での大画面投影」を実現されたフォーシーズンズホテル丸の内 東京様。次に、活用方法について具体的にお話を伺います。

画像:フォーシーズンズホテル丸の内 東京ホテル マネージャー 岸 琢也 様フォーシーズンズホテル丸の内 東京ホテル マネージャー
岸 琢也 様

導入の効果

レセプションフロアの円柱に、大画面で鮮明に投影して情報配信。
昼間でも見やすく、夜はくっきり華やかに、お客様の目を引きつけています。

さらに、実際にコンテンツの作成や管理の方法、また使い方と効果について岸様に語っていただきました。

「導入が、イベントの多い年末年始のタイミングだったことは、この映像ツールの良さを最大限発揮させる上でもとても良かったと思います。クリスマスディナーやカウントダウンのイベント、お正月のイベント、おせち料理のご案内などのコンテンツを画像や動画で作成し、デジタルサイネージでスケジュールを組んで、事前にアップロードして運用しました。多くのお客様に向けて鮮やかな画面でお知らせすることができました。フロアに光が射す昼間でもしっかりと見えますし、夜になると円柱に映し出した画像がくっきりと浮かび上がって華やかさを演出する効果もあります。ホテルのフロアは、立ち止まって見るというより、受付やエレベーターホールへ向かって歩きながら見る場所ですので、鮮やかなビジュアルと必要なメッセージがはっきり印象付けられることが大切です。その点でも、私たちの想いどおりの効果があったと実感しています。」

画像:エントランスにある円柱にレーザープロジェクターで投影

エントランスにある円柱にレーザープロジェクターで投影

画像:プロジェクターは入口の上部に設置

プロジェクターは入り口の上部に設置

シーズンや時間帯に合わせて、内容を絞り込んだコンテンツを配信。
宿泊や訪問のお客様に、最適なご案内でお応えできます。

お客様への確実なビジュアル効果を発揮するリコーの映像システム。その特性を活かした細やかなコンテンツ配信について、さらにご説明いただきました。

「一日を3つの時間帯に分け、異なるターゲットに向けたコンテンツを配信しています。9時~17時のデイタイムは、若い女性を対象としたブライダル関連のご案内や、アフタヌーンティーの催しのお知らせに充てています。17時~21時のナイトタイムは、ディナーでご利用されるお客様に向けたレストランやBARのご案内が中心となります。そして、21時~23時は、海外から深夜便でご到着のお客様や外出からお戻りになったお客様に向けて、心安らぐイメージ映像を流しています。当ホテルは外国からのお客様も非常に多いですので、この時間帯には東京を紹介する動画を流すなどの工夫もしています。投影するコンテンツは内容が変わったタイミングで更新していますが、リコーデジタルサイネージは簡単にスケジュールを組んで、コンテンツをアップロードできるので、プロモーションツールとして活躍しています。深夜はプロジェクターの電源をオフにしていますが、ネットワーク上で電源オン・オフができるので、非常に便利です。スタッフの手を煩わせることがないので助かっています。
今後に向け、現在確立したこの手法で年間のさまざまなイベントに対応していきたいと考えています。ブライダルフェアにしても日程が次々と変わります。フェア終了後は、すぐに次のフェアのご案内をしなくてはなりません。レストランのメニューにしても、季節ごとに新メニューが追加になり、グランドメニューも変更されます。そのタイミングに合わせてコンテンツの配信もすぐにアップデートしています。こうした各種イベントに合わせてスケジューリングできるシステムの良さを十分に活かしながら、お客様のニーズを先取りし、お応えしていきたいですね。」

フォーシーズンズホテル丸の内 東京様は、タイムリーで高品質なビジュアルコミュニケーションを通して、これからも卓越したサービスを提供し続けます。

画像:ブライダルフェアの告知

ブライダルフェアの告知

画像:レストランのご案内

レストランのご案内

選定のポイント

スペースの制約を受けず、当ホテルのイメージにもマッチ。
レーザープロジェクターの明るくキレイな映像表現が導入の決め手でした。

デジタルサイネージとレーザープロジェクターを活用して、お客様への情報発信効果の向上を図るフォーシーズンズホテル丸の内 東京様。
選定に至ったポイントをご担当者様に挙げていただきました。

  • どの時間帯でも見やすく、かつメンテナンスフリーのレーザープロジェクター。
  • シーズン毎のイベントに合わせてコンテンツを簡単に変えられるサイネージのステムの使いやすさ。
  • 円柱という制約がある環境でも、鮮やかに投影できるサイネージ+レーザープロジェクターの映像システム。

お客様プロフィール

フォーシーズンズホテル丸の内 東京 様

業種:ホテル業
URL:www.fourseasons.com/jp/marunouchi

フォーシーズンズホテル丸の内 東京 様

導入商品

機器構成:RICOH PJ WUL6280

最新の製品情報はこちら

機器構成:リコーデジタルサイネージクラウドサービスおよびSKNET BOX 3G モデル

最新の製品情報はこちら


※SKNET BOXはデジタルクルーズ株式会社製となります。

※本Webページ記載の会社名および製品名は、それぞれ各社の商号、商標または登録商標です。

※本ページに掲載されている情報は、2017年3月現在のものです。

デジタルサイネージ導入担当者が確認しておくべき15の導入検討チェックリスト

導入に必要な検討項目をチェックリスト形式で紹介します。デジタルサイネージの新規導入、運用改善の検討にご活用ください。

資料をダウンロードする

お問い合わせ

商品に関する質問、お見積依頼などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ