このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地

Share

ここから本文です

お客様導入事例 京都伏見稲荷山 荒木神社 様

多様な国籍の外国人参拝者へのご案内に対応するため、RICOH 多言語通訳サービスをご導入。
きめ細かいおもてなしが可能となり、諸外国の訪問者に大変ご満足いただいております。

訪日観光ブームで、多国籍の観光客が多数訪れる京都伏見エリア。
荒木神社様は、急増する外国人参拝者へのご案内を充実させるため、RICOH 多言語通訳サービスを導入されました。
境内や授与所で、オペレータとのビジュアルコミュニケーションによる通訳を活用し、さまざまな国籍の方に、神社の由来や授与品の所以など固有の文化をお伝えすることに役立てていらっしゃいます。

画像:伏見稲荷大社と同時期に祀られ、1300年以上の歴史をもつ荒木神社

伏見稲荷大社と同時期に祀られ、1300年以上の歴史をもつ荒木神社

画像:RICOH 多言語通訳サービスを活用した接客の様子。授与所では、外国人参拝者から質問を受けることが多い。

RICOH 多言語通訳サービスを活用した接客の様子。
授与所では、外国人参拝者から質問を受けることが多い。

課題と効果

【導入前の課題】

  • 連日、多く訪れる外国人参拝者。Web翻訳や音声翻訳アプリでは対応に限界を感じていた。
  • 英語圏だけでなく、中国、タイ、ベトナムなどからの訪問者も多く、英語が通じない場合、コミュニケーションが取れないことも多かった。
  • 授与所では数少ないスタッフで応対するため、接続操作が難しいもの、利用に時間がかかるものは導入できなかった。

【導入後の効果】

  • オペレーターとのビジュアルコミュニケーションだから、複雑な質問でもわかりやすく通訳ができる。
  • 8か国語の質の高い通訳サービスが受けられる。主要言語*については24時間365日対応。
  • 接続の操作が簡単で、しかも途切れにくく、使いやすい。映像もきれいで音声とのズレがない。
  • *英語、中国語、韓国語、ポルトガル語、スペイン語

導入の背景

数年前から多様な国籍の参拝者が急増。様々な問い合わせをお受けする中、質が高く、簡単操作な多言語対応の通訳サービスを求めていました。

京都伏見地区は、外国人向けの旅行ガイドでも頻繁に紹介され、訪日観光客の間で人気のスポットとなっています。荒木神社様は、伏見稲荷大社を中心とした観光コースにも組み込まれている由緒ある神社です。数年前から多様な国籍の外国人参拝者が急増し、多言語対応の必要性を感じていらっしゃいました。

ご導入前に抱えていた課題や状況について、奥村千絵様にお話を伺いました。
「神社の歴史やご神体や授与品など、よく尋ねられる質問には、あらかじめ案内文を複数言語で用意したり、参拝者からの質問にもできるだけお答えしたいので、スタッフが片言の英語と自動翻訳サイトなどを利用しながら精一杯、応じておりました。
しかし、英語を話さない参拝者からの質問や、事前に日本文化や神社について勉強してこられる熱心な方などから、神社の歴史や文化的背景など突っ込んだ内容を聞かれた時など、対応しきれない場面が増えています。何度も京都に訪れるリピーターも多いので、そんな方々のお気持ちにお応えするには、翻訳サイトや自動音声通訳サービスでは不十分だと感じていました。
もっと質の高い通訳に役立つものはないかと探していた時に、RICOH 多言語通訳サービスの存在を知って、早速、導入しました。」

画像:荒木神社 奥村 千絵 様荒木神社 奥村 千絵 様

画像:本サービス導入前からご用意されている、複数言語対応した案内文。授与所で配布している。

本サービス導入前からご用意されている、複数言語対応した案内文。授与所で配布している。

導入の効果

“日本が好き、日本をもっと知りたい”というお気持ちに応え、
より丁寧なおもてなしができるようになりました。

荒木神社様に祭られるご神体のひとつ「口入稲荷大神」は、結婚や就職、求人などの縁結びの神で、良縁を求める人々が連日、多く参拝されます。

「キツネの土人形の授与品を皆さんがお求めになりますので、おもに授与所でiPadを使って、RICOH 多言語通訳サービスを活用しています。
中国の方は品物について、欧米の方は鳥居やしめ縄などの文化的背景についての質問されることが多く、品物や構造物をカメラで映して見せながら三者間通話ができるので、難しい内容の質問にもスムーズかつ的確にお答えできるようになりました。」

荒木神社様では、英語圏・中国圏以外からの参拝者も増加傾向にあり、2016年夏より定額制のサービスを契約されています。現在の利用言語の割合は、英語が6割、中国語が3割、残りの1割はスペイン語となっています。導入によって、様々な国籍の参拝者からの質問に的確に答えることができ、おもてなしのレベルが向上したとおっしゃいます。

画像:恋愛、結婚、就職などの良縁をもたらす縁結びの神「口入稲荷大神」。恋愛、結婚、就職などの良縁をもたらす縁結びの神「口入稲荷大神」。
画像:口入人形。狐の土人形は授与品の中でも大人気。

口入人形。狐の土人形は授与品の中でも大人気。

画像:本サービスをお使いいただいている、奥村様(左)と簑原様

本サービスをお使いいただいている、奥村様(左)と簑原様

誰でも使えて、オペレーターにいつでもつながる安心感。
定額制なので、運用コストが管理しやすいです。

「RICOH 多言語通訳サービスは、電話をかけるようなカンタン操作でオペレーターにつながり、いつでも対面で通訳を開始できるので、これなら使えると思いました。しかも、運用コストも定額制で低く抑えられるので、助かります。
私どものような神社は、国や文化的な背景、そして神社固有の事柄を通訳する機会が多いため、高い水準の通訳技術を求めており、自動翻訳サービスでは、必要なレベルの多言語コミュニケーションは難しいと感じていました。RICOHの多言語通訳サービスを使う場合も、オペレーターは言語を使いこなせても、神社や神仏などに関する基本的な知識がありませんから、まず、私どもの方で実物をお見せしながらオペレーターの方がわかるように説明を行い、それを質問者に伝えていただくようにしております。実物を見ながら対面の3者間通話ができることで、伝えたいことが伝わりやすく、大変助かっています。
参拝者の方にも好評で、“この通訳はどうすれば利用できるのか”といった質問を受けることも度々あります。個人の旅行者の方々はとくに、私たち日本人と積極的に話したいと思ってくださっているのを感じます。外国人の方も、より便利な通訳サービスを求めているようですね。」

日本をもっと知りたい、日本語を使ってみたい、訪日観光客のそんな想いを肌で感じるという奥村様、本サービスも活用し、さらなるおもてなし向上に取り組まれています。

画像:言語を選択し、電話をかける要領で簡単にオペレーターに接続。iPadのカメラで知りたいものを映しながら複数の人で会話可能。

言語を選択し、電話をかける要領で簡単にオペレーターに接続。iPadのカメラで知りたいものを映しながら複数の人で会話可能。

画像:鳥居やしめ縄など、神社の構造物や文化に関する質問には多言語サービスの出番。

鳥居やしめ縄など、神社の構造物や文化に関する質問には多言語サービスの出番。

選定のポイント

  • 3タッチのカンタン操作で、オペレータにつながる。
  • オペレーターとの対面通訳なので、自動翻訳や音声通話ではできない、深い内容の会話にも対応可能。
  • リコー独自のビデオ会議システムの技術をベースとしているので、映像が途切れにくく、画質もきれい。
  • 8ヵ国語、いずれも質の高い通訳サービスが月々定額で受けられる。
    (英語、中国語、韓国語、ポルトガル語、スペイン語、タイ語、ロシア語、ベトナム語)

お客様プロフィールと導入製品

京都伏見稲荷山 荒木神社 様

京都府京都市伏見区深草開土口町12-3

■業種:神社

導入製品

■RICOH 多言語通訳サービス 1契約


※本ページに掲載されている情報は、2017年7月現在のものです。

※本ページに記載の会社名および製品名は、それぞれ各社の商号、商標または登録商標です。

お問い合わせ

この製品に関するお問い合わせを受け付けております。 お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ