このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地

Share

ここから本文です

お客様導入事例 愛媛県 西条市教育委員会 様

リコー ユニファイドコミュニケーションシステム(RICOH UCS)を活用したバーチャルクラスルームで離れた学校間をつないだ、遠隔合同授業を実現。
子どもたちの21世紀型スキルを育む教育環境を構築されました。

愛媛県西条市教育委員会様は、「心豊かにたくましく生きる西条っ子の育成」を教育目標に掲げ、ICT*(Information Communication Technology)を活用した「学びあい学習」を推進されています。市内の小学校4校に合計11台のRICOH UCSを活用し、バーチャルクラスルームを設置。学校間をつないだ遠隔合同授業を実施。小規模校が抱える課題を解消しながら、さらに子どもたちの21世紀型スキルを育む活気ある授業を実践されています。

  • *ICTとは情報通信技術の略称です。

課題と効果

【導入前の課題】

  • 過疎化・少子化により小学校統廃合の危機に直面していた。
  • 児童が多様な意見に触れる機会が少なく、コミュニケーション力を高めにくい環境だった。
  • 小規模校ゆえの複式学級指導を進めていたが、先生の負担があった。

【導入後の効果】

  • 統廃合を行わずICTを使ったバーチャルクラスルームで、一体感のある遠隔合同授業を実現。
    地域間格差の是正にもつながっている。
  • 学校間がつながり、児童のコミュニケーション力、問題解決力、批判的思考力が向上した。
  • 先生の負担を軽減し、本来の指導に専念できる環境を整えることができた。
  • 先生同士が教え方を学び合うことで、授業改善や指導力の向上にも役立っている。

導入の背景

ここ西条市でも、過疎化・少子化に伴う小学校統廃合の問題に直面。
子どもたちのコミュニケーション力の向上も喫緊の課題でした。

西条市は全国的にも進んでいる人口減少の問題に直面し、少子化・過疎化による学校統廃合の問題が浮上していました。西条市教育委員会様では、活気ある地域づくりに学校は欠かせないという考えから統廃合を行わず、学校間をICTでつなぐことで学校や授業を継続・存続させることを検討されていました。同委員会 学校教育課の山内様に、RICOH UCS導入に至る経緯をお話いただきました。

「全校児童が100名を割る小規模校は、先生が手厚く関われるというメリットがある反面、子どもたちは限られた数少ない人数の中で学んだり、遊んだりします。多くの仲間に揉まれ、さまざまな考え方や意見に触れながら多様なものの見方や価値観を身につけていく点で、ややデメリットとなる環境かと捉えています。特に、21世紀型スキルといわれるコミュニケーション力、協働力、問題解決力、批判的思考力は、多人数の中での学習を通して育まれるもので、子どもたちの未来に不可欠のものです。そのためには、学校に今ある道筋で出来ることに加えて、新しい発想のもと、こうした遠隔合同授業を通して身につけていくことも重要だと判断して取り入れました。離れた場所にある学校同士がICTでつながって活気ある授業を行うことで、統廃合をしないで学校も存続させることが出来ます。」

遠隔合同授業を開始して3年目、これまでどのような歩みがあって現在に至るのでしょうか。

「システムは各校に設置しましたが、1年目は機器を整備してきちんとつなぐことに力を入れました。150インチの2つのスクリーンは、正面は先生を、サイドは児童を映し出して、最初につながった時は子どもたちも大喜びでした。室内数カ所のマイクがこちらの教室の声を向こうの教室に届けてくれますし、向こうの声はスピーカーを通してこちらに届きます。声を弾ませて子どもたちの交流が進んでいました。2年目になりますと、1年目で築かれた子どもたちの関係を活かした授業づくりへと進み、3年目の現在は、年間を通して当たり前のようにつなぐ毎日の中で、より効果的な活用法を現場の先生と一緒に取り組んでいるところです。」

それでは、実際に遠隔合同授業を行う二人の先生にお話を伺います。

画像:西条市教育委員会 学校教育課 指導担当専門員 兼 教育CIO補佐官 山内 雅博 様西条市教育委員会 学校教育課
指導担当専門員 兼 教育CIO補佐官
山内 雅博 様
画像:RICOH UCSとプロジェクターにより、遠隔地の授業を150インチスクリーン2面に映し出します。

RICOH UCSとプロジェクターにより、遠隔地の授業を150インチスクリーン2面に映し出します。

画像:同じ場所で授業を受けているような、臨場感のあるバーチャルクラスルームを実現しました。

同じ場所で授業を受けているような、臨場感のあるバーチャルクラスルームを実現しました。

導入による効果

バーチャルクラスルームによるひとつのクラスのような一体感で、
二人の先生が協力して活気ある授業をつくり上げることができました。

最初に、今井先生にこれまでを振り返りながら、授業のポイントとなるT1(発信側の先生)、T2(受信側の先生)の役割についてお話しいただきました。

「遠隔合同授業によって一気に友だちが増えて、児童はワクワクする毎日だったと思います。そのワクワクが、今だんだんと落ち着いて学習する環境になってきたところです。自分たちだけでは得られないような考え方や、意見の返し方、表現の仕方を大勢の中で学べることは、子どもたちにとって大変有意義なことです。それは私たち教師にとっても同じで、より良い授業にするための創意工夫も生まれました。当初は先生一人で授業を進行するスタイルでしたが、二人の先生が協力して授業を行うスタイルになりました。T1の先生が授業を進行している間に、T2の先生は児童のフォローに専念します。子どもたちのつぶやきを拾ったり、わからない児童へ寄り添ってヒントを出したり。スクリーンの向こうの児童にも気を配りますし、声掛けします。机の上の様子や姿勢にまで目配りできるのは、二人の先生が組んで授業をしている賜物だと思います。加えて、誰がいつどんな発言をしたか、細かにメモしておいて、授業の後でT1の先生と共有します。二人で行うから、より細やかな授業が出来ると考えています。」

  • T1(発信側の先生)、T2(受信側の先生):2人の教員で役割分担して授業を担当。授業の進行をT1が担い、児童のフォローなどをT2が担う。
画像:西条市立田野小学校 教諭 今井 真寿見 先生西条市立田野小学校
教諭 今井 真寿見 先生

多くの仲間に見られることによって、
子どもたちの学びの意欲や、伝える力が育まれています。

授業に向かう児童の姿勢は、目に見えて変わってきたといいます。T1として授業を進行させる濱口先生にお話いただきます。

「二つのクラスをつなげて33人学級になったことで刺激を受け合えることが大きいと感じています。『スクリーンの向こうの新しい仲間はどんなことを言うのかな』、『その発想もあったんだ』という刺激。合同授業では相手の児童を意識しますので、自分が考えたことをしっかり伝えよう、わかりやすく表現しようという気持ちにつながりやすいと思います。相手に伝えたい気持ちがあると、相手がまだ言っていないことを見つけようとか、相手から刺激を受けてさらに思いついたことを伝えようとか、たくさんの意見を聞けることは考えを深めていく上でとても良い環境だと思います。少し恥ずかしがりやだった子も、『あの子が手を挙げているから私もがんばろう』と積極性が増して、学習に対しての意欲が高まってきています。やはり、スクリーンを通して"見られている"ことが非常に良い効果を生んでいるのではないでしょうか。普段の教室でも『その声で33人に聞こえる?』というような投げかけをすることもありますが、いない時も相手のことを考えて過ごす気持ちが当たり前のものになってきました。」

画像:西条市立丹原小学校 教諭 濱口 尚子 先生西条市立丹原小学校
教諭 濱口 尚子 先生

画像:スクリーンの向こうの新しい仲間から刺激を受け合えることでがんばる気持ち、相手に伝える姿勢が育まれ、学習に対しての意欲が高まってきています。

スクリーンの向こうの新しい仲間から刺激を受け合えることで
がんばる気持ち、相手に伝える姿勢が育まれ、学習に対しての意欲が高まってきています。

他の先生の授業を見ることで、新たな気づきがある。
先生の教えるスキルの向上にも役立っています。

一方、遠隔合同授業を通して副次的な効果も生まれました。山内様にご説明いただきます。

「遠隔合同授業が先生同士の研修につながっていると聞いています。ベテランの先生は若手の先生の取り組みに刺激を受け、若手の先生はベテランの先生の児童への関わり方や、発問、指示、指導の仕方をリアルタイムで学ぶことができます。教師は他の先生の授業を見る機会はあまりなかったのですが、遠隔合同授業を導入してからはお互いの指導を見て、授業改善を図ることができ、有意義な研修の場となっています。」

選定のポイント

音声も映像もリアルで、
本当にそこにいるような臨場感に納得しました。

RICOH UCSを活用して学校間をつなぎ、活気ある遠隔合同授業を実現された西条市教育委員会様。
導入を決めたポイントと使ってみた感想を、山内様に挙げていただきました。

  • 遠隔間の授業の様子を、鮮明な映像と音声でリアルタイムに送受信できる。
  • 簡単に操作できて、先生が日々の授業で活用しやすい。
  • 年間約130時間使っても、トラブルなく稼働していて信頼できる。

今後の展望

今後、小学校に導入される外国語活動においても、
ALT*の先生を交えた遠隔合同授業の展開を検討しています。

児童の積極性を高め、21世紀型スキルの育成を実践する遠隔合同授業。今後を見すえた展望について山内様にお話ししただき、総括していただきました。

「遠隔合同授業に適した教科、そうでない教科を今検証しています。現在新たに検討している教科は、今後小学校教育に導入される外国語活動です。ALTの先生に参加してもらって、遠隔合同授業を通して多くの児童と触れ合い、語学力、コミュニケーション力の向上に役立てていければと思います。また、博物館などの社会教育施設とつないでお話を聞くなど、キャリア教育の面でも活用できると考えています。子どもたちが社会に出た時に活躍できる力を養う、そういう教育を進めて、ワクワク度日本一の西条市を目指していきたいです。」

「西条市教育委員会様は、教育の現場に立った視点からビジュアルコミュニケーションツールを活用しながら、子どもたちの未来を力強く支えていきます。」

  • *ALT:Assistant Language Teacher;外国語を母国語とする外国語指導助手

お客様プロフィールと導入製品

愛媛県西条市教育委員会 様

■2015年より市内全ての小・中学校において「小中学校ICT教育推進事業」を実施。

■URL:http://www.city.saijo.ehime.jp/soshiki/gakkokyoiku/

導入製品

■ご導入機種:西条市立小学校4校に、RICOH UCS 11台
(2017年11月現在)

この事例を印刷用にダウンロードしてご利用いただけます。PDF版(1.12MB)

本ページに掲載されている情報は、2017年11月現在のものです。

オフィスが変わる、働き方が変わる

リコーが提案するワークスタイル変革資料の無料ダウンロード。

資料をダウンロードする

お問い合わせ

商品に関する質問、お見積依頼などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ