このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地

Share

ここから本文です

お客様事例 トヨタカローラ新茨城株式会社 様

新形態の店舗立ち上げに伴い、
リコー デジタルサイネージとプロジェクターをご導入。
モータースポーツとスポーツカーの魅力を発信して、新たな客層の集客に貢献。

トヨタカローラ新茨城株式会社様は、茨城県全域にわたって20店舗を展開する自動車販売会社です。トヨタの走る楽しさとモータースポーツスピリットを全面に打ち出したGR Garage 水戸インターを2017年12月にオープン。リコーデジタルサイネージ6契約と、リコーハイエンドプロジェクター1台を活用した店舗で、幅広いお客様の注目を集め、継続的な集客を実現されました。

画像:新形態の店舗立ち上げに伴い、リコー デジタルサイネージとプロジェクターをご導入。モータースポーツとスポーツカーの魅力を発信して、新たな客層の集客に貢献。
画像:新形態の店舗立ち上げに伴い、リコー デジタルサイネージとプロジェクターをご導入。モータースポーツとスポーツカーの魅力を発信して、新たな客層の集客に貢献。

狙いと効果

【導入の狙い】

  • モータースポーツやスポーツカーを中心とした新店舗の魅力を効果的に発信したい。
  • 月1回のペースで行うお店のイベントに、多くのお客様を呼び込みたい。
  • お店の前を通る人やクルマに対してもインパクトのあるアピールをしたい。

【導入後の効果】

  • 常に店内のディスプレイにモータースポーツの映像・情報を映し出し、当店ならではの世界観を構築できた。
  • エントランス正面に設置したデジタルサイネージでイベント告知し、多くのお客様を呼べるようになった。
  • 店外に向けて夜間に映し出す200インチの大画面映像は注目度が高く、当店のアイコンとなった。

導入の背景

新しいコンセプトの店舗づくりを推進するために、
新しいコミュニケーションツールが必要でした。

トヨタカローラ新茨城店様にとって、GR Garage 水戸インターは20番目の店舗というだけではありません。「従来にはないお客様を掘り起こすための大きな挑戦です」というTSL本部執行役員/TSL本部長の伊坂様にシステム導入の経緯をお話いただきました。

「GR Garageはクルマファンが集い、語らい、一緒になってクルマを楽しむ、町いちばんの楽しいクルマ屋さんを目指しています。店舗を立ち上げる際に意識したことは、若い頃にクルマが好きでスポーツカーに憧れていたミドル世代や、クルマ離れが言われて久しい若い世代にも興味を持っていただけるような場づくりです。見せ方も売り方も店舗設計も従来にはない新しいものを探る中で、着目したのが視覚に訴えるコミュニケーションでした。私自身、青年の頃からスポーツカーが好きで、セリカに乗りたくて、ここカローラ店に入社しましたが、クルマを走らせるワクワクする気持ちや、憧れのクルマがサーキットを疾走するシーンを店内で映し出せたら、多くのお客様の共感を呼べるのではないかという想いがありました。」

店舗づくりにおいては、トヨタ自動車のブランドコンセプトに則りながら、具体的な手法などは販売店に一任されているとのことです。伊坂様が続けます。

「一度、トヨタ自動車の経営幹部とお話しさせていただく機会がありました。ピットの中での短い時間でしたが、モータースポーツに懸ける情熱や、若者のクルマ離れを何とかして止めたいという気持ち、将来を見すえて小さなお子さんたちにも楽しんでもらいたいという想いを聞きながら、私たちが進めている店舗づくりの方向性に確信を持ちました。いまにもエンジンの音や人々の歓声まで聞こえてきそうなビジュアルコミュニケーション、それがお客様と私たちをつなぐ新たなツールになると考えました。」

それでは次に、実際に運用を担当されている社員様を交えて、さらにお話を伺います。

画像:トヨタカローラ新茨城 TSL本部 執行役員/TSL本部長 伊坂 浩之 様 トヨタカローラ新茨城
TSL本部 執行役員/TSL本部長
伊坂 浩之 様

導入による効果

映像を流したり、情報発信する上で、
デジタルサイネージとプロジェクターはきわめて有効。
お客様の注目度が違います。

「エントランス正面に2台の縦型サイネージを設置しています。お客様が入店されてすぐ目につく場所です。1台はLINE@登録画面で当店のメンバーになっていただくために活用しています。もう1台は当店でのイベント告知のために使っていて、スマートフォンでQRコードを読み込んで受付できるようになっています。これまで当店では、愛車自慢選手権、パーツ説明会、ラジコンカー選手権などのイベントなどを開催してきました。デジタルサイネージでも告知し、多くのご参加をいただきました。デジタルサイネージの強みは、チラシなどの紙によるPOPに比べて圧倒的に注目度が高いことです。印刷コストも削減できるので、費用対効果も高いです。また、レカロシートで寛ぎながら自由にお使いいただけるサロンをはじめ、店舗内に3台のモニターを設置していて、WRCラリーやレースのコンテンツを常時流しています。オープニングイベントで開催したプロレーサーと当店のドライバーによるシュミレーターアタックでは、その様子を観戦モードに切り替えてモニターに映し出し、店内一体となって多くのお客様に楽しんでいただけました。」

画像:トヨタカローラ新茨城 TSL本部 システムグループ 高野 翔 様 トヨタカローラ新茨城
TSL本部 システムグループ
高野 翔 様

画像:デジタルサイネージではQRコードによる会員誘引やイベント情報を表示。他のチラシやPOPよりも圧倒的に注目度が高く、訴求効果を上げています。

デジタルサイネージではQRコードによる会員誘引やイベント情報を表示。
他のチラシやPOPよりも圧倒的に注目度が高く、訴求効果を上げています。

さらに、GR Garage 水戸インター様の大きな特徴である200インチスクリーン*について、
その狙いと効果を伊坂様にお話いただきました。

「当初から、店舗の外に向けて大画面で映し出してインパクトを持たせたいという想いがありました。私たちのコンセプトをどうすれば実現できるか、リコージャパンさんからの提案も練りこみながら、ハイエンドプロジェクターを使って店外に向けて200インチのスクリーン*へ映像投影を実現しました。陽が落ちる夕方から深夜までの5時間、自動オフ設定にして映写しています。道行く人や信号で停車中のクルマからも鮮明に見えて、店舗の認知度向上に貢献しています。このプロジェクターによる投影も、店内のサイネージやモニターも、GR Garageらしさが訴求できるコンテンツが常に映っていることが重要です。見入っていなくても雰囲気が醸し出されて、店舗の世界観づくりに有効だと実感しています。」

  • *株式会社ケーアイシー社製電動巻上スクリーン200インチ ES-WX200 彩美s仕様

画像:ハイエンドプロジェクターからの投影は店舗外からでも映像が鮮明に見え、店舗の認知度向上に貢献しています。

ハイエンドプロジェクターからの投影は店舗外からでも映像が鮮明に見え、店舗の認知度向上に貢献しています。

選定のポイント

配信にまつわる全てを本部でコントロールできてとても便利です。

明快な目的のもとにデジタルサイネージとプロジェクターを活用して、店舗コンセプトを実現し、新しいお客様を獲得されたトヨタカローラ新茨城様。導入の決め手となったポイントを、伊坂様と高野様に挙げていただきました。

  • 遠隔操作により、本部からタイムリーに配信できる。
  • 機器コンテンツのセット提供により、手間とコストを削減できる。
  • プロジェクターを使った自由度の高い設置性が狙い通りの店舗設計を可能にし、ブランドイメージを構築できる。
  • 多彩なコンテンツ配信を通して、お客様が求める情報と世界観を伝えられる。

今後の展望

タッチパネル式サイネージの利点を活かしたコンテンツの実施や、
当社ならではの動画コンテンツによる活用を検討しています。

新店舗の魅力訴求に貢献するリコーのデジタルサイネージとプロジェクター。今後の具体的な活用について、高野様に語っていただきました。

「2台の縦型サイネージについては、タッチパネル式サイネージを採用しています。今後はタッチパネル式サイネージの利点を活かしたコンテンツの配信を検討しています。例えば、チューンアップやドレスアップのパーツメニュー表をコンテンツ作成し、お客様がタッチしながら見て検討できるようにできれば、効果的な商談につながると思います。また、TOYOTA GAZOO Racing主催の86/BRZレースには当社のチームも参戦しており、将来的にはその動画を作成して大型スクリーンでも流せれば良いですね。」

次々とふくらむ、お客様を呼び込むためのプラン。最後に、今後の展望を伊坂様にお話しいただきました。

「私たちが進めているこうしたコミュニケーションは、必ずしも直接セールスにつながるわけではないかも知れませんが、当社の認知度を上げて、新しいお客様に来店していただくための重要なツールだと捉えています。当店の特色のひとつとして継続していきたいと考えます。また、20店舗ある当社全体でも、社員のモチベーションアップにもつながっていると感じています。クルマはいつの頃からか便利な移動の道具になっていました。それだけでなくて、本当はクルマに乗るって楽しくてワクワクすること。その喜びを社員一丸となってお客様に伝えていければと思います。」

トヨタカローラ新茨城様は、ビジュアルコミュニケーションによるメリットを最大限活用して、これからもクルマの楽しさを加速させていきます。

お客様プロフィールと導入製品

お客様情報

■お客様会社名称:トヨタカローラ新茨城株式会社 様

■業種:商社(従業員:332名/2018年4月現在)

■主な事業内容:トヨタカローラ系列の新車販売・リース販売、各種中古車販売、自動車整備、部品・用品販売・板金塗装等

■ご導入拠点:GR Garage水戸インター店

■URL:http://www.corolla-si.com/

画像:トヨタカローラ新茨城株式会社 様

導入製品

機器構成:
リコーハイエンドプロジェクター
RICOH PJ WUL6280×1台

最新の製品情報はこちら

機器構成:
リコーデジタルサイネージ
システム×6契約
(STB:RDS SH BOX)

最新の製品情報はこちら

機器構成:
ケーアイシー電動巻上式スクリーン200インチ
ES-WX200 彩美s

最新の製品情報はこちら


  • 「LINE」はLINE株式会社の商標または登録商標です。
  • QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。
  • 本Webページ記載の会社名および製品名は、それぞれ各社の商号、商標または登録商標です。
  • 本ページに掲載されている情報は、2018年9月現在のものです。
  • 本事例は株式会社ケーアイシー社製のスクリーンを使用して実現しました。

デジタルサイネージまるわかりガイド

PDF版(全16ページ)無料ダウンロード

画像:デジタルサイネージまるわかりガイド

デジタルサイネージの特長や活用目的、実際に導入されたお客様の声などを
わかりやすくまとめた “デジタルサイネージ まるわかりガイド” を
ご用意いたしました。ぜひご一読ください!

以下のような内容を掲載しています。

  • デジタルサイネージとは
  • コンテンツ配信の3つのパターン
  • 4つの活用法
  • 業種・業態別活用例
  • リコーのデジタルサイネージのご紹介
  • お客様の声

資料をダウンロードする

お問い合わせ

商品に関する質問、お見積依頼などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ