やさしい基礎知識01 ワイド機能02 ズーム機能03 マクロ機能04 連写機能〈入門篇〉04 連写機能〈応用篇〉05 動画機能06 ホワイトバランス07 ISO08 露出補正・ヒストグラム09 オートブラケット10 ブレ対策11 フラッシュ〈応用篇〉11 フラッシュ〈実践篇〉12 シーンモード
やさしい基礎知識 応用篇 09 オートブラケット

オートブラケットの作例サンプル

作例サンプル -0.3、1/800秒
作例サンプル 0.0、1/640秒
作例サンプル +0.3、1/500秒

撮影:布川秀男 ●Caplio GX100 ●ISO200 ●F11.2

オートブラケットで撮影すると複雑な逆光の状態でも撮影意図を反映できます。迷ったときは補正レベル値の参考にもなり、大変便利です。

作例サンプル RED
作例サンプル 現在の設定値
作例サンプル BLUE

撮影:にしつじなお ●GX200 ●ISO100 ●1/500秒 ●F9.6 ●EV0.0

淡い色ほど、微妙なホワイトバランスの違いで受ける印象が大きく異なってきます。このように並べてみると、さらにその効果が分かります。中央の<現在の設定値>は見た目にも忠実ですが、暖かい雰囲気に写し出したかったので今回はREDの写真で決まり!です。

作例サンプル 白黒
作例サンプル 現在の設定値
作例サンプル セピア

撮影:にしつじなお ●R8 ●ISO100 ●1/1410秒 ●F5.4 ●EV0.0

カラーブラケットで撮影すると、全く新しい発想に出会えます。
カラーの写真はイマイチ、と思っていた被写体も色を排除することでシルエットやかたちに目が行きカッコいい写真に仕上がりました。

1.オートブラケットとは? 2.オートブラケットの作例サンプル

PAGE TOP