やさしい基礎知識01 ワイド機能02 ズーム機能03 マクロ機能04 連写機能〈入門篇〉04 連写機能〈応用篇〉05 動画機能06 ホワイトバランス07 ISO08 露出補正・ヒストグラム09 オートブラケット10 ブレ対策11 フラッシュ〈応用篇〉11 フラッシュ〈実践篇〉12 シーンモード
やさしい基礎知識 応用篇 09 オートブラケット

オートブラケット オートブラケットとは?

前回の「露出補正・ヒストグラム」で少し出てきたオートブラケット、ここではもう少し詳くみていきましょう。
撮った写真をみてあと1歩!・・・と感じることはよくあります。その原因のひとつに写真の露出があげられます。思っていたより微妙に暗すぎたり明るすぎたりと、写真を適正の露出で撮るのはなかなか難しいものです。かといって、露出補正で設定を変更して数種類撮るのもちょっと面倒。

そこで便利なのが、このオートブラケット。オートブラケット機能をONにすると、写真1のように設定されている露出を基準に〈暗いもの〉、〈基準のもの〉、〈明るいもの〉、と自動的に3枚連続で撮影してくれます。データにはそのまま3枚保存されるので、あとで自分が気に入った写真を選ぶことができます。
もちろん、自分であらかじめ露出補正をしてオートブラケットを設定することもできます。たとえば、露出補正で+0.3EVに設定しオートブラケットで撮影すれば、+0.8EV、+0.3EV、-0.2EV の3枚が自動的に撮影されます。


写真1

撮影:布川秀男 ●R8 ●ISO400 ●F4.5

リコーのデジタルカメラには、このほかにも「ホワイトバランスブラケット」と「カラーブラケット」があります。これらはどのような機能なのでしょうか? 次でみてみましょう。


ホワイトバランスブラケット

写真2をみると、微妙なホワイトバランスの違いで印象が大きく異なることが分かります。しかし、撮影するその場でどのホワイトバランスを選ぶか決定するのは難しいものです。そんなときに便利なのがこのホワイトバランスブラケット。

ホワイトバランスブラケットは写真2のように、ホワイトバランスを変えながら自動的に3枚連続して撮影できる機能です。現在のホワイトバランス設定値を基準に〈赤味がかった〉、〈現在の設定値〉、〈青味がかった〉、という順で撮影されます。


写真2

撮影:にしつじなお ●Caplio R7 ●ISO100 ●1/28秒 ●F5.2 ●EV0.0

カラーブラケット

オートブラケットやホワイトバランスより、さらに違いが分かるのがカラーブラケット。写真3のように、色を変えながら自動的に3枚連続して撮影できる機能です。〈白黒〉、〈現在の設定値〉、〈セピア〉、という順で撮影されます。
写真3をみて分かるように、受ける印象は全然違います。しかもカラーブラケットで撮影しておけば、ひとつひとつ画像設定を変えなくても白黒、カラー、セピアとひと通り保存されるので、あとで"やっぱりカラーでも欲しかったな・・・"などと後悔することはありません。


写真3

撮影:にしつじなお ●GX200 ●ISO100 ●1/39秒 ●F2.7 ●EV0.0

1.オートブラケットとは? 2.オートブラケットの作例サンプル

PAGE TOP