このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu

MP7200A

主な仕様

製品名 RICOH MP7200A
形式 内蔵タイプ
インターフェース ATAPI
データバッファメモリ 2MB
データ転送速度
(I/F上)
33MB/秒(Ultra DMA mode2転送)
書き込み /
読み出し速度
記録:4×、8×、12×、16×、20×*1(CD-R)、2×、4×、10×*2(CD-RW) 再生:最大40×(CAV)
書き込み方式 Disc At Once 、Session At Once*3、Track At Once 、Multi-Session、Packet Write
書き込みフォーマット CD-DA、CD-ROM、CD-ROM XA、CD Extra、CD-I*3、Mixed-ModeCD、VideoCD、PhotoCD*3、CD-TEXT、Bootable CD
平均アクセスタイム 100m秒以下(40×)
ローディング方式 トレーローディング
設置方向 縦/横
電源 DC5V/12V
消費電力 12W
待機時消費電力 1W
質量(重量) 1.2kg以下
寸法(幅×奥行×高さ) 146.0x196.5(フロントパネル部分を含む)x41.3mm
動作環境 ハードウエア:
IBM PC/AT互換機 (DOS/Vパソコン)、NEC PC98-NXシリーズ*4ただし高さ45mmの空きスロット(ハーフハイト5インチベイ)、及び+12V/+5Vの電源端子の空きがあること。
CPU:
Pentium166MHzプロセッサ以上 (JustLink使用時)
インターフェース:
Enhanced IDE(ATAPI)対応のマシンで、Primary Slave、 Secondary Master またはSlaveに空きがあること。
OS:
Windows95(OSR2.0以降) 、Windows98、Windows Me、 Windows2000 Professional*5、WindowsNT Workstation4.0(サービスパック5以降)
RAM:
64MB以上
HDD:
容量100MB以上(オンザフライ書き込み/Just Link使用時)
同梱品 セットアップマニュアル、クイックガイド、オンラインマニュアル、オーディオケーブル、取付ネジ
付属メディア:
CD-Rメディア 1枚
High Speed CD-RWメディア 1枚
付属ソフト:
「B's Recorder GOLD」
「B's CLiP」

  • *1使用するメディアによっては、確実な書き込みを行うため最高速が制限される場合があります。また20倍速書き込みを選択した場合でも、データ領域の最内周から100MBまでは16倍速書き込みとなります。
  • ただしリードイン領域では12倍速書き込みを行います。
  • *2CD-RWの10x記録は、High Speed CD-RWメディアのみ可能です。
  • *3添付のソフトは対応しておりません。
  • *4NEC PC-9821シリーズには対応しておりません。
  • *5チップセットIntel815E(ATA100ドライバ使用時)とWindows2000の組み合わせで、B's Recorder GOLDが起動しません。
  • *CD-ROMドライブをソースデバイスとした書き込みは、CD-ROMドライブの性能またはインターフェースの仕様によっては最高スピードで書き込めない場合があります。
  • *名刺サイズのCD-R・CD-ROMの書き込み、読み出しはできません。8cm(シングル)CDは再生のみ可能です。(ドライブを縦置きにした場合、8cmCDは使用できません。)
  • *市販されているCD-ROM、CD-DA(デジタルオーディオ)を著作権者の許可なく複製することは法律で禁じられています。
  • *JustLink JustSpeedは株式会社リコーの商標です。

MP7200A 推奨および動作確認済みメディア

  推奨メディア 動作確認済みメディア
CD-R リコー 太陽誘電、 三井化学、 三菱化学、 マクセル
CD-RW リコー リコー、三菱化学
High Speed CD-RW リコー リコー

  • *上記の動作確認済みメディアに高速書き込みを行う場合は、メディアのスピード表示がなるべく高速のタイプをお使いください。
  • JustSpeed機能によりそのCD-Rメディアで記録可能な最高スピードに自動的にセットされます。
  • *JustSpeedによる最適記録スピードの判定には、ドライブのファームウェア内に保存されている各社CD-Rメディア情報が参照されています。常に最新のファームウェアにアップグレードしておくことをお奨めします。