このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu

MP5122E ファームウェアダウンロード

MP5122Eのファームウェアアップグレードについて

ダウンロードの際には「詳細説明」を必ずお読みください。
「詳細説明」に記入されている環境以外にて使用した際に発生した不具合に
ついて、当社では一切の責任を負いません。
 

改訂履歴

2003.07.15
ファームウェアVer1.92リリース
 ・2.4倍、4倍速DVD+RWメディアへの書き込み品質改善
2002.10.02
ファームウェアVer1.74リリース
 ・CD-Rメディア・CD-RWメディアのライト品質向上
 ・DVD+RWメディア、オーバーライト(上書き性能)の向上
2002.05.14
ファームウェアVer1.50リリース
 ・HighSpeed CD-RWメディアのライト品質向上

 

ダウンロード前の注意事項

ドライブのファームウェアをアップグレードする際、誤ったファームウェアをダウンロードされることを未然に防ぐために、ドライブのモデル確認をしております。 MP5122E以外のモデルは、ファームウェアをアップグレードすることはできません。

Windows用

ファームウエアーを1.92に変更いただいても、DVD+Rディスクに書込みは出来ません。

ファームウェアをアップグレードするためには、マスタリングソフトウェアをインストールしてから実施することをお勧めします。マスタリングソフトウェアがインストールされていなくてもファームウェアのアップグレードができる場合もありますが、できない場合にはマスタリングソフトウェアをインストール後、再度実施してください。

Windows95/98/Me/2000/XP、Windows NT Workstation V4.0以外のOSは、ドライブのファームウェアをアップグレードすることはできません。

上記システム環境以外にて発生した不具合に関し、当社では一切の責任を負いません。

 

詳細説明

ソフト名 MP5122EファームウェアVer.1.92
登録名 M5a22192.exe
バイト数

453,412Bytes

RFlash.EXE 188,416 Bytes
M5a00192.BIN 1,048,576 Bytes
JHISTORY.TXT 263 Bytes
EHISTORY.TXT 391 Bytes
著作権者 RICOH COMPANY LTD.
作成方法 自己解凍
転載条件 転載禁止
対応機種 本ファームウェアは、リコーDVD+RWドライブ「MP5122E」に該当するファームウェアです。ドライブが問題なく動作している場合は、ファームウェアをアップグレードする必要はありません。
ファームウェアの変更に関する詳細は、添付のJHISTORY.TXTを参照してください。
更新方法 ダウンロードしたファイルの解凍・ファームウェアの更新方法は こちら
必ずこちらをご覧の上、ファームウェア更新してください。

  • RFLASHの画面では、WindowsXPが対応OSに記載されていませんが、XP上での動作は確認されています。画面は、変更していきます。

 

ダウンロードファイル