このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
ここから本文です

第8回 教育ITソリューションEXPO

リコーブース(西4ホール ブースNo.18-70)

会場
東京ビッグサイト 西1・3・4ホール
主催
リードエグシビション ジャパン

「第8回 教育ITソリューションEXPO」は終了しました。
多くの方のリコーブースへのご来場、誠にありがとうございました。

リコーブース出展レポートはこちら

リコー・リコージャパンはこの度、2017年5月17日~19日に東京ビッグサイトで開催される「第8回 教育ITソリューションEXPO」に出展いたします。教育分野のさまざまな課題に対する解決策をご提案いたします。
この機会にリコーが提供するソリューションをぜひご体感ください。ご来場を心よりお待ちいたしております。

展示内容
~ リコーから新たな学習環境のご提案 ~

出展テーマ「CREATE YOUR FUTURE ~子どもたちの未来をともに~」

リコー・リコージャパンは、小学校から高校、大学、さらには塾などの教育支援業様に向けて課題の解決や、教育の質の向上に貢献するソリューションを、お客様導入事例やデモ交えて紹介し、具体的な解決策をご提案いたします。

リコー製品ラインナップ展示
縦置き&コンパクト 超短焦点プロジェクター
RICOH PJ WX4152シリーズ
理想的なプロジェクターの壁ピタ設置を実現!体育の授業や部活で効果発揮、撮った画像をその場で確認。
学校向け短焦点プロジェクター
RICOH PJ WX4241シリーズ
教卓においてそのまま投写。パソコンを接続だけで自動電源On
子供達に優しい安心設計のプロジェクター。80インチの大画面を約80cmの距離から投影できます。
レーザー光源短焦点プロジェクター
RICOH PJ WXL4540
高速起動により数秒で投写出来る、レーザー短焦点プロジェクター。なんと、20,000時間メンテナンスフリー。
スラスラ書ける電子黒板
RICOH Interactive Whiteboard D6500
だれでも、かんたん。シンプルな操作でなめらかにスラスラ書ける、電子黒板。
ラーニング・コモンズ
議論がはずむ電子黒板
RICOH Interactive Whiteboard D5510
電子黒板からその場で印刷
RICOH MP C307
だれでもすぐに参加、カンタンに学生個人のデータをその場で共有。議論がはずむ環境づくりを。主体的に学び・考え・行動する人材育成を支援します。
リコー遠隔学習システム
RICOH Unified Communication System P3500 へき地、遠隔地での複式学級を単式化する手段をご紹介。また、他校との交流を手軽に実施できます。

セミナー

ICT活用のヒントを見つけられる二つの無料セミナーを実施

リコーブース内公開セミナー

海外の情報教育の動向
日時 5月17日(水) 11:00~11:30、15:30~16:00
場所 西4ホール 2F ブースNo.18-70
講師 武蔵野学院大学 国際コミュニケーション学部 国際コミュニケーション学科 准教授
上松 恵理子

タブレット端末を授業で使うことが日常的な国では、様々なソフトウエアを使った授業が行われています。特にプログラミング教育で注目されるのは低年齢からの公教育で行われるコンピュータ理解を育む教育です。こうした海外での情報教育の動向についてお話します。

鎌倉市のICT教育の現状と今後の取組について
日時 5月17日(水) 13:30~14:00、16:30~17:00
場所 西4ホール 2F ブースNo.18-70
講師 鎌倉市教育委員会 教育指導課?情報担当 指導主事
上 太一

鎌倉市として平成23年度より鎌倉市の教育ネットシステムの構築を行い校務の効率化を図ってきました。次期指導要領の改訂を受けて、今年度より取り組んでいるICT機器の導入展開についてお話します。

高体連全国大会でも採用!超短焦点プロジェクター威力
日時 5月18日(木) 11:00~11:30、13:30~14:00
場所 西4ホール 2F ブースNo.18-70
講師 佐野日本大学中等教育学校・高等学校 ICT推進室 室長
安藤 昇

選抜全国大会・関東・インターハイ全国大会の剣道大会、リアルタイム試合掲示、WEB速報がRICOHのプロジェクター技術によって実現しました。本セミナーでは学校教育現場で使われているプロジェクターの応用事例を紹介していきます。ドローンもあるよ!

地域の教育が変わる!双方向の合同授業が生み出す「新たな学び」
日時 5月18日(木) 16:00~16:30、19日(金) 15:30~16:00
場所 西4ホール 2F ブースNo.18-70
講師 鹿児島大学大学院 教育学研究科 准教授
山本 朋弘

文部科学省委託事業で先導的な遠隔授業を展開する「鹿児島県徳之島」の取組から、人口減少社会の教育課題解決に向けた、テレビ会議や電子黒板、タブレット端末を連携させた双方向の合同授業の在り方についてお話します。

「生きる力を大地から学ぶ」を実践している市村自然塾の軌跡
日時 5月18日(木) 17:00~17:30
場所 西4ホール 2F ブースNo.18-70
講師 市村自然塾 塾頭
高津戸 良太

リコー創業者 市村清の生誕100周年を記念し創設された市村自然塾。子供達が「自然の助けを借りながら」「共に考え、知恵を働かせ」「自らの汗を流し」「自らが成長する」という活動を続けています。ICT導入が叫ばれる昨今でも、変わらないこの基本的活動をご紹介いたします。

主体的な学びのデザインと教室ICT環境の役割
日時 5月19日(金) 11:00~11:30
場所 西4ホール 2F ブースNo.18-70
講師 東北学院大学 教養学部 人間科学科 教授
稲垣 忠

「主体的・対話的で深い学び」(いわゆアクティブ・ラーニング)の中でも、「主体的な学び」を実現するために、どのような学びのデザインが必要なのか、そこでの教室のICT環境はどのようであるべきかID(インストラクショナル・デザイン)を専門とする立場から解説します。

神田外語大学 新棟8号館「KUIS 8」設計コンセプトと導入ICT機器活用について
日時 5月19日(金) 13:30~14:00、16:30~17:00
場所 西4ホール 2F ブースNo.18-70
講師 学校法人佐野学園 神田外語大学 言語メディア教育研究センター センター長/准教授
石井 雅章

今年4月にグランドオープンした【神田外語大学 新棟8号館「KUIS 8(クイス・エイト)】見るものに驚きを与えるこの学び舎では、自立学習施設「SALC(サルク)」と学生必携のタブレットを最大限に活用できる15の教室が融合。一人で孤独に英語を学ぶのではなく、人と会話し、人と教え合い、人と助け合いながら、自ら学び続けることができる英語学習環境を実現しました。こうした施設コンセプトから教育・環境の向上に関する取り組み、今後の展望までをお話します。

出展社主催無料公開セミナー 先着順

英語による大学間・地域連携 ~ ICTを活用した理学交流授業の取り組み
日時 5月18日(木) 16:00~17:00
場所 西1ホール 中2F 商談室(6)
講師 国際基督教大学 大学院 理学専攻主任、自然科学デパートメント教授、大学院 アーツ・サイエンス研究科 岡野 健

本学は、リベラルアーツ教育を基礎に国際理解と文化交流の進展を進めています。交流の場の一環として、英語による他大学への理学系授業や小学校への授業を実施しました。

昨年、リコーブース内で行われた一部のセミナーを動画にてご覧いただけます。

タイトル ~リベラルアーツ~国際基督教大学の科学教育へのアプローチ
概要 ICUの教育=「LIBERAL ARTS」とは?
具体的な取り組みを交えその全貌をお話します。
講師 国際基督教大学・大学院 理学専攻主任
自然科学デパートメント 教授 岡野 健 氏

動画を見る

タイトル ICTを使いこなすのは、生徒自身!佐野日大からのご報告
概要 先生のICT活用度は上がりましたが、それより増して生徒自身のICT活用度が上がり活き活きとした授業、部活動実現の道具としてICTが活用されています。その秘訣をお話します。
講師 佐野日本大学学園 ICT教育推進室 室長 安藤 昇 氏

動画を見る

開催概要

日時 2017年5月17日(水)~19日(金) 10:00~18:00
会場 東京ビッグサイト 西1・3・4ホール 東京都江東区有明3-11-1 交通アクセス

第8回 教育ITソリューションEXPO 公式サイト

リコーブース ご案内

リコーブース 西4ホール 2F ブースNo.18-70