このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
現在地

Share

ここから本文です

グループ10万人のコミュニケーション基盤に Office 365 を選んだ理由

~リコー事例から学ぶ Office 365 セミナー~

経営基盤強化ワークスタイル変革業務プロセス改革

このセミナーは申し込みを締め切りました。

開催内容

2017年11月、リコーはグローバルグループでコミュニケーション基盤をNotesから Office 365 に移行することを発表いたしました。
Notesアプリ数8万のリコーグループが、どのようにして Office 365 を採用するに至ったのか。また、現在進行中の移行プロジェクトがどのように進められているかを、検討のプロセスを振り返りながら解説いたします。
セッション2では日本マイクロソフト社より、Office 365 の今後の展望について最新情報をお伝えいたします。
最後に、Office 365 販売実績9,000社を誇るリコーグループの豊富な Office 365、Notes移行ソリューションをご紹介いたします。他社グループウェアからの移行を検討されているお客様、Office 365 活用にお悩みのお客様、必見のセミナーです。
ご来場を心よりお待ちしております。

開催概要

日時

2018/05/21(月) 14:00~17:30 (13:30より受付開始)

会場

日本マイクロソフト株式会社 品川本社 31F Seminar CD 地図

東京都港区港南2-16-3 品川グランドセントラルタワー(受付2F)

参加料

無料

定員

100名

主催

リコージャパン株式会社

共催

日本マイクロソフト株式会社

お問い合わせ

リコージャパン株式会社
リコー Microsoft 365 支援センター 事務局
MAIL:zrjp_rjg_r_m365_homepage@ricoh-japan.co.jp

プログラム

14:00~14:10

ご挨拶

14:10~15:10

グループ10万人のコミュニケーション基盤に Office 365 を選んだ理由

グループ共通インフラとして四半世紀利用したNotesから「いつでもどこでも」を実現するIT環境、多様な働き方を実現するワークプレイスのインフラとして Office 365 を採用しました。
その背景や現在進行形の導入状況などをご紹介します。

講師:

リコージャパン株式会社
商品企画本部 オフィスソリューション企画室 働き方改革グループ
須永 堅一

15:30~16:20

デジタルで実現する、事業価値の創造へ向けた新しい働き方

本セッションでは、1) 生産性、2) セキュリティ、3) コストという3点からクラウド活用の利点を再認識し、Microsoft 365 で実現する新しい働き方を考察します。
また、使い慣れたNotesからの移行を成功させているお客様が描く、今後のコミュニケーション基盤の展望についても合わせてご紹介します。

講師:

日本マイクロソフト株式会社
Office ビジネス本部
プロダクトマーケティングマネジャー 菅野 亜紀 氏

16:30~17:10

Office 365 へのスムーズな移行と更なる活用に役立つソリューション

Notes資産移行の課題解決や Office 365 の活用向上にお役立ちできるリコージャパンのソリューション、お客様の働き方改革をサポートする「リコー Microsoft 365 支援センター」をご紹介します。

講師:

リコージャパン株式会社
商品企画本部 マイクロソフト推進室 Microsoft 365 グループ
小野 雄太

※募集期間中に定員になり次第、締め切らせていただきます。
※講演のテーマ、講師、時間などは、一部変更になる場合がございます。
※同業他社の方の参加はお断りさせていただくことがございます。
※記載の会社名、製品名およびサービス名等は、各社の商標および登録商標となります。