このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地

Share

ここから本文です

リコー 個人認証システム AE2

特長4: スムーズなサーバーの管理が、負担を軽減。

ユーザー情報・認証設定の一元管理

認証サーバー上でユーザーを一元管理することにより、複数の機器に対する管理作業を軽減できます。

ユーザー情報・認証設定の一元管理

外部認証ユーザーと独自ユーザーの併用

リコー Authentication Server AE2を導入すれば、外部認証サーバーに登録していないユーザーを、リコー 個人認証システム AE2のユーザーとして追加して利用可能にすることができます。

併用が効果的な環境
社員はADに登録されているが、派遣の人はADには登録されていないが印刷は許可したい場合。

外部認証ユーザーと独自ユーザーの併用

急ぎの時は空いている機器から出力(ロケーションフリー印刷)

クライアントPCからプリント指示したデータを、好きな機器から出力することができます。

  • 大きなサイズの印刷や、たくさんの印刷を複数機器で行なう環境では、LFプリントサーバー、認証サーバーでの運用を推奨いたします。また、異なる機種間でロケーションフリー印刷を利用する場合はRPCS Basic ドライバーをご利用ください。

急ぎの時は空いている機器から出力(ロケーションフリー印刷)

操作フロー

  • 画面は複合機です。4行LCDパネル搭載モデルのプリンターは、ICカードをかざせばプリント出力されます。

操作フロー

こんな時に使えます!

こんな時に使えます!

購入をご検討中のお客様へ

製品をご利用のお客様へ