このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu

imagio SmartDocLink for Lotus Notes/Domino
(本製品は生産終了しております)

  • 主な仕様

仕様

  タイプMP-it タイプMP
認証 it機能認証+Lotus Notes認証(IDファイル)*1 Lotus Notes基本認証*2
連携先
データベース仕様
30個 *3(リッチテキストフィールドが必要)
文書登録方法 imagioから連携先DBに直接登録 Lotus Dominoサーバー側でPDFを作成し、連携先DBへ登録
複合機のパネルから
入力できる項目
20項目
アクション サーバーエージェント
(引数なし)/5個
サーバーエージェント
(引数あり)/5個
履歴確認 it機能 ログDB
送信可能な
ファイルフォーマット
TIFF、JPEG、PNG、PDF*4 PDF
ICカード認証 it機能のICカード認証と連動が可能。imagio 個人認証キットと同居が可能。*5 imagio 個人認証キット/リコー個人認証システムとの同居が可能。*5
Domino
サーバーの設定
コントロールDB コントロールDB、サーバープログラム*6
  • *1it機能にログイン後、Lotus Notes IDファイルを利用して文書登録を行います。Lotus Notes IDを外部から読み込む必要があります。
  • *2ユーザー名、または、短縮ユーザー名とインターネットパスワードで認証します。インターネットパスワードが設定されている必要があります。コントロールDBを導入するサーバーにWebからアクセスしたときのログイン画面は、本商品専用のログイン画面になります。
  • *31個以上、連携する場合はコントロールDBを複数準備して頂くことで運用が可能です。ただし、imagioに設定できるコントロールDBは1台につき、1DBです。
  • *4it機能のクリアライトPDF、PDF+OCR、セキュリティPDFが利用できます。
  • *5ICカードで認証後、本商品の認証をする必要があります。
  • *6HTTPタスクの起動が必要です。

機能

  タイプMP-it タイプMP
認証
新規文書登録
編集機能 *1 ×
文書情報の設定
ワークフロー連携機能
全文検索用データの作成 ×
サムネイル添付 ×
プレビュー ×
受信ファクス転送*2 ×
ワンタッチボタン ×
QRカバーシート ×
メディア文書・蓄積文書 ×
受信メール to Lotus Notes DB ×
  • *1既存のLotus Notesの文書に添付ファイルを追加。500件までタッチパネルに表示が可能です。
  • *2it機能の管理者アカウントに転送用のLotus Notes ID、パスワードを事前に登録する必要があります。

動作環境

サーバー
OS Windows 2000 Server*1
Windows Server 2003*1
AIX 5L、i5/OS、
Windows Server 2008*1
Lotus Domino Lotus Domino 6.5、
Lotus Domino 7.0、
Lotus Domino 8.0、
Lotus Domino 8.5*2
ディスク容量 プログラムフォルダ:20MB以上*3
一時保存フォルダ *4:100MB以上 
Lotus Notesデータベース *5:5MB以上
  • *1日本語・32bit版のみとなります。
  • *2タイプMP-itのみ
  • *3タイプMPの場合、サーバープログラムの導入に必要なディスク容量です。
  • *4タイプMPの場合、imagioからスキャンした紙文書を登録するときに、文書データの一時保存フォルダとして使用します。
  • *5タイプMP-itの場合は、コントロールDBに必要なディスク容量を含みます。タイプMPの場合は、コントロールDB、ログDB、エラーログDBを含みます。
  • OSのService Packについては、Lotus Notes/Dominoの動作環境に準じます。
  • imagio SmartDocLinkは単一のLotus Dominoドメインの対応となります。※タイプMPの場合、コントロールDBをインストールするサーバーはHTTPタスクを起動する必要があります。
クライアント
Lotus Notes Lotus Notes 6.5 、
Lotus Notes 7.0、
Lotus Notes 8.0、
Lotus Notes 8.5*1
  • *1タイプMP-itのみ
  • OSについては、Lotus Notesの動作環境に準じます。

価格・同梱品

(消費税別)

商品名 品種
コード
標準価格 主な同梱品
imagio SmartDocLink for Lotus Notes/Domino
タイプMP-it
315255 178,000円 ライセンスキー、Lotus Dominoサーバー用データベーステンプレート(コントロールDB、サンプルDB)、ライセンス証書
imagio SmartDocLink for Lotus Notes/Domino
タイプMP
315967 60,000円 Lotus Dominoサーバー用データベーステンプレート(コントロールDB、ログDB、エラーログDB、サンプルDB)、MPシリーズ連携用サーバープログラム、ライセンス証書
  • 複合機1台ごとに、上記商品が必要になります。
商品名 品種
コード
標準価格 対応機種
imagio Webアクセス
カード タイプ1
315854 98,000円 imagio MP C4500/C3500、
imagio MP C3000/C2500、
imagio MP 1350/1100/9000、
imagio MP 7500/6000
imagio Webアクセス
カード タイプW5
315036 98,000円 imagio MP W4000
imagio Webアクセス
カード タイプ7
315090 98,000円 imagio MP C7500/C6000、
imagio MP 5000/4000/3350/2550
imagio Webアクセス
カード タイプ12
315219 98,000円 imagio MP C5000/C4000
/C3300/C2800/ C2200
  • imagio SmartDocLink for Lotus Notes/Domino タイプMPの場合は、別途、imagio Webアクセスカードが必要です。必要なWebアクセスカードは機種により異なります。

設置料金(imagio本体側オプション部分)

(消費税別)

商品名 設置調整料
A料金 B料金
imagio SmartDocLink for Lotus Notes/Domino タイプMP-it *1 9,500円 4,800円
imagio Webアクセスカード *2 6,300円 1,600円
  • *1it機に装着するライセンスキーは、カスタマーエンジニアによる設置となります。
  • *2imagio SmartDocLink for Lotus Notes/Domino タイプMPの場合。
  • 本体と同時設置の場合はB料金になります。
  • 本体納入後、後からオプションを同時設置する場合は、1オプションがA料金、他オプションはB料金になります。
  • imagio本体からコントロールDBへの接続設定・確認を行うためには、あらかじめLotus Dominoサーバー側でコントロールDBの導入・設定を完了しておく必要があります。

保守料金(imagio本体側オプション部分)

(消費税別)

商品名 拡張料金(1台につき)
imagio SmartDocLink for Lotus Notes/Domino タイプMP-it 900円/月
imagio Webアクセスカード * 900円/月
  • *imagio SmartDocLink for Lotus Notes/Domino タイプMPの場合。
  • 本オプションを装置すると、本体保守をパフォーマンス契約でお選びいただいている場合、本体の保守料金に上記料金が加算されます。本体保守をスポット保守でお選びいただいている場合は、本オプションもスポット保守となります。
 
  • Microsoft、Windowsは米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
  • IBM、Lotus、Notes、Lotus Notes、Lotus Domino、AIX 5L、i5/OSはIBM Corporationの登録商標です。
  • その他記載された会社名、製品名などは該当する各社の登録商標です。
  • 主な仕様

ページトップへ