このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu

imagio MF250M
(本製品は生産終了しております)

こちらでは生産終了製品の主な仕様と消耗品を掲載しています。
掲載内容は、販売当時のものであり、記載内容が変更になっている場合や一部販売を終了しているものもありますので、あらかじめご了承ください。

最新の製品については こちらをご覧ください。

主な特長

デジタルだから、スピードアップ。

12MBメモリー標準搭載

12MBメモリー標準搭載により、コピー機能がパワーアップ。さまざまな便利機能により、 生産性が上がります。

 

A4タテ向きのコピースピードで満足していますか?
原稿の向きに関係なく25枚/分


コピースピードを考え、給紙トレイには常にA4の用紙をヨコ向きにセット。原稿をタテにセットした場合でも、メモリー内で画像を回転させ出力しますので、連続コピースピードは、いつも25枚/分(A4)です。またA3からA4への縮小時も、用紙はヨコ向きで対応できます。

  • 自動用紙選択機能がONの場合で、A4またはB5の用紙のみ回転コピーを利用できます。
 

手作業で丁合いしていませんか?
丁合い作業 をスピードアップ

複数ページ(*1)の原稿をメモリーにいったん読み取り、自動的に丁合い(*2)して1部ずつタテ・ヨコ交互にアウトプット(回転ソート*3)します。オプションのソーターは必要ありません。
  • (*1)文字モード時、A4判黒字率6%の原稿で99枚程度の蓄積が可能です。
  • (*2)A4またはB5の用紙がタテ・ヨコともにセットされている場合のみ回転ソートを利用できます。
  • (*3)A3、B4については回転せずにタテでアウトプットされます。
 

原稿の差し換えが面倒ではないですか?
1スキャンだから速い、静か

複数ページの原稿の差し換えがスピーディーに行なえます。また、スキャンする回数が少ないので稼働音がさらに静かです。
 

デジタルだから、省スペース。

マシンまわりのデッドスぺースありませんか?
ウイングレスで、しかも幅55cm!

オフィスのコーナーなどの空きスペースにすっきり収まる幅55cmのウイングレス。オフィスをさらに有効に使えます。
  • 写真はインナー(本体内)排紙のイメージです。

 

デジタルだから、美しい。

コピーの画質に満足してますか?
デジタルならではの画像処理技術

リコー独自のGRAFIO技術で文字や線も鮮明に。また鉛筆のような淡い文字もくっきりと再現。コピー原稿のコピー(孫コピ一)も文字のつぶれを抑えてコピーできます。

 

繊細な画像を再現していますか?
ワンタッチで画像優先モードに切り替え

400dpiの高解像度と1ドット当り多値書き込みで、細かい文字はより鮮明にコピー。 写真のようなハーフトーンも256階調処理でリアルにコピーできます (ハイファイコピーモード)。

ページトップへ

複合機・プリンター拡張機能

プリンティングソリューションやユーティリティーのご紹介です。