このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
ここから本文です

RICOH Interactive Whiteboard D6500 特長4

特長4:セキュリティも万全

プロジェクターとつないで、大画面の訴求力を

D6500にデジタル出力コネクタを装備。RICOH PJシリーズとケーブルを接続することで同じ画面を映し出すことが可能です。さらに画面上での書き込みや操作もリアルタイムで反映。広い会場でのセミナー・講演やプレゼンテーションに効果を発揮します。

画像:プロジェクターとつないで、大画面の訴求力を

  • VGA、DVI-Dはコントローラーを装着していない時のみ出力可能です。

RICOH PJシリーズ (プロジェクター)

画像:RICOH PJシリーズ (プロジェクター)

世界最小*1・最軽量*1・最至近投写*1の超短焦点プロジェクター、これ1台でどんな会議室でも対応できるデスクエッジプロジェクター、教卓に置いて黒板へ大きく投写できる学校向け短焦点プロジェクターなどビジネスから学校向けまで、利用シーンにあわせて選べるラインアップをご用意しています。

  • *ミラー反射式超短焦点プロジェクターにおいて。(2015年10月現在、リコー調べ)

商品詳細はこちら カタログダウンロード

パソコン画面をワイヤレス表示、ディスプレイ上で操作

パソコンにIWB Remote Desktop Software*をインストールすれば、パソコン画面をワイヤレスでD6500に表示できます。会議でファイルを見せ合う場面でも、接続ケーブルを受渡しすることなく円滑に会議を進めることができます。さらに、D6500のディスプレイ上でパソコン操作が可能になります。

  • *パソコンからD6500のウェブブラウザにアクセスすることでダウンロード可能です。
    Windows® 8.1 Pro/Enterprise、Windows® 8 Pro/Enterprise、Windows® 7 Home Premium/Professional/Ultimate/Enterprise SP1以降で使用できます。

画像:パソコン画面をワイヤレス表示、ディスプレイ上で操作

パソコン1台で複数のD6500を設定・更新

D6500の設定や管理をネットワーク経由でパソコンから行なうことができます。拠点ごとに設置したD6500もパソコンから一括で管理できるため、管理・運用を効率的に行なうことができます。

Active Directory®との連携機能を実装NEW

Active Directory®との連携機能を実装したことにより、 RICOH Interactive Whiteboardで作成したデータを簡単にメール送信することが可能に。Active Directory®に新しいメールアドレスが追加されるとホワイトボードへも自動で反映されるため、メールアドレスを毎回入力したり、管理者がアドレス帳を作成してホワイトボードに登録したりする手間がなくなります。また、常に最新のメールアドレスを参照しますので、誤送信防止にも役立ちます。

親機の設定を反映する自動同期機能NEW

複数のRICOH Interactive Whiteboardをご使用いただく場合、親機を設定し、子機から親機への同期アクセスを設定することで定期的に親機の設定を自動でコピーすることができます。親機の設定を変更すれば、自動的に子機の設定も変更が反映されるので、毎回1台ずつ設定する手間を省け、管理がとても楽になります。また、「ホワイトボードで作成したデータのUSBへの保存の禁止」や「メール送信時は常に最新のアドレス帳を参照できる」など、機器ごとに利用できる機能/できない機能の差がなくなるため、ご利用になる方は、どの機器でも同じオペレーションでお使いいただけます。

画像:親機の設定を反映する自動同期機能

無線LAN対応で、利用できる場所が広がりますNEW

従来、遠隔地との画面共有やD6500で作成したデータを直接メール送信したいときは、有線LANがある場所にD6500を設置する必要がありましたが、無線LAN機能を実装したことにより、有線LANケーブルがない場所でもご利用いただけるようになりました。D6500の向きも気にすることなく設置でき、本体背面の配線もすっきり。ケーブルに足を引っ掛けることもなくなります。

無線LAN対応で、利用できる場所が広がります

企業ポリシーにあわせたセキュリティ設定

社内のセキュリティポリシーに合わせた運用も可能。保存ファイルの暗号化、メールアドレス制限、会議コード生成などが行なえます。さらに、電源をオフにすれば、表示した資料や書き込んだ内容を自動的に消去。データの消し忘れによる情報の漏洩を未然に防止します。

ホワイトリストに基づくセキュリティ方式を採用

社内機密や個人情報など、重要性の高い情報を取り扱うオフィスや教育現場でも安心してご利用いただくために、ホワイトリストに基づくセキュリティ方式を採用し、ウイルスなどの脅威に備えているので、個別にセキュリティソフトをインストールする必要がありません。社内のセキュリティポリシーに合わせた運用も可能。保存ファイルの暗号化、メールアドレス制限、会議コード生成などが行なえます。さらに、電源をオフにすれば、表示した資料や書き込んだ内容を自動的に消去。データの消し忘れによる情報の漏洩を未然に防止します。

電源オフ時に、自動でデータを消去

電源をオフにすれば、表示した資料や書き込んだ内容を自動的に消去。データの消し忘れによる情報の漏洩を未然に防止します。

ショールーム予約

実際に製品に触れ、ご体感いただけます。お気軽にご来場ください。

ショールームの詳細について

>ご予約はこちら

お問い合わせ

リコーテクニカルコールセンター

0120-892- 1 (イチ) 1 (イチ) 1 (イチ)

平日(月~金) 9時~17時(土日、祝祭日および弊社休業日を除く)

お問い合わせ