映す・書く・共有でコラボレーションを促進。
スムーズなディスカッションで業務効率アップ!
“会議を変える”インタラクティブ ホワイトボード(電子黒板) “会議を変える”
インタラクティブ ホワイトボード
(電子黒板)

会議を変える “インタラクティブ ホワイトボード(電子黒板)” 会議を変える “インタラクティブ ホワイトボード(電子黒板)”

こんな方におすすめ!

こんな方におすすめ!

  • チェック チェック
    会議の参加者が
    別々の資料をみていて、
    議論に集中できない
  • チェック チェック
    会議の場で
    意見が出にくい、まとまらない、
    決まらない…
  • チェック チェック
    議事録作成に、
    時間と手間がかかっている
  • チェック チェック
    離れた拠点とのコミュニケーションは、メールや電話だけでは
    細かなニュアンスが伝わらない

インタラクティブ
ホワイトボードの4つの効能

  • “映す”
    議論に集中

    “映す” 議論に集中 “映す” 議論に集中
    パソコンやタブレット端末などの画面を大画面ディスプレイに表示。参加者全員が同じ画面をみながら議論に集中できます。
  • “書く”
    議論を活性化

    “書く” 議論を活性化 “書く” 議論を活性化
    端末情報を表示したディスプレイに、直接書き込みが可能。マーカーペンのような書き心地の専用電子ペンですらすら書き込めます。
  • “保存”
    議事録の作成・共有

    “保存” 議事録の作成・共有 “保存” 議事録の作成・共有
    ディスプレイの画面や書き込みは全て保存・メール送信可能。会議の内容を簡単に共有することができます。
  • “共有”
    遠隔地とコラボレーション

    “共有” 遠隔地とコラボレーション “共有” 遠隔地とコラボレーション
    複数台のインタラクティブ ホワイトボードを使って、離れた拠点とも手書きのコミュニケーションを実現します。

インタラクティブ ホワイトボード(電子黒板)をご活用いただいているお客様の
活用事例や導入効果を紹介しています。ぜひご覧ください。

活用事例をダウンロードする 活用事例をダウンロード

インタラクティブ ホワイトボー
ドが会議を変える“4つのポイント”

1.大画面のディスプレイに情報を映し出し、参加者全員で共有

大画面のディスプレイに情報を映し出し、参加者全員で共有

打ち合わせの参加者が「視線を合わせて」「同じ情報を見る」ことで、議論への集中度が高まります。紙資料を配布する場合、自分の興味のあるペー ジを見てしまいがちです。インタラクティブ ホワイトボードなら、使用する資料も書き込みも全て1つの画面に表示。議論に集中できるので、発表者が一方的に話す会議から、参加者が活発に議論を行う会議に変わります。

2.思いついたアイデアを「見える化」することで、議論を活性化する

思いついたアイデアを「見える化」することで、議論を活性化する

会議で意見が出ず静まり返ったり、逆に沢山の意見やアイデアが出るものの、話が発散して結論が出ないという経験はありませんか?インタラクティブ ホワイトボードを使えば、ディスプレイに直接書き込むことができるので、各自の頭の中のアイデアを見える化できます。さらに、ブレインストーミングのように、誰かの書き込みをきっかけに新たなアイデアが生まれることで議論が活性化します。

3.会議の結果を共有する(議事録の作成・共有)

会議の結果を共有する(議事録の作成・共有)

「伝わったはず」、「合意したはず」と思っても、実は相手が異なった解釈をしていた経験はありませんか?このようなトラブルを防ぐためにも、会議のアウトプットとして議事録を残すことが重要です。とはいっても、議事録作成は手間と時間がかかるものです。インタラクティブ ホワイトボードなら、ディスプレイの画面や書き込みを全て保存・メール送信できるので、会議の結果を簡単に共有できます。

4.遠隔会議で、離れた拠点のメンバーとコラボレーションを行う

遠隔会議で、離れた拠点のメンバーとコラボレーションを行う

いろいろな部門、時には海外メンバーが参加する会議もあります。しかし、このような会議は参加者の移動時間やコストがかかります。そのため、十分な情報共有ができないという声をよく聞きます。また、電話やメールだけでは十分に伝わらず、手戻りが発生することもあります。そんな時は、複数台のインタラクティブ ホワイトボードを使えば、離れた拠点とも資料や書き込みをリアルタイムで共有できます。

リコーのインタラクティブ
ホワイトボード(電子黒板)
の特長

大型ディスプレイとホワイトボードが一体となった、「映す」「書く」「保存」「共有」が簡単にできる新しいコラボレーションツールのRICOH Interactive Whiteboard。誰でも簡単に使える直感的なインターフェイスで、会議のコラボレーションを促進します。

  • POINT1 誰でもすぐに使える

    誰でもすぐに使える
    POINT1
    誰でもすぐに使える
    シンプルなユーザインタフェースで誰でも簡単に使えます。また、映像ケーブルをつなぐだけでパソコンの情報を映し、その上に自由に書き込むことができます。
  • POINT2 専用電子ペンですらすら書ける

    専用電子ペンですらすら書ける
    POINT2
    専用電子ペンですらすら書ける
    専用電子ペンを使えば、マーカーペンと同じような感覚で書き込むことができます。OCRやコピー&ペースト機能などを搭載し、スムーズに書き込みができます。
  • POINT3 保存&遠隔地と共有

    保存&遠隔地と共有
    POINT3
    保存&遠隔地と共有
    ディスプレイに書き込んだ内容をPDF保存やメール送信可能。また、複数台のインタラクティブ ホワイトボード同士で、離れた拠点と共有することもできます。
  • POINT4 万全のセキュリティ

    万全のセキュリティ
    POINT4
    万全のセキュリティ
    ホワイトリストに基づくセキュリティ方式を採用し、ウイルスなどの脅威に備えています。また保存ファイルの暗号化やメールアドレス制限など、セキュリティポリシーに合わせた運用も可能です。

製品詳細をみる

RICOH Interactive
Whiteboard 製品ラインアップ

RICOH Interactive Whiteboard 製品ラインアップ
55インチディスプレイ
RICOH Interactive Whiteboard D5510
65インチディスプレイ
RICOH Interactive Whiteboard D6500
84インチディスプレイ
RICOH Interactive Whiteboard D8400

商品見学、お見積依頼、製品に関する質問などお気軽にお問い合わせください。