このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地

Share

ここから本文です

安全にお使いいただくために

RICOH LED Mシリーズ

警告

  • ランプを取り付けたり取り外したりするときや清掃するときは、必ず電源を切ってください。感電や破損の原因になります。
  • 本製品の水洗い、分解、改造は絶対にしないでください。火災、感電、落下の原因になります。
  • 濡れた手で触れないでください。感電または故障の原因になります。
  • 紙や布でおおったり、燃えやすいものに近づけないでください。火災の原因になります。
  • 引火する危険性がある雰囲気(ガソリン、可燃性スプレー、シンナー、ラッカー、粉塵など)で設置しないでください。火災や爆発の原因になります。
  • 浴室など湿気が多い場所、水滴などのかかる場所には取り付けないでください。湿気や水滴による絶縁不良や感電の原因になります。
  • 工事不要方式で使用する場合、このランプを他社製のLEDランプ用に配線された一般蛍光灯器具や他社製のLEDランプ専用器具には取り付けないでください。誤って取り付けると、不点灯や感電、火災の原因になります。
  • AC直結方式で使用する場合、このランプを蛍光灯用に配線された一般蛍光灯器具や他社製のLEDランプ専用器具には取り付けないでください。誤って取り付けると、不点灯や感電、火災の原因になります。
  • 異常を感じたら速やかに電源を切ってください。
  • 照明器具の下には温度の高くなるもの(ストーブ、ガスレンジなど)を置かないでください。火炎の原因になります。

注意

  • 点灯中や消灯直後は、ランプが熱くなっているので手や肌などを触れないでください。やけどの原因になります。
  • ソケットに確実に取り付けてください。ランプの落下、接触不良による過熱、発煙の原因になります。
  • 落としたり、物をぶつけたり、無理な力を加えたり、傷をつけたりしないでください。破損するとけがの原因になります。
  • 塗料などを塗らないでください。ランプが加熱し、破損の原因になります。
  • 仕様に合った温度範囲、電圧、周波数でお使いください。
  • 本製品は屋内用です。屋外には取り付けないでください。
  • 密閉形器具や密閉に近い器具には取り付けないでください。
  • 調光、人感スイッチ、遅れ消灯スイッチには対応していません。各種調光装置などには取り付けないでください。故障の原因になります。
  • 酸などの腐食性雰囲気のところでは、一般器具によるランプの使用はしないでください。漏電や落下の原因になります。
  • 振動や衝撃のあるところでは、一般器具へランプを取り付けないでください。落下の原因になります。
  • 粉塵の多いところでは、一般器具へランプを取り付けないでください。器具の加熱の原因になります。
  • 2灯式の照明器具の場合、本製品以外のランプと混ぜて取り付けることはできません。必ず2本同時に交換してください。(※工事不要方式で使用する場合)
  • LEDランプを直視しないでください。目を痛める原因になります。

CLARTE Pシリーズ

警告

  • 本製品の水洗い、分解、改造は絶対にしないでください。火災、感電、落下の原因になります。
  • 風呂場など湿気が多い場所、水滴などのかかる場所では絶対に取り付けしないでください。
  • 照明器具の下には温度の高くなるもの(ストーブ、ガスレンジ等)を置かないでください。火災の恐れがあります。
  • 異常を感じたら速やかに電源を切ってください。
  • 濡れた手で触れないでください。感電または故障の原因となる恐れがあります。
  • 非常用照明器具および誘導灯に使用しないでください。非常電源切替時などに点灯しないときがあります。

注意

  • AC直結は対応しておりません。絶対に行わないでください。
  • 本製品は屋内用です。屋外への取り付けは行わないでください。
  • 密閉形器具や密閉に近い器具に取り付けしないでください。
  • 落としたり、物をぶつけたり、無理な力を加えたり、キズをつけたりしないでください。特に器具の清掃のときは、ご注意ください。破損した場合、ケガの原因となることがあります。
  • 引火する危険性がある雰囲気(ガソリン、可燃性スプレー、シンナー、ラッカー、粉じんなど)で使用しないでください。火災や爆発の原因となる場合があります。
  • 安定器に適合したランプを必ず使用してください。異なる方式のランプを取り付けた場合、加熱や発煙の原因となることがあります。
  • 点灯中や点灯直後は、ランプが熱いので手や肌などを触れないでください。ヤケドの原因となることがあります。
  • ソケットおよびランプホルダに確実に取り付けてください。ランプの落下、接触不良による過熱、発煙の原因となることがあります。
  • 紙や布でおおったり、燃えやすいものに近づけないでください。火災の原因となることがあります。
  • 酸などの腐食性雰囲気のところでは、一般器具によるランプの使用はしないでください。漏電や落下の原因となることがあります。
  • 振動や衝撃のあるところでは、一般器具によるランプの使用はしないでください。落下の原因となることがあります。
  • 塗料などを塗らないでください。ランプが加熱し、破損の原因となることがあります。
  • 粉じんの多いところでは一般器具によるランプの使用はしないでください。器具の加熱の原因となることがあります。