このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu

「こんなときは?」《DVD編》

「DVDレコーダー」でこんなときは?

<現 象>
DVDレコーダーで録画を行おうとしているのですが、録画ができません。

<確 認> その1

ご使用のDVDレコーダーは、録画を行おうとしているDVDメディアの規格に対応しているか確認しましょう。

DVDメディアの規格には、DVD+R、DVD-R、DVD+RW、DVD-RW などの種類があります。
DVDレコーダーの取扱い説明書に、使用可能なDVDメディアの種類が記載されていますのでご確認をお願いします。

関連情報
DVD+RメディアとDVD-Rメディアの違いについて
DVD+RWメディアとDVD-RWメディアの違いについて

<確 認> その2

DVD-Rメディアをご使用の場合、DVDレコーダーがDVD-Rメディアに対応していても、8倍速のDVD-Rメディアの規格には対応していない機種があります。


DVDレコーダーが8倍速のDVD-Rメディアに対応していない場合は、8倍速より低い記録速度のDVD-Rメディアが必要となります。
念のため、DVDレコーダーのメーカーにご確認ください。下記の情報もご確認ください。

関連情報
8倍速のDVD-Rメディアに対応していないDVDレコーダー
 
<確 認> その3

録画(ダビング)を行おうとしているのは、地上波デジタル放送や衛星デジタル放送の番組ではありませんか。
この場合は、「CPRM」対応のDVDメディアが必要となります。


地上波デジタル放送や衛星デジタル放送の番組、また、ケーブルテレビの一部の番組が著作権保護対象となっています。これらの番組のうち、一回だけ録画が許可されている場合、ハードディスクからDVDメディアに内容を移すことができます。このとき必要となるのが、CPRM対応のDVDメディアです。

関連情報
CPRMについて
<確 認> その4

DVDレコーダーの性能向上のため、「ファームウェア」が提供されています。「ファームウェア」関連の情報が各DVDレコーダーメーカーのWebサイトにて掲載されていますので、ご確認ください。


関連情報
ファームウェアについて
レコーダーメーカーのファームウェアダウンロード先リンク情報

 

ページトップへ