このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地

Share

ここから本文です

リコープリペイドICカード R/W CB10

特長3: 運用に応じた多彩な機能

1台のICカードR/Wで即時課金と後精算(経費振替)が実現可能

ICカードでのポイント減算による即時課金に加え、ログ集計による後精算(経費振替)にも対応できます。例えば、ICカード区分を判別し、学生は即時課金、教職員は後精算(経費振替)といった併用運用を1台のICカードR/Wで実現します。また、ICカードR/W本体に取引ログを蓄積できるので、POSレジなど上位システムとの連携も円滑に行なえます。

即時課金と後精算(経費振替)

上限管理システムとしての運用も可能

課金運用以外にも、完全性の高い上限管理機能として利用可能です。あらかじめ、カラー、モノクロ等の料金設定を利用可能度数と考えれば、カード自体に上限値を度数として書き込むことになり、完全性の高い上限管理機能としての運用が可能。機器の上限管理機能のように1台限定ではなく、また、ソフトウエアでの上限管理のようなタイムラグもありません。

上限管理システム

購入をご検討中のお客様へ