このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地
ここから本文です

ランサムウェア「WannaCry」によるリコー製複写機/複合機への影響と対応方法

1. SMBv1の無効化による影響

リコー製複写機/複合機においては、「WannaCry」に関する脆弱性がないことを確認しております。
ただしマイクロソフト社によるWannaCryへの対応策では、コンピューターへのセキュリティー更新プログラムのインストールとともに追加の保護策としてSMBv1の無効化が案内されています。
「SMBv1を無効にする」設定を通信先であるパソコンやサーバー側で実施した場合、複合機でもSMBv1を使用した通信ができなくなります。

2. SMBv3のサポート予定製品

無効化による影響はSMBv3に対応することで回避できます。
SMBv3へのサポート予定製品は以下になります。
詳細につきましてはカスタマーエンジニアへお問い合わせください。

RICOH MP C8003/C6503シリーズ、RICOH MP C8002/C6502シリーズ
RICOH MP C6004/C5504/C4504/C3504/C3004/C2504シリーズ
RICOH MP C6003/C5503/C4503/C3503/C3003/C2503/C1803シリーズ
RICOH MP C307シリーズ、RICOH MP C306シリーズ
RICOH MP 9003/7503/6503シリーズ
RICOH MP 6055/5055/4055/3555/2555シリーズ
RICOH MP 6054/5054/4054/3554/2554シリーズ
RICOH MP 3353/2553シリーズ、RICOH MP 1601/1301シリーズ
RICOH MP 401 SPF、RICOH MP 305+ SPF
RICOH MP CW2201/CW1201シリーズ
RICOH MP W8140/W7100シリーズ、RICOH MP W6700 SP
RICOH MP W4002シリーズ

3. SMBv1の無効化による影響を受ける機能と対応方法

上記サポート予定製品以外のリコー製複写機/複合機への影響と対応方法は下記をご参照ください。

SMBv1無効化で影響を受ける機能

送信先のパソコンでSMBv1を無効化した場合、下記機能が利用不可となります。

(1)スキャンtoフォルダー機能
スキャンした文書をネットワーク上の共有フォルダー(SMB)やFTPサーバーに直接保存・送信する機能

(2)受信ファクス文書フォルダー転送機能
ファクス受信文書をパソコンのフォルダーへ転送する機能

(3)ファクス送信文書のバックアップ機能

(4)スキャナー蓄積文書のフォルダー送信

(5)Windows® 認証

(6)SMB印刷

対応方法

(1)スキャンtoフォルダーの代替機能について

<スキャンtoハードディスク(ドキュメントボックス蓄積)>
スキャンした文書をドキュメントボックスへ蓄積し、Web Image Monitorで引き取ることができます。

<スキャンto URL>
スキャンした文書をハードディスクに蓄積した上で、Web Image MonitorでダウンロードするためのURLをEメールで送信できます。

<スキャン to E-Mail>
スキャンした文書をEメールの宛先に直接送信できます。

<スキャンtoメディア>
スキャンデータをUSBメモリーやSDカードに直接保存できます。

<スキャンtoフォルダーのプロトコル変更>
スキャナー(パソコン/サーバー保存)の転送プロトコルをFTPに変更する。
保存先のパソコン/サーバーがFTPサーバーとして動作している必要があります。

(2)受信ファクスフォルダー転送代替機能

ファクス受信文書のドキュメントボックス蓄積を利用する。
複合機内に蓄積された文書をWeb Image Monitorで引き取ることができます。

(3)ファクス送信文書のバックアップ機能

ファクスの送信設定時に「送信+蓄積」設定。ドキュメントボックス蓄積を利用し複合機内に蓄積させることができます。

(4)スキャナー蓄積文書のフォルダー送信

蓄積した文書のメール送信機能を利用する。
・スキャンto URLもしくはスキャン to E-Mail機能を利用する。
・蓄積された文書の転送プロトコルをFTPに変更する方法。
(保存先のパソコン/サーバーがFTPサーバーとして動作している必要があります。)

(5)Windows® 認証の代替手段

LDAP認証を利用する。

(6)SMB印刷の代替手段

OS標準のStandard TCP/IP Port(LPR/Port9100)等を使用する。

4. 本件に関するお問い合わせ先

リコーテクニカルコールセンター

フリーダイヤル0120-892-1(イチ)1(イチ)1(イチ)

受付時間:平日(月~金) 9時~17時(祝祭日、当社休業日を除く)

お問い合わせの前に
*お問い合わせの内容・発信者番号は対応状況の確認と対応品質の向上のため、録音・記録をさせていただいております。