このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
ここから本文です

RICOH DD 6650P

特長1: 高画質

この美しさが、600dpiクオリティ。リコーならではの技術が実現する、高画質。

3層構造の独自開発マスター

強度を保つ「和紙」とインキが通る孔を開ける「フィルム」の間に、インキを均等に拡散させる高密度の樹脂層をプラスした3層構造のサテリオマスターを採用。写真画質のなめらかな再現性、ベタの均一性を大きく向上させました。

画像:3層構造の独自開発マスター
  • *SatelioシリーズおよびRICOH DD 6650Pは共通のマスターとなります。

エアー排紙機能

安定した用紙排出を追求。エアーの吹きかけと排紙爪によりドラムからの用紙分離をしやすくし、巻き上がりなどを抑止。排紙がスムーズに行なえるようにしています。

画像:エアー排紙機能

分離パッド切替機構

操作パネルからの用紙種類選択により、標準紙用と厚紙/薄紙/特殊紙用の2種類の分離パッドが自動的に切り替わります。分離圧を変更することで給紙性能を向上。紙詰まりや先端めくれ、重送・連送を防止し、さまざまな用紙種類に対応します。

画像:分離パッド切替機構

リトライ給紙機能

用紙が上手く搬送されない場合に再度給紙動作を行なう「リトライ給紙機能」を搭載。更紙や再生紙のような腰の弱い紙もスムーズに通紙します。

リアル600dpiの高解像度入出力

リコー独自の画像処理技術、超微細サーマルヘッドの採用により、600dpiの高解像度入出力を実現。小さな文字や細線もハッキリと見やすく、写真などのグラデーションも鮮やかに再現できます。

画像:リアル600dpiの高解像度入出力
* 当社従来600dpi機(Priport)
※ 画像はイメージです。実際とは異なる場合があります。

重送検知機能

一度に複数枚の用紙を給紙した場合に、プリントを停止。白紙検品などの作業の手間を省けます。用紙先端部を光学式重送検知で監視し、さらに用紙長さ検知を採用することで、精度を向上させました。

画像:重送検知機能

画質を安定させる機能を搭載

一定時間経過後にインキののりを自動調整する機能と、温度や印刷速度の変化による画像濃度のムラを低減させるプレスコントロール機能により、画像立ち上がりを向上。用紙や版のムダを減らします。

画像:画質を安定させる機能を搭載

用紙の搬送精度を大幅に向上

用紙の先端をくわえてプリントする「ペーパークランプ搬送」の精度を向上。用紙搬送時のズレを防止します。

画像:用紙の搬送精度を大幅に向上

NetRICOHオンライン購入

NetRICOHでは、リコー商品、各種消耗品などをインターネットでご注文いただけます。

NetRICOH オンライン購入