このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
ここから本文です

RICOH Pro 8220S/8210S/8200S

特長9: 印刷物の取り違えなどを抑止する多彩なセキュリティ機能。

リコー 個人認証システム AE2(オプション)

非接触ICカード「FeliCa」「MIFARE」「eLWISE」を用いた個人認証により、印刷物の取り間違えや取り忘れを抑止するオンデマンド出力が可能。また機器の利用制限をすることもできます。

リコー カンタン私書箱プリント AE2(別売)

印刷文書をいったん本体のハードディスクに蓄積し、タッチパネルの画面上で内容を確認してから印刷することができます。印刷文書は、利用者それぞれの「私書箱」に自動的に分けて蓄積されますので、管理の手間をかけることなく、ミスプリントや印刷物の取り違え/混入/放置を防げます。

画像:リコー カンタン私書箱プリント AE2(別売)

Embedded Software Architecture
  • 各Embedded Software Architectureアプリケーションの対応状況および詳細については、販売担当者にご確認ください。

便利な機密印刷/保存印刷

パソコンで作成した文書を本体のハードディスクに蓄積できます。蓄積文書はカラーからモノクロへの変更や片面/両面印刷の切り替えなど、パソコンで設定した印刷条件を操作画面上で変更可能。また、印刷文書を必ずプリンターに蓄積してから操作画面上で再印刷指示する設定も行なえます。

1機密印刷機能

パスワードを指定して印刷するため、機密文書を他人に見られることなく出力できます。

2保存印刷機能

後処理も含めた印刷ジョブを保存しておくことで、フィニッシャーを活用した冊子の再印刷などを手軽に行なうことができます。