このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
ここから本文です

RICOH Pro C7110S/C7110/C7100S

特長2: 「できる」ことが増えると、チャンスは飛躍的に広がる。

多彩な用紙で、提案力の高い印刷物を。

普通紙、コート紙、凹凸紙など、さまざまな用紙種類、用紙厚に対応する技術により、卓上カレンダーや立体POP、リーフレット、飲食店のメニューなど、多彩な印刷物を出力できます。

画像:多彩な用紙で、提案力の高い印刷物を。

AC転写技術で凹部への転写性が向上

凹凸紙への転写性を向上させたAC転写技術を採用。凹凸紙に出力する際に、AC転写方式を加えることで凹部への高い転写性を実現しています。

弾性定着ベルトを採用し、凹凸紙への定着性が向上

定着ベルトの弾性層を肉厚化し、これまで定着し切れなかった凹部の隙間にも定着ベルトが追従。定着に必要な圧や熱が用紙に均一にかかり、高い定着性を実現しています。

紙種・紙厚に適したプリントスピードを選択可能

52.3~360g/m²の幅広い紙厚に対応。高速出力では十分なトナー定着が得られない場合、紙種・紙厚に適したプリントスピードを選択することが可能です。トナー剥がれを防止し、高品質な印刷を実現します。

ページトップへ

封筒への印刷も高品質に。

部位によって厚みの違う用紙や薄い用紙でも、シワを抑えて出力可能。オリジナル封筒の作成など、小ロットから封筒印刷ができます。

画像:封筒への印刷も高品質に。

用紙の厚みに応じて切り換える定着部圧力調整機構

封筒通紙時のシワを低減するために、定着ベルトと加圧ローラーの接触幅(ニップ幅)を切り替えることで定着部の圧力を調整できるようになりました。封筒通紙時には接触幅を狭くすることで、封筒対応力を向上させています。

ページトップへ

スペシャルカラーで付加価値の高い印刷物を。

ホワイト印刷やクリア印刷などが可能となる5色目トナーに対応しました。透明紙や濃色紙などを使用した新しい表現が可能となります。

  • ホワイトトナーまたはクリアトナー、ネオンイエロートナー、ネオンピンクトナーを使用するためには、以下のいずれかのオプションの組み合わせが必要です。カラーコントローラー E-43A及びEFIスペシャルカラー対応キット タイプS3及びスペシャルカラー拡張キット タイプS3または、TotalFlowプリントサーバー R-61A及びスペシャルカラー拡張キット タイプS3

画像:スペシャルカラーで付加価値の高い印刷物を。

豊かな表現力を可能にするホワイトトナー

プロセスカラーでは難しかった濃色紙や透明紙上での表現力が飛躍的に向上します。トナーはオフセットインキに比べ隠蔽性が高く、一度刷りでも鮮やかに。試し刷りから本印刷までより手軽に印刷が可能です。

  • オフセットインキの種類、量、用紙の色などの条件により見え方が異なります。

● 従来のオフセット印刷に比べ、鮮明なホワイト表現が可能

● ホワイトトナーにより、さらに魅力的なデザインが可能

見る角度、光の反射で様々な表情を演出可能にするクリアトナー

印刷面全体に光沢感を与え高級感を出したり、スポット光沢で印刷面を部分的に強調したりすることが可能です。透明性の高さを活かして偽造抑止効果を備えたセキュリティ性の高い印刷物も制作できます。

スペシャルカラートナーの交換を可能にする
スペシャルカラー交換キット タイプS3(オプション)

RICOH Pro C7100Sシリーズ1台でホワイトトナーとクリアトナー、ネオンイエロートナー、ネオンピンクトナーの各色が使用できるようになります。お客様からの注文に応じて色を使い分けることで効率的な活用が可能です。

  • スペシャルカラー1色追加ごとにスペシャルカラー交換キット タイプS3が1つ必要となります。

ページトップへ

はがきから長尺用紙まで、多様な表現を。

ダイレクトメールから長尺の店頭バナーやポスターまで、さまざまな用紙サイズに出力可能。顧客のニーズに応える豊富な印刷物をこの一台で出力できます。

画像:はがきから長尺用紙まで、多様な表現を。

幅広い用紙サイズに対応

用紙サイズは100×139.7mm*1から330.2×487.7mm*1まで対応。郵便はがき*2からA3フルトンボまで出力可能です。さらに、最大330.2×700mm*3までの長尺用紙にも対応し、店頭バナー等も出力可能となります。

  • *1オプションのA3LCT RT5090、エアピック式A3LCT RT5100、リコー 手差しトレイ BY5010いずれか装着時。
  • *2郵便はがきサイズは100×148mmです。
  • *3オプションのA3LCT長尺用紙拡張キット タイプS3または手差しトレイ長尺用紙給紙ガイド タイプS3装着時。

ページトップへ

さまざまは技術が、用紙対応力を下支え。

白紙混入を抑え、検品作業の手間を軽減。さらに用紙のカールを抑えることで後加工適正を高めます。

優れた用紙搬送を実現するエアピック式給紙方式を採用

エアピック式A3LCT RT5100では左右からのエアアシスト給紙によるさばき効果に加え、新たに用紙上面をエアで1枚ずつ吸着することにより密着しやすいコート紙やアート紙の用紙搬送がよりスムーズに行えます。重送(多枚送り)や不給紙の発生を低減し、大量印刷時においても、優れた用紙搬送を実現します。

  • A3LCT RT5090はエアアシスト給紙のみ対応しています。

画像:優れた用紙搬送を実現するエアピック式給紙方式を採用

白紙の混在を抑制する重送検知機構

短納期対応が求められるプリントビジネスにおいて、最も時間がかかるのが検品作業です。この検品作業を実施する理由の一つに、白紙の混入防止があります。重送検知機構は、用紙の透過光を検出することにより、重送による白紙の混入を軽減。面倒な検品の手間を省くことで、業務の効率化および生産性の向上を実現します。

出力用紙のカールを矯正するデカーラ機構

プリントされた用紙のカールを適切に矯正します。フェースカールとバックカール、どちらの矯正も可能。排紙される用紙の矯正方向や矯正量は、タッチパネル上で調整でき、高品質な仕上がりをサポートします。