はじめにお読みください (README.HTM)

RICOH TotalFlow E-Report Manager - Writer-E02 (CD-R Auto Writer)        
RICOH TotalFlow E-Report Manager - Writer-E03 (CD-R Auto Writer with Viewer)
Version 1.0.3.0

2016年3月


「RICOH TotalFlow E-Report Manager - Writer-E02 (CD-R Auto Writer)」、または「RICOH TotalFlow E-Report Manager - Writer-E03 (CD-R Auto Writer with Viewer)」をご利用いただきありがとうございます。

「RICOH TotalFlow E-Report Manager - Writer-E03 (CD-R Auto Writer with Viewer)」(以下「TotalFlow-ER CD-R Auto Writer with Viewer」、「CD-R Auto Writer with Viewer」)には、
「RICOH TotalFlow E-Report Manager - Writer-E02 (CD-R Auto Writer) (以下「TotalFlow-ER CD-R Auto Writer」、「CD-R Auto Writer」)と
「RICOH TotalFlow E-Report Manager - Extension-E02 (ER Local Viewer) (以下「TotalFlow-ER Local Viewer」、「ER Local Viewer」)が同梱されています。

本READMEファイルには、「CD-R Auto Writer」に関して、本バージョンにおける変更点、プログラムの導入手順、マニュアルについて記載されています。「CD-R Auto Writer」をご使用になる前にご一読くださるようお願いいたします。


TotalFlow-ER CD-R Auto Writer Version 1.0.3.0 での制限事項


TotalFlow-ER CD-R Auto Writer Version 1.0.3.0 での変更点

V1.0.2.0 からの変更点は、以下のとおりです。

TotalFlow-ER CD-R Auto Writer Version 1.0.2.0 での変更点

V1.0.0.0 からの変更点は、以下のとおりです。

TotalFlow-ER CD-R Auto Writer Version 1.0.0.0 での変更点

WPM CD-R Auto Writer V3.2 からの変更点は、以下のとおりです。


WPM CD-R Auto Writer V3.2 までの変更点については README_WPM.htm をご参照ください。


導入方法 - 初めて導入する場合

CD-R Auto Writer の導入手順を示します。

  1. CD-ROMドライブに「RICOH TotalFlow E-Report Manager - Writer-E02 (CD-R Auto Writer)」のCD-ROMをセットします。
  2. CD-ROM中の「ER_BKCD」ディレクトリーの「install.exe」を実行します。
  3. インストーラーの指示にしたがい、CD-R Auto Writer の導入を行います。

導入方法 - 更新する場合

本バージョン「V1.0.3.0」は、以下の製品を更新することができます。

CD-R Auto Writer の更新手順を示します。

  1. CD-R Auto Writer を起動している場合は、終了します。
  2. 下記の「更新されたファイル」に記載されているファイルのバックアップを行います。
  3. CD-ROMドライブに「RICOH TotalFlow E-Report Manager - Writer-E02 (CD-R Auto Writer)」のCD-ROMをセットします。
  4. CD-ROM中の「ER_BKCD」ディレクトリーの「install.exe」を実行します。
  5. インストーラーの指示にしたがい、CD-R Auto Writer の導入を行います。(*1)
  6. すでに導入されている CD-R Auto Writer が「V1.0.3.0」に更新されます。

(*1) 「インストール前の要約」パネルで [インストール] ボタンを押して導入が開始された後に、「インストール中」パネルで [キャンセル] ボタンを押すと、更新版だけでなく、既に導入されていた「RICOH TotalFlow E-Report Manager - Writer-E02 (CD-R Auto Writer)」全体が削除されます。


WPMから移行する場合

WPM CD-R Auto Writer から TotalFlow-ER CD-R Auto Writer にバージョンアップする場合、マニュアルの「移行について」をご参照ください。


更新されたファイル

次のファイルが更新・追加されました。

更新された WPMREG.zip 中のファイル


確認方法

  1. CD-R Auto Writerを起動します。
  2. タスクトレイに表示されるアイコンを選択した時に表示されるポップアップ・メニューから [製品情報] を選択して表示されるバージョン情報に、次のバージョンが表示されます。

削除方法 - プログラムを削除する場合

導入されたプログラムの削除を行う(*2)には、「コントロールパネル」の「プログラムと機能」より、「RICOH TotalFlow E-Report Manager - Writer-E02 (CD-R Auto Writer)」を選択して「アンインストールと変更」ボタンを押します。
(*2)インストーラーが導入したファイルは、その後変更されていても、削除されます。削除されないファイルは、導入後に作成されたファイルです。必要に応じてバックアップを取っておくことをお薦めします。

削除方法 - 更新前のバージョンに戻す場合

「RICOH TotalFlow E-Report Manager - Writer-E02 (CD-R Auto Writer)」の古いバージョンを本バージョンに更新した場合、バックアップした更新前のファイルを元の場所へ戻せば、機能的には本バージョンへの更新前の状態に戻ります。しかし、システム上のバージョンは戻りませんので、本バージョンを再度導入することはできません。


TotalFlow-ER CD-R Auto Writer with Viewer について

CD-R Auto Writer with Viewerをご使用の場合、ER Local ViewerをCD-R内に同梱して作成することができます。

ER Local Viewerを導入すると、導入ディレクトリーの下の「CD-R」ディレクトリーにCD-R専用のER Local Viewer実行ファイルおよびドキュメントがインストールされます。CD-R作成前に、このディレクトリーにある「wpmweb.jar」ファイルをCD-R Auto Writerの導入ディレクトリーにコピーしておいてください。


マニュアルについて

CD-R Auto Writerでは、以下のマニュアルをPDFファイルとして同梱しています。

「ユーザーズ・ガイド」は、CD-R Auto Writer に関して詳細に説明するものです。この中には、 セキュリティーに関する記述がありますので、エンド・ユーザーがアクセスできない場所で管理することをお薦めします。

また、ER Local Viewer付きの「RICOH TotalFlow E-Report Manager - Writer-E03 (CD-R Auto Writer with Viewer)」の場合には、ER Local Viewerの導入ディレクトリーの下の「CD-R」ディレクトリーに、以下のマニュアルをPDFファイルとして同梱しています。

このマニュアルでは、CD内の帳票に対して表示・印刷・検索等が行えるER Local Viewerについて詳しく説明しています。

CD-R Auto Writerをお使いいただく前に、マニュアルを必ずお読みくださるようにお願いします。


サンプルについて

本製品では、「SAMPLE」ディレクトリーに、エキスパートマグネティック社製CD-Rライター(CS-100XまたはCVC-200X)およびRimage社製CD-Rライターを使用したラベル印刷時のための印刷定義ファイルのサンプルが同梱されています。
サンプルの導入には、インストール時に「インストールセットの選択」のダイアログボックスで [サンプルファイル] のチェックを有効にして導入を行ってください。
各ファイルの詳細については、「SAMPLE」ディレクトリー内の「READ_SKT.TXT」を参照してください。


以上