はじめにお読みください (README.HTM)

RICOH TotalFlow E-Report Manager - Connector-E01 (AFP Emulator for Web) : Version 1.0.3.0

2016年3月


「RICOH TotalFlow E-Report Manager - Connector-E01 (AFP Emulator for Web)」(以下「TotalFlow-ER AFP Emulator for Web」、「AFP Emulator for Web」)をご利用いただきありがとうございます。

本READMEファイルには、本バージョンにおける変更点、プログラムの導入手順、マニュアルについて記載されています。「AFP Emulator for Web」をご使用になる前にご一読くださるようお願いいたします。


TotalFlow-ER AFP Emulator for Web Version 1.0.3.0 での変更点

V1.0.2.0 からの変更点は、以下のとおりです。

TotalFlow-ER AFP Emulator for Web Version 1.0.2.0 での変更点

V1.0.0.0 からの変更点は、以下のとおりです。

TotalFlow-ER AFP Emulator for Web Version 1.0.0.0 での変更点

WPM AFP Emulator for Web V3.2 FixPack 2 からの変更点は、以下のとおりです。


WPM AFP Emulator for Web V3.2 FixPack 2 までの変更点については README_WPM.htm をご参照ください。


導入方法 - 初めて導入する場合

AFP Emulator for Web の導入手順を示します。

  1. CD-ROMドライブに「RICOH TotalFlow E-Report Manager - Connector-E01 (AFP Emulator for Web)」のCD-ROMをセットします。
  2. CD-ROM中の「ERAFPWEB」ディレクトリーの「install.exe」を実行します。
  3. インストーラーの指示にしたがい、AFP Emulator for Web の導入を行います。

AFP Emulator for Web は、指定されたドライブ下の「WPMEMWEB」ディレクトリーに導入されます。

導入方法 - 更新する場合

本バージョン「V1.0.3.0」は、以下の製品を更新することができます。

AFP Emulator for Web の更新手順を示します。

  1. AFPエミュレーター(wpmwafp.exe)を停止します。
  2. Windowsのサービスで「ER AFP Server」を停止します。
  3. 下記の「更新されたファイル」に記載されているファイルのバックアップを行います。
  4. CD-ROMドライブに「RICOH TotalFlow E-Report Manager - Connector-E01 (AFP Emulator for Web)」のCD-ROMをセットします。
  5. CD-ROM中の「ERAFPWEB」ディレクトリーの「install.exe」を実行します。
  6. インストーラーの指示にしたがい、AFP Emulator for Web の導入を行います。(*1)
  7. すでに導入されている AFP Emulator for Web が「V1.0.3.0」に更新されます。

(*1) 「インストール前の要約」パネルで [インストール] ボタンを押して導入が開始された後に、「インストール中」パネルで [キャンセル] ボタンを押すと、更新版だけでなく、既に導入されていた「RICOH TotalFlow E-Report Manager - Connector-E01 (AFP Emulator for Web)」全体が削除されます。


WPMから移行する場合

WPM AFP Emulator for Web から TotalFlow-ER AFP Emulator for Web にバージョンアップする場合、『ユーザーズ・ガイド』の「移行について」の章をご参照ください。


更新されたファイル

次のファイルが更新されました。

デジタル署名の更新

本バージョンで更新された実行ファイルは、デジタル署名(電子証明書)が更新されました。
コンソール画面のJavaアプレットについては、更新前の設定などによっては、更新後に確認ダイアログボックスが表示されることがあります。


確認方法

  1. Windowsのサービスで「ER AFP Server」を開始し、Console Serverを起動します。
  2. Webブラウザーで、コンソール画面(Console Serverのクライアント画面)を表示します。
  3. 画面の右下の「バージョン」ボタンを押して表示されるバージョン情報に、次のバージョンが表示されます。

削除方法 - プログラムを削除する場合

導入されたプログラムの削除を行う(*2)には、「コントロールパネル」の「プログラムと機能」より、「RICOH TotalFlow E-Report Manager - Connector-E01 (AFP Emulator for Web)」を選択して「アンインストールと変更」ボタンを押します。
インストーラーが導入したファイルは、その後変更されていても、削除されます。削除されないファイルは、導入後に作成されたファイルです。
必要に応じて、これらのファイルのバックアップを取っておくことをお薦めします。

(*2) 削除を行う前に、スタートメニューから [RICOH TotalFlow E-Report Manager] - [AFP Emulator for Web] - [サービスからの削除] を実行してください。これにより、サービスから「ER AFP Server」が削除されます。

削除方法 - 更新前のバージョンに戻す場合

「RICOH TotalFlow E-Report Manager - Connector-E01 (AFP Emulator for Web)」の古いバージョンを本バージョンに更新した場合、バックアップした更新前のファイルを元の場所へ戻せば、機能的には本バージョンへの更新前の状態に戻ります。しかし、システム上のバージョンは戻りませんので、本バージョンを再度導入することはできません。
(作業は「ER AFP Server」を停止した状態で行ってください。)


マニュアルについて

AFP Emulator for Web では、以下のマニュアルをPDFファイルとして同梱しています。

「ユーザーズ・ガイド」では、AFP Emulator for Web 全般についてだけでなく、ホスト環境のセットアップについても説明しています。
また、セキュリティーに関する記述がありますので、エンド・ユーザーがアクセスできない場所で管理することをお薦めします。
AFP Emulator for Web をお使いいただく前に、必ずお読みくださるようにお願いします。


以上