このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
ここから本文です

RICOH ProcessDirector

  • ホット・フォルダー(ファイル・コピー用ディレクトリー)、LPR、IBM®社z/OS®ホスト(Download for z/OS、AFP Download Plusというデータ転送の仕組み)より、印刷用ファイルを受信
  • 印刷ジョブの管理
  • 印刷ジョブの分割、ソート、グルーピング等のオペレーター作業を考慮したジョブの最適化(配送単位等、人手による仕分けワーク削減)
  • セパレーター(スタート・シート、エンド・シート)や封筒単位での管理用バーコードの付加
  • 納品遅延を防止するために、プリント・ジョブの進捗を各工程ごとに管理、記録(SLA管理)
  • 封入封緘機との連携(封入封緘処理状況の一元管理、破損した封筒データの再プリント)
  • 帳票の余白部分にテキストやイメージの追加(マーケティング・メッセージ等に利用)
  • PostScript®、PDF、PCL、SAPデータをAFPデータに変換し、双方向通信で信頼性の高いAFPプリンターへの印刷
  • 電子帳票管理ソフトウェア TotalFlow E-Report Manager,WPM用に帳票管理情報を付加
  • 通単位で印刷物を自動検証し、必要に応じて再プリントファイルを作成
  • 事前に設定した最終期限(デッドライン)に対し、遅延が見込まれる場合に通知
  • 検索するために使用したい出力データをアーカイブ
  • お客様の要望する出力方法を選択可能(電子メール出力)
  • アーカイブされた出力データをWeb経由で検索、表示、ダウンロード(Webアプリケーションとの連携)
  • プレ印刷用紙の廃止、削減が可能(プレ印刷用紙を電子化して置換)

*各機能を実現するには、オプション機能の選択、システム開発等が必要になります。

ページトップへ

ビジュアル・ワークフロー

V3ではワークフロー(前バージョンまでの名称はジョブ・タイプ)を設計するワークフローエディターが視覚化されました。各ステップはアイコン化され、ドラック&ドロップで、ステップの順序を確認しながら、条件処理を設定した設計が可能です。

V3.6の主な新機能

基本性能の主な追加、拡張

  • 新しいユーザー・インターフェースの提供(V3.5より継続)
  • ステップ・テンプレートの追加、拡張
  • 機能強化したワークフローのサポート
  • ドキュメント処理機能の強化
  • RICOH Pro VC60000で使用インク量と種類を収集する機能
  • プリファレンス管理機能が基本機能へ統合され無償化
  • OS環境対応 等

新・有償機能オプションおよび有償機能オプションの強化

  • プレ印刷用紙リプレース機能 NEW
  • PDFドキュメントサポート
  • AFPサポート
  • レポート
  • アーカイブ(電子プレゼントメント機能が統合)

画像:V3.6の主な新機

主な機能(オプション機能を含む)

余白部分へのプロモーションメッセージが付与できます。

画像:余白部分へのプロモーションメッセージが付与できます。

帳票の余白部分を自動的に検知し、個々の印刷物に効果的なデータを配置し印刷できます。

請求書等をジョブ単位ではなく、通単位での管理が可能です。

索引付けの実施 → ジョブ単位ではなく、通単位での管理実現

画像:請求書等をジョブ単位ではなく、通単位での管理が可能です。

印刷データを変更することなく、プリント前処理で仕分け処理用データを挿入できます。
そのデータにより、仕分け処理の負荷やミスを削減でき、また、配送前の郵便物の区分けによる郵送コスト削減を図れます。

索引を利用した分割、ソート → 重量や郵便番号にて並び替え

画像:索引を利用した分割、ソート → 重量や郵便番号にて並び替え

プリント物に管理番号やバーコードを付加することにより、生産管理の品質管理能力を向上します。

管理番号やバーコードの付加 → 生産管理の品質を向上
(印刷データとして作成された後でも、バーコードのデータが挿入できます。)

受託時のデータ

画像:受託時のデータ

生産管理用に情報付加

画像:生産管理用に情報付加

プリント・データに含まれているOMRを、処理する封入封緘機の仕様に合わせて編集可能です。

OMRの編集 → 既存の封入封緘機に合わせて変更

画像:OMRの編集 → 既存の封入封緘機に合わせて変更

  • OMR:光学式マーク認識(Optical Mark Reading)

再プリント対象データをバーコード読取りで抽出し、再プリント用のジョブを生成できます。

再印刷用ジョブの生成 → 必要部分のみを容易に抽出

画像:再印刷用ジョブの生成 → 必要部分のみを容易に抽出 *バーコード読取りはシステム開発が必要です

自動検証の実施*1*2

通単位で印刷物を自動検証し、必要に応じて再プリントファイルを作成します。

画像:再印刷用ジョブの生成 → 必要部分のみを容易に抽出 *バーコード読取りはシステム開発が必要です

マルチチャネル出力への対応*1*2

データ抽出、Webアプリ、電子メール、PDF 等への連携・展開ができます。

画像:マルチチャネル出力への対応

プレ印刷用紙の置換えNEW

プレ印刷用紙を電子フォームと汎用用紙に切り替えられます。

画像:プレ印刷用紙の置換え

  • *1オプション機能
  • *2システム開発が必要です
  • 表示画面および印刷帳票の出力例がある場合、特に断り書きのない出力例のデータ部分はすべて架空のものです。
  • AFPデータに対応するには、AFPサポート・オプションが必要です。