このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地

Share

ここから本文です

ユーザー定義用紙サイズの設定方法-WindowsNT/2000/XP

Windows95/98/Meと、WindowsNT/2000/XPではユーザー定義用紙サイズの登録方法が、全く異なっています。 Windows95/98/Meでは、各プリンター・プロパティ上で定義しましたが、WindowsNT/2000/XPではプリンターWindowで、各プリンター共通で設定します。この手順は、Windowsの仕様で決まっているものなので、当社に限らずプリンター共通のものとなります。

1. [スタート]→[設定]→[プリンタ]と選択して、プリンターWindowを開きます。

プリンタWindow

2. [ファイル]→[サーバーのプロパティ]と選択して、サーバーのプロパティWindowを開きます。

サーバーのプロパティ画面

3.「新しい用紙を作成する」にチェックを入れ、下方で用紙の縦横のサイズと余白を、ミリ単位、またはセンチ単位で入力します。

4. 「用紙の説明」に独自の名称を入力します。これが用紙サイズ名になります。その後、「用紙の保存」ボタンを押してから、「閉じる」ボタンを押します。

  • 「閉じる」ボタンを押す前に、「用紙の保存」ボタンを押すことを忘れないように注意してください。押し忘れると保存されません。

新しい用紙を作成する画面

以上の操作によって、新しい用紙サイズ名が、登録されている全てのプリンター・プロパティ上に出てくるようになります。これがWindows95/98/Meでは、各プリンター・ドライバー毎に用紙サイズを登録する必要があった点と大きく異なる点です。