このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地

Share

ここから本文です

Windows2000/XP用プリンター・ドライバーの導入と削除

以下は、Webサイトよりダウンロードできるプリンタードライバーを解凍して、Windows2000/XP環境でインストールを行う方法、またインストールされたプリンタードライバーをシステムから削除する方法について解説したものです。

ドライバー ダウンロード

※前提条件・注意点

  • ドライバーをインストールする前に、Windowsには予め適切なServicePackを適用して下さい。
  • ドライバーのインストール・削除を繰り返すと、システムが不安定になる場合がありますので、これらの作業は慎重に行って下さい。
  • プリンタードライバー個別の設定に関する注意事項は、ドライバーに同梱の「ReadMe.txt」をご参照下さい。
  • 一部のドライバーでは、インストール方法が当資料に記述された方法とは異なるものがあります(専用のインストールプログラムを使用する、など)。詳細は、各ドライバーのダウンロードページにある注意事項をご確認下さい。
  • LAN経由で印刷するポートに「Standard TCP/IPポート」を使用した場合、データの大きさやプリンターの処理速度の関係によっては、繰り返し印刷のトラブルが発生する場合があります。そのような問題が発生した場合や、ドット・インパクト・プリンターに対して使用する場合は、「UNIX印刷のLPRポート」を使用して下さい。こちらの詳細は、技術情報:WindowsからLPR印刷するための設定方法をご参照ください。

ページトップへ

1章.プリンタードライバーのインストール

1.ダウンロードした自己解凍形式のファイル(.exe)を任意のフォルダに入れ、ダブルクリックして展開します。

(577x ドライバー「mw2k130i.exe」展開後の例)

2.次に「コントロールパネル」から、「プリンタ」(XPでは「プリンタとFAX」)フォルダを開きます。
そして新しいプリンタを追加するので、「プリンタの追加」を開きます。

(「プリンタ」フォルダから「プリンタの追加」)

3.「プリンタの追加ウィザード」が開始されますので、「次へ」をクリックします。

(「プリンタの追加ウィザードの開始」)

4.「ローカルまたはネットワークプリンタ」選択画面が出ますが、ここでは「ローカルプリンタ」を選択し、「プラグアンドプレイを自動的に検出してインストールする」のチェックは外して、「次へ」をクリックします。

(「ローカルまたはネットワーク プリンタ」)

5.「プリンタポートの選択」画面が出ますが、パラレルケーブルにてローカル接続する場合には、「LPT1」ポートを選択し、「次へ」をクリックします。ネットワーク接続する場合には、「新しいポートの作成」から「Standard TCP/IP」ポートを作成しますが、そちらは「3章.Standard TCP/IPポートの設定」をご参照下さい。

(「プリンタポートの選択」)

6.「プリンタの製造元とモデル」の選択画面が出ますが、ダウンロードされたドライバーを選択するので、「ディスク使用」をクリックします。

(「プリンタの製造元とモデル」)

7.「フロッピーディスクからインストール」画面が開きますので、「参照」ボタンをクリックします。

(「フロッピーディスクからインストール」)

8.「ファイルの場所」選択画面が出ますので、さきほどドライバーを解凍したフォルダを選択します。そして、「OEMSETUP.INF」ファイルを選択し、「開く」をクリックします。

(「ファイルの場所」)

9.「フロッピーディスクからインストール」画面に戻りますが、「製造元のファイルのコピー元」にさきほど選択したフォルダが追加されていることを確認し、「OK」をクリックします。

(「フロッピーディスクからインストール」)

10.プリンタのモデル選択画面が出ますので、使用したいプリンタのモデルを選択し、「次へ」をクリックします。もしも、使用したいプリンタ名がこの一覧にない場合は、後継機などの互換性のあるモデルを選択して代替して下さい。(後継機のドライバーで代替する方法についての詳細はこちら

(「プリンタの製造元とモデル」)

11.「プリンタ名」入力、および「通常使うプリンタ」にするかどうかの選択画面が出ますので、こちらは任意で選択して下さい。なお、別の557xドライバーがすでにインストールされている場合、下図のような画面が出る場合があります。その際は、「新しいドライバに置き換える」を選択して、古いものに置き換えて下さい。

(「プリンタ名」と「通常使うプリンタ」)

※既存のドライバーが存在した際の確認メッセージ

(「既存のドライバを使う」)

  • 古いドライバーの動作に問題があった場合、「新しいドライバに置き換える」だけでは問題が解決されないことがあります。その際は、「2章 プリンタードライバーの削除」を参考に、事前に古いドライバーを削除してから新しいドライバーをインストールするようにして下さい。

12.「プリンタ共有」設定画面が出ますが、こちらも任意で設定して下さい。共有設定を行わない場合は、そのまま「次へ」をクリックして進みます。

(「プリンタ共有」)

13.「テストページの印刷」選択画面が出ますので、こちらも任意で選択して下さい。選択したら、「次へ」をクリックします。

(「テストページの印刷」)

14.「プリンタの追加ウィザードの完了」確認画面が出ますので、各設定に間違いがないかどうか確認し、問題なければ「完了」ボタンをクリックします。ファイルのコピー作業がスタートし、問題なければプリンタードライバーのインストールが完了します。

(「プリンタの追加ウィザードの完了」)

(「プリンタ」アイコンの確認)

重要:
ファイルのコピー作業が行われる際、下の警告文が表示される場合がありますが、「はい」または「続行」をクリックしてインストール作業を続行して下さい。(詳細な説明はこちら

(「デジタル署名が見つかりませんでした」の警告文)

ページトップへ

2章.プリンタードライバーの削除

1.「コントロールパネル」から「プリンタ」(XPでは「プリンタとFAX」)フォルダを開きます。

(「プリンタ」フォルダ)

2.削除したいプリンタードライバーのアイコンを右クリックし、「削除」します。

(プリンタードライバーの削除)

3.削除の確認メッセージが出ますので、「はい」を押して削除します。

(削除の確認メッセージ)

4.次に「プリンタ」フォルダの「ファイル」メニューから、「サーバーのプロパティ」を開きます。

(「プリンタ」フォルダ)

5.「サーバーのプロパティ」画面が開いたら、「ドライバ」タブをクリックします。

(「サーバーのプロパティ」)

6.「ドライバ」タブが開いたら、「インストールされたプリンタドライバ」一覧の中から削除したいドライバー名を選択し、「削除」ボタンを押します。

(「サーバーのプロパティ」ドライバタブ)

7.削除の確認メッセージが出ますので、「はい」を押します。この作業を行うことで、システムから完全に削除することができます。

(「サーバーのプロパティ」削除確認)

注意:
下のようなエラーメッセージが表示されて削除できない場合には、関連するドライバーのアイコンがまだ残っていることを示しています。
「プリンタ」フォルダ内を確認し、関連するドライバーのアイコンを全て削除してから、再度システムからの削除を行って下さい。

(「プリント サーバープロパティ」エラーメッセージ)

8.「インストールされたプリンタドライバ」一覧から、さきほどのドライバー名が削除されていることを確認し、「閉じる」ボタンを押して、終了します。

(「インストールされたプリンタドライバ」一覧)

ページトップへ

3章.「Standard TCP/IPポート」の設定

ネットワーク経由で印刷を行いたい場合には、ネットワーク用のポート設定を行う必要があります。Windows2000/XPには標準で「Standard TCP/IP Port」が用意されていますので、このポートを使って設定する方法を以下に記述します。

  • 3-1.ドライバーインストール時に設定する方法

1.ドライバーをインストールするのと同時にポートの設定を行う場合は、インストールウィザード中「プリンタポートの選択」画面にて「新しいポートの作成」→「種類」で「Standard
TCP/IP Port」を選択し、「次へ」を押します。

(「プリンタの追加ウィザード」)

2.別途ウィンドウが開き、「標準TCP/IPプリンタポートの追加ウィザード」が開始されますので、「次へ」を押します。

(「標準TCP/IPプリンタポートの追加ウィザード」)

3.すると、IPアドレスの設定画面が表示されますので、「プリンタ名またはIPアドレス」にプリンターもしくはネットワークオプション製品に登録したIPアドレスを入力します。「ポート名」デフォルトでは「IP_(入力したIPアドレス)」に設定されますが、こちらは任意となっていますので、他の名前に変更しても構いません。入力が終了したら、「次へ」を押します。

(「標準TCP/IPプリンタポートの追加ウィザード」ポートの追加)

4.「Standrd TCP/IP Port」では、IPアドレスを入力すると、そのアドレスにアクセスし、詳細な情報を自動的に取得する機能が装備されていますが、ネットワークカードがこの機能をサポートしていない場合、下の画面が表示されます。その場合は、「デバイスの種類」で「カスタム」を選択し、「設定」を押してください。

(「標準TCP/IPプリンタポートの追加ウィザード」デバイスの種類)

5.するとさらに別ウィンドウで「標準TCP/IPポートモニタの構成」画面が開きますので、「プロトコル」を「LPR」、「LPR設定」で「LPRバイトカウントを有効にする」にチェックをつける、そして「キュー名」にネットワークオプション製品で指定された論理プリンター名を入力します(下記参照)。そして最後に「SNMPステータスを有効にする」のチェックを外し、「OK」を押して閉じます。

(「標準TCP/IPポートモニタの構成」)

キュー名について

  • 論理プリンター名(キュー名):
    -LANカードオプションIII→ "lpt1"(エル・ピー・ティー・いち)
    NetWorkBOX→ "lpt1"(エル・ピー・ティー・いち)
    5400エミュレーター→ "pr1"(ピー・アール・いち)
    InfoPrint 1000Jシリーズ→ "lp"(エル・ピー)
    (リンクは、各製品のマニュアルページにリンクしています)

6.そうすると、4の画面に戻りますので、「次へ」を押して進みます。次に設定情報の確認画面を確認したら、「完了」を押して「標準TCP/IPプリンタポートの追加ウィザード」を終了します。その後は、プリンタードライバーのインストールウィザードに戻りますので、通常どおりウィザードを進めて下さい。

(「標準TCP/IPプリンタポートの追加ウィザード」デバイスの種類)

(「標準TCP/IPプリンタポートの追加ウィザードの完了」)

  • 3-2.ドライバーインストール後に設定する方法

1.ドライバーインストール後にポートの設定を行う場合は、まずドライバーのプロパティを開き、次に「ポート」タブを開きます。「ポート」タブが開いたら、「ポートの追加」をクリックします。

(「ドライバーのプロパティ」「ポート」タブ)

2.すると、「プリンタポート」ウィンドウが開きますので、「利用可能なポートの種類」一覧の中から「Standard TCP/IP Port」を選択した後、「新しいポート」をクリックします。

(「プリンタポート」)

3.別途ウィンドウが開き、「標準TCP/IPプリンタポートの追加ウィザード」が開始されますので、「次へ」を押します。その後は、3-1の3番以降と同じ手順になります。

ページトップへ

4章.よくある質問と答え

Q1 Webページから最新版のWindows2000/XP用ドライバーをダウンロードしたのですが、インストールする前に現在使用している古いバージョンのドライバーを削除したいのですが、ドライバーのアイコンを削除するだけでよいのでしょうか?

Windows2000/XPでは、アイコンを削除するだけでは古いドライバーの構成ファイルを完全に削除できません。従いまして、第2章の方法で、一旦システムから完全に古い構成ファイルを削除してから、新しいドライバーをインストールするようにして下さい。



Q2 古いドットインパクトプリンターを使用したいのですが、Web上のダウンロードページには現行プリンター用ドライバーしかありません。古いドットインパクトプリンター用のWindows2000/XPドライバーはないのでしょうか?

古いプリンターをWindows2000/XPで使用する場合には、後継機種用のドライバーで代替する方法と、WindowsOSに標準添付されているものを使用する方法の2通りの方法があります。

2-1.後継機種用のドライバーで代替する場合は、「営業終了発表製品一覧」で「後継機種」を確認の上、ダウンロード・ページよりドライバーを入手して下さい。

2-2.WindowsOSに標準添付しているドライバーを使用する場合は、「プリンタの追加」ウィザード時に、製造元とモデルの選択画面にて、「製造元」を「IBM」と指定します。すると、「プリンタ」の一覧が表示されますので、対象のプリンターのモデル名を選択して下さい。

(「プリンタの追加ウィザード」)



Q3 Windows2000/XPでダウンロードしたドライバーをインストールしようとすると、「ロゴテストに合格していません」という警告メッセージのようなものが表示されますが、そのままインストールを続けても良いのでしょうか?

このメッセージは、ドライバーのインストール時に構成ファイルにMicrosoft社様のWHQL(Windwos Hardware Quality Labs)での品質検査に合格したという認定手続き証明(デジタル署名)が無い場合に表示されます。日本プリンターWebページからダウンロードできるドライバーはMicrosoft社様での品質検査による認定手続きを受けておりませんが、弊社によるテストでは問題なく使用できることを確認し、製品自体への動作には問題ありませんので、そのままインストールを続行してください。

(「デジタル署名が見つかりませんでした」の警告文)



Q4 Windows95/98/Meを使用していたときはドライバーのプロパティでユーザー定義用紙サイズを指定できましたが、今回Windows2000/XPに置き換えてドライバーをインストールしたところ、それらしい設定項目が見当たりません。

Windows2000/XPでは、各ドライバーごとに個別で設定するのではなく、OS側の設定(サーバーのプロパティ)でユーザー定義用紙サイズを作成するように仕様が変更されています。詳細な設定方法は、こちらのページをご参照ください。



Q5 5589-L36のドライバーをダウンロードしようとしたのですが、「専用モード」と「PAGESモード」の2種類のドライバーがあります。どちらを選択すればよいのでしょうか?

「専用モード」のドライバーはWindowsアプリケーションからの印刷に適しており、600dpiの解像度で印刷することができます。それに対して、「PAGESモード」のドライバーは、iSeries(AS/400)からの印刷データをPCOMM等の5250エミュレーター経由で印刷する際に適しています(実際は、"5589-K20"用ドライバーをPAGESモード用として使用します)。PAGESモード用の解像度は360dpiです。このように、使用する環境で使い分けてご使用ください。(2種類のドライバーを1台のPCにインストールして、Windowsアプリケーションでは専用モード、PCOMMではPAGESモード、というように使い分けることも可能です)