このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地
  • ホーム
  • プリンター
  • お知らせ
  • リコー製 複合機・プリンターにおいてSHA-1証明書をご利用中のお客様へ

Share

ここから本文です

お知らせ

リコー製 複合機・プリンターにおいてSHA-1証明書をご利用中のお客様へ

2016年9月21日
リコージャパン株式会社

 平素はリコー製品をご愛用いただき、誠にありがとうございます。
リコー製 複合機・プリンターでSHA-1を用いたSSL/TLSサーバー証明書をご利用のお客様は次の留意事項がありますのでお知らせします。

 SHA-1はデータの改ざんを検知するために使われるハッシュ方式の一つで、デジタル証明書の偽造防止に使われてきました。しかし近年、研究の発展やコンピュータの性能向上により、SHA-1を用いたSSL/TLSサーバー証明書を偽造される危険性が高まっています。

 このような背景から、Webブラウザ主要各社はSHA-1を用いたSSL/TLSサーバー証明書の受け入れ期限を設ける『SHA-1廃止ポリシー』を打ち出しています。

 たとえばMicrosoft社からは、SHA-1を用いたSSL/TLSサーバー証明書の受け入れ期限は、2017年2月13日と発表されています。(2016年5月時点)

 これにより、リコー製 複合機・プリンターで以下に該当する機能をSHA-1を用いたSSL/TLSサーバー証明書を用いてご使用中のお客様は、サーバー証明書の有効期限内にも関わらず該当する機能が利用できなくなる場合があります。

 対象のお客様におかれましては、SHA-256以上のハッシュ方式を用いたサーバー証明書(以下SHA-2証明書)による再設定を行い、該当する機能をご使用いただきますようお願い致します。

<利用できなくなる可能性のある機能>

  • Web Image Monitor
  • スキャン to URL
  • IPP印刷
  • IPsec
  • SMIME
  • IEEE802.1X
  • Windows認証、LDAP認証 等

以上