このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
ここから本文です

RICOH SP 4510/4500

特長4: ネットワーク

特長4-1 幅広い環境に対応するマルチプラットフォーム

Windows® OS搭載端末環境はもちろん、オプションによりLinux®、UNIX®、Macintoshコンピューター、IBM®ホスト端末、CitrixXenApp®/Citrix Presentation Serverなどにも対応しています。

  • Windows® OS搭載端末環境に最適なRPCSモード
  • Adobe® Post Script®3対応
  • IBM5577などホスト端末出力に対応
  • TIFFフォーマットやPDF文書、XPS文書のダイレクト出力に対応
  • ページ記述言語のグローバルスタンダードPCL6、PCL5eに対応
  • オプション

●Citrix XenApp®/Citrix Presentation Server対応

●iOS、Androidなどを搭載したモバイル端末からRPCSモードで出力

特長4-2 多彩なインターフェース対応

●イーサネット(1000BASE-T /100BASE-TX /10BASE-T)

1Gigabitまでの高速通信に標準で対応しています。

●2つのネットワークに接続可能な拡張プリントサーバー

オプションの「拡張USBプリントサーバー タイプAA」を装着することで、標準のネットワークポートに加え、もう1系統のネットワークポートに接続することが可能。2つのネットワークから印刷することができます。

●3つの異なるネットワークでプリントが可能*1

オプションの「外付け増設インターフェースボックス タイプM19」を装着することで、3系統のLANに接続し印刷することができます。

●USB2.0標準装備

●USB2.0ホスト

●IEEE1284に準拠した双方向パラレルインターフェース*2

●無線LAN(IEEE802.11a/b/g/n)対応(プリンター内蔵型)*3*4

高速無線LAN規格IEEE802.11nにも対応。よりスピーディーな無線LAN環境を構築できます。

  • *1 本体とは別に電源が必要です。仕様詳細については販売担当者にご確認ください。
  • *2 オプションの拡張1284 ボード タイプAが必要です。
  • *3 オプションの拡張無線LANボードが必要です。
  • *4 実施環境によって受信感度が異なる場合があります。導入前に設置環境での動作検証を実施してください。

特長4-3 最先端インターネットプロトコル「IPv6」対応

最先端のインターネットプロトコル(IP)であるIPv6にいち早く対応し、プリンター機能においてIPv6 Ready Logoを取得。

  • 本機はIPv6 Ready Logo Phase-2(IPv6 Core ProtocolsおよびIPsec)を取得したRicoh LPUX IPv6 Stack Version 2.0を搭載しています。
  • IPv6 機能はネットワークやオペレーティングシステムの環境によってご利用いただけない場合があります。
  • 工場出荷時はIPv6 が無効になっています。
  • 推奨環境はIPv6を利用可能な状態にした以下のOSです。Windows Vista®/Windows®7/Windows®8.1/Windows®10/Windows Server™ 2008/Windows Server™ 2012/Windows Server™ 2016、Mac OS X 10.9/Mac OS X 10.10/Mac OS X 10.11/Mac OS X 10.12/Mac OS X 10.13

IPv6 Ready Logo

特長4-4 Ridoc EZ Installer NX

時間と手間のかかるインストール作業を効率的に進めるために、プリンタードライバーの指定やポートの作成などを設定したインストールパッケージ“一括インストーラー”を作成可能です。

  • 無償ダウンロード可能です。

特長4-5 印刷業務の効率化を実現するソフトウェア「Ridoc Eco Friendly Print UX」

プリンティング業務の生産性を大幅に向上させるために、誤った印刷指示のキャンセル機能や、印刷後の完成イメージを確認できるプレビュー機能など、ネットワークプリンターを有効に使いこなすためのさまざまな機能を提供します。

●印刷完了通知 ●代行印刷 ●並行印刷 ●印刷ジョブキャンセル ●印刷プレビュー機能

  • 無償ダウンロード可能です。

特長4-6 Web Image Monitor/E-mail通知機能

自席パソコンのWebブラウザで、機器の状態やジョブ履歴などを専用ソフトをインストールせずに確認可能。消耗品のニア・エンドや用紙切れなどの状況を任意のE-Mailアドレスに知らせるE-Mail通知機能も搭載しています。

特長4-7 Ridoc IO Device Managerシリーズ

ネットワーク上の出力機器の一元管理を実現するソフトウェアです。システム管理者の運用管理のコストや手間を削減します。

●Ridoc IO Device Manager Lite

サーバーレスで出力機器のステータスを監視したり、設定の変更をすることができます。

Ridoc IO Device Manager Lite
  • 無償ダウンロード可能です。

画像:Ridoc IO Device Managerシリーズ

●Ridoc IO Device Manager Accounting(別売)

サーバーレスで出力機器を管理できることに加え、ユーザー別のカウンターをレポートすることで、利用状況をわかりやすく把握できます。

●RICOH Device Manager Pro(別売)

最大5,000台まで機器の情報をリアルタイムに取得可能であり、管理者へのメール通知やスマートデバイスから管理画面の確認等、様々な角度から管理が可能です。

特長4-8 スマートデバイスからの出力ソリューション

●RICOH Smart Device Print&Scan

iPad/iPhoneやAndroid搭載端末にある写真や書類を印刷することができるアプリケーションです。片面/両面、機密印刷*1、印刷プレビューなど多彩な印刷設定が可能です。

RICOH Smart Device Print&Scan
  • 無償ダウンロード可能です。
  • *1 オプションの拡張ハードディスクが必要です。
  • *2 無線LAN環境で使用する場合には、拡張無線LANボードが必要になります。

画像:RICOH Smart Device Print&Scan

●AirPrint

iPad/iPhoneなどのiOSに標準に搭載されているプリント機能です。同一ネットワーク上の複合機やプリンターを自動検索し、印刷することができる機能です。部数、片面/両面、印刷ページ数指定(iOS9より)の設定が可能です。

※  印刷を実行する端末は同一セグメントのネットワーク環境に接続されている必要があります。

※  アプリケーションによっては印刷できないことがあります。

※  本機を無線LAN環境で使用する場合は拡張無線LANボードが必要になります。

AirPrint

画像:AirPrint

特長4-9 Ridoc IO OperationServer Pro(別売)

出力機器の一元管理、多彩なログ収集・集計などによりTCO削減とセキュリティー対策を同時に実現するソフトウェアです。

特長4-10 キーワード振り分け印刷ソリューション RICOH Rule Based Print (別売)

「RICOH Rule Based Print」は、電子カルテシステム等からの印刷をさらに使いやすいものに進化させるリコー独自のソリューションです。お客様の業務フローに合わせて、処理条件とその時のアクションを「ルール」として設定し、組み合わせることで、印刷したい機器への自動振り分けを実現します。必要な場所に、意図した印刷設定で出力することができるので、業務プロセスの改善に貢献します。

RICOH Rule Based Printの特長

  • 振り分け印刷機能
    印刷データに含まれる「キーワード」などを元に、自動的に印刷先を振り分けます。
  • 医療向け文書管理システム連携機能(オプション)
    印刷データに含まれる患者情報を元に、医療向け文書管理システムにPDFデータを送付します。

特長4-11 自動プリント設定ソリューション Ridoc IO DataSelector (別売)

「Ridoc IO DataSelector」では、印刷データ内の任意のキーワードを検出し、文書の種類ごとに自動的に出力条件を切り替えて印刷することが可能です。たとえば、フォーム合成や両面・集約などの後処理機能の活用、不必要なカラー印刷の削減、地紋印刷によるドキュメントセキュリティの強化など、お客様の業務スタイルに合わせた印刷環境を構築することができます。

Ridoc IO DataSelectorの特長

  • 地紋印刷設定
  • 後処理機能の自動化
  • 簡易フォーム印刷機能
  • キーワード検索による出力条件の自動切り替え

特長4-12 印刷管理ソリューション Ridoc IO Connect for Interstage(無償公開中)

「Ridoc IO Connect for Interstage」は、ネットワーク上のプリンターの状態を正確に管理する印刷管理ソリューションです。Interstage Print Managerと連携することで、印刷リカバリー、スプール退避/復元、高信頼転送により、アプリケーションを再起動することなく再印刷が可能です。大量印刷を行なう基幹系システムにおいて、高効率・高信頼な印刷環境を実現します。

  • SP 4510/4500 は、富士通Interstage Enabled 認定プリンターです。

Interstage Enabled ロゴ

Ridoc IO Connect for Interstageの特長

  • メッセージ通知:用紙ジャム、用紙切れ、印刷完了通知などのプリンターの稼動状態を通知します。
  • スプール管理・操作:印刷ジョブの削除、再印刷、優先順位変更などの多彩なスプール操作が簡単に行なえます。

特長4-13 基幹業務向け統合プリント管理ソリューション Ridoc Print Linkage (別売)

多くの企業が基幹系システムのオープン化、ダウンサイジング、また、ネットワークの活用により遠隔地のオフィスを含めたシステム構築を行なっています。「Ridoc Print Linkage」は、プリンターの稼働状態の確認や印刷ジョブの監視、障害発生時の原因解明を容易にするなど、基幹系システムの帳票印刷環境をトータルにマネージメントできるソリューションです。

Ridoc Print Linkageの特長

  • 印刷結果、稼働状況をリアルタイムに監視
  • トラブル発生時のリカバリー処理
  • 印刷ジョブのきめ細かな検索
  • ERPシステム、電子帳票システム、帳票印刷ツールとの連携が可能
  • SSL暗号化印刷が可能
  • SSL:Secure Socket Layer

特長4-14 SAP® R/3®帳票印刷ソリューション Ridoc IO DeviceType (無償公開中)

ERP パッケージSAP R/3 のダイレクト印刷において、「Ridoc IO DeviceType」を利用し、本来プリンターが持つ便利な機能を最大限活用することができます。これにより帳票出力の削減、ファイリングの省力化を実現します。

Ridoc IO DeviceTypeの特長

  • SAP R/3 印刷用のプリンターが置き換え可能
  • 対象機種についてはこちらでご確認ください。
  • 帳票の両面印刷に対応
  • 両面印刷には機種によってオプションが必要な場合もあります。
  • CODE39/CODE128 バーコード印刷に対応
  • PS3のみ。別途、PS3出力用のプリンターオプションが必要です。またダウンロードするには、プリンター本体にHDDが装着されている必要があります。

特長4-15 帳票印刷の分散プリンティングソリューション IPSiO リモートプリント for RDE(別売)

ウイングアーク1st株式会社の基幹オープン系帳票システムを運用する、統合スプールサーバーソフトウェア「Report Director Enterprise」の分散プリンティングを行なう「Print Assistant」と同等の機能を「IPSiO リモートプリントfor RDE」に持たせました。拠点側で必要であった管理サーバーをなくすことで、管理者の負荷軽減やコスト削減に貢献します。

  • オプションの増設メモリーが必要です。オプションの増設メモリーが複数ある場合、容量の多い増設メモリーを選択してください。
  • オプションのVMカードが必要です。

購入をご検討中のお客様へ

NetRICOHオンライン購入

NetRICOHでは、リコー商品、各種消耗品などをインターネットでご注文いただけます。

NetRICOH オンライン購入

画像:お問い合わせ

お問い合わせ

この製品に関するお問い合わせをメール、電話、FAXで受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ