このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
ここから本文です

RICOH SP C261SF 特長4

特長4:ファクス

Super G3の通信モードに対応

SP C261SFはビジネスファクスの多くで採用されている通信モード「Super G3」に対応し、A4判標準原稿*1を高速約3秒台*2で電送します。G3対応のファクスに比べて圧倒的な電送時間で通信コストの削減に大きく貢献します。また、通信前後やページ間の処理時間も大幅に短縮し、大量の文書をスピーディーに送信できます。

  • *1リコー標準原稿8×3.85本/mm(画像情報のみ)
  • *2Super G3規格のファクス交信時

画像:Super G3の通信モードに対応

通信速度の比較(A4・700字程度の原稿を3枚送信した場合)

画像:通信速度の比較(A4・700字程度の原稿を3枚送信した場合)

拡大


ワンタッチダイヤル20件、短縮登録200件


最大100件のあて先へ同報送信が可能

同報送信イメージ図

画像:同報送信イメージ図

拡大


不要な受信出力を防ぐ迷惑ファクス防止機能

ファクスの相手先を特定相手先として登録し、ファクスの受信もしくは拒否の設定が可能。例えば、拒否を設定することで、間違いファクスやいたずらファクスの受信で用紙を無駄に使わないようにできます。また、最大30件の相手先を登録でき、設定はWeb Image MonitorでPCから容易に行なえます。

  • 特定相手先からのファクスを制限すると、受信条件に関わらず、発信元情報(TSI)を登録していない相手先からは受信できません。

FAX/TEL自動切替モードを装備

ファクスの場合は自動受信し、電話着信の時はSP C261SFに外付けの電話機/ハンドセットを鳴らします。一本の公衆回線でファクスと電話を共用できます。

画像:FAX/TEL自動切替モードを装備


ファクス接続回線について

RICOH SP C261SFは様々な通信環境に対応します。

ひかり電話の場合

画像:ひかり電話の場合

ADSL環境の場合

画像:ADSL環境の場合

内線電話の場合

画像:内線電話の場合

  • 上記接続は代表例であり、すべての接続を保証するものではありません。詳しい設定・接続方法に関してはスプリッタ・ADSLモデム・CTUなどの取扱説明書を参照してください。
  • 利用するプロバイダにより、モデムやスプリッタが一体型になっている場合があります。
  • ブランチ接続(並列接続)はしないでください。一つの電話回線に複数台の電話機を接続すると送信した画像品質が劣化したり、正しく送受信できない場合があります。
  • お住まいの地域によっては配線方法や接続機器が異なる場合があります。
  • PBX等の制御装置に接続する場合は接続装置に設定が必要となります。
  • 点線の部分は、ご利用される機材によって、一体型の商品の場合もあります。詳しくは、インターネットプロバイダもしくはADSLモデム・ルーターメーカーにお問い合わせください。
  • 本機をブロードバンド環境に接続する場合は、ファクス接続が可能であることを事前に通信業者にご確認ください。

安心のファクスセキュリティ(FASEC 1に適合)

番号の押し間違いを抑止する「宛先繰り返し入力機能」などを搭載し、ファクスのセキュリティに関するガイドラインであるFASEC 1に適合しています。

  • FASECとは、情報通信ネットワーク産業協会(CIAJ)がファクシミリ通信のセキュリティ向上を目指して制定したガイドラインの呼称です。FASECのロゴマークは、このガイドラインに準拠したファクシミリ・複合機に使用されます。

画像:安心のファクスセキュリティ(FASEC 1に適合)


誤送信を抑止するあて先2度押し設定

ファクス送信時にあて先を必ずテンキーから2度入力するように設定できます。1回目と2回目のあて先が同じ場合にのみ入力が完了し、送信が可能になります。これにより、番号の入力間違いによるファクス誤送信を抑止します。


2つの送信モードをご用意

ファクス待ち時間低減のためのメモリー送信モードの他に、大事なファクス送信のときに送信状況を確認しながら確実に送ることができる「直接送信モード」も搭載。お客様のシーンによって使い分けることが可能です。


受信ファクスの紙出力を一時的に停止可能

出力された受信ファクスを不正に閲覧されることを抑止するために、受信ファクスを決められた時間内だけ出力するよう設定することができます*。例えば店舗の開店時間内だけ印刷を行なうなどの運用が可能です。また、手動で出力時間設定運用以外に蓄積/出力の設定も行なえます。

  • *時間設定のみとなります。曜日設定はできません。
  • 蓄積可能な文書は最大80件、もしくは約100ページ(ITU-T No.1チャート、8ドット×3.85本/mm時)となります。

画像:受信ファクスの紙出力を一時的に停止可能


停電時メモリーバックアップ機能

本体に不揮発性メモリーを内蔵し、停電時でも受信した文書を最大100ページまで*時間の制限なくメモリーに保持します。

  • *ITU-T No.1チャート、8ドット×3.85本/mm時

通信管理レポートで送受信履歴を出力

ファクス送受信の結果を必要に応じて出力し確認することができます。

画像:通信管理レポートで送受信履歴を出力


受信文書のペーパーレス転送が可能

SP C261SFは、あらかじめ設定した共有フォルダーや登録したメールアドレスへ自動転送が可能。例えば、自分のアドレスにE-Mail転送するようにしておけば、受信内容を外出先のモバイル機器で確認することもできます。また、受信文書の出力を削減し用紙の節約に貢献します。

  • 転送が可能な共有フォルダーは、スキャンtoフォルダーで設定が行なえる宛先となります。
  • E-Mailに転送を行なう場合は、E-Mailの送受信が可能な環境が必要です。

画像:受信文書のペーパーレス転送が可能


パソコンから直接送信できるPCファクス機能

プリントアウトをせずに、パソコンから直接ファクスを送信することが可能。紙の出力、トナーの消費を抑える上、席を離れる必要もなく、経費の削減と作業効率の向上が図れます。また、ダイレクト送信ならではの高画質なデータの送信もできます。

  • Mac OSには対応していません。

画像:パソコンから直接送信できるPCファクス機能


通信コスト/時間を短縮できるW-NET FAX機能

電話回線ではなくE-Mailの仕組みを利用した通信ができるW-NET FAX(ITU-T T.37勧告準拠)機能。W-NET FAXで送信すれば、従来のファクス送信に比べ大幅なコストダウンで送受信が可能*です。E-Mailなら、相手先に一斉に発信できるので、送信時間の短縮が図れます。

  • *ADSL等の通信費固定常時接続/W-NET FAX同士の通信の場合。
  • メールサーバーなどE-Mailを利用可能な環境が別途必要になります。
  • W-NET FAX機能は、ITU-T T.37勧告に準拠したメール型インターネット対応ファクス機能です。当勧告に準拠していれば、メーカーを問わずメールを利用したファクス送受信が可能です。

画像1:通信コスト/時間を短縮できるW-NET FAX機能

画像2:通信コスト/時間を短縮できるW-NET FAX機能

NetRICOHオンライン購入

NetRICOHでは、リコー商品、各種消耗品などをインターネットでご注文いただけます。

NetRICOH オンライン購入

画像:お問い合わせ

お問い合わせ

この製品に関するお問い合わせをメール、電話、FAXで受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ