このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
ここから本文です

RICOH SP C342/C342M/C341 特長9

特長9: エコノミー&エコロジー

ご使用ニーズに合わせ、2種類のトナーカートリッジをご用意

  • SP C751
  • SP C751M
  • SP C750
  • SP C750M
  • SP C342
  • SP C342M
  • SP C341

コストを重視するお客様には大容量トナーカートリッジを、1本あたりの購入単価を重視するお客様には小容量トナーカートリッジをご用意しました。お客様のニーズに合わせて最適なトナーカートリッジをご選択いただけます。

SP C342/C341
大容量トナーカートリッジ カラー: 各15,000円
モノクロ: 14,600円
小容量トナーカートリッジ カラー: 各9,000円
モノクロ: 7,500円

用紙節約に効果的な集約製本印刷機能

  • SP C751
  • SP C751M
  • SP C750
  • SP C750M
  • SP C342
  • SP C342M
  • SP C341

複数枚の原稿を1枚の用紙に印刷可能な「集約印刷」と、オリジナルの小冊子やパンフレットを手軽に作成できる「製本印刷」を組み合わせることが可能。環境への配慮とコストの削減を実現しています。

■集約印刷 画像:集約印刷
■集約製本印刷 画像:集約製本印刷

省資源・低コストで訴求力を高める2色プリント

  • SP C751
  • SP C751M
  • SP C750
  • SP C750M
  • SP C342
  • SP C342M
  • SP C341

カラー原稿を、2色の連続階調で再現する2色プリント機能を搭載。省資源や低コストと、見やすさを両立させました。

画像:省資源・低コストで訴求力を高める2色プリント

  • SP C342Mにおいて2色プリントはモノカラー料金としてカウントされます。
  • 2色プリントは黒とマゼンタ/イエロー/シアンいずれか1色のみ選択可能です。
  • RPCSドライバーのみ対応。

インテリジェントトナーセーブモードを搭載

  • SP C751
  • SP C751M
  • SP C750
  • SP C750M
  • SP C342
  • SP C342M
  • SP C341

トナーセーブモードでは印刷内容を「文字」・「図形/表/グラフ」・「写真/イメージ」の3つのオブジェクトに分けて管理。文字はくっきり、写真は淡く印刷するなど、カラー印刷の訴求力はそのままにトナーの使用量を削減できます。新トナーセーブモードでは、「やや薄い」と「薄い」の2つのモードに加え、オブジェクトごとに1%刻みで濃度調整することも可能です。

  • データの内容によっては、期待の効果が得られない場合があります。

画像1:インテリジェントトナーセーブモード機能でコスト削減

画像2:インテリジェントトナーセーブモード機能でコスト削減

  • 上記原稿をそれぞれのモードで連続印刷した場合の目安です。印刷するデータの内容によって、トナー削減率やランニングコストは異なります。
  • 大容量トナーカートリッジ使用時。
  • PSドライバーでは、画像全体のトナー使用量を削減する「トナーセーブ」機能に対応しています。

拡大連写機能でポスター印刷が可能

  • SP C751
  • SP C751M
  • SP C750
  • SP C750M
  • SP C342
  • SP C342M
  • SP C341

1ページのデータを最大9枚の用紙に分割、拡大して印刷。簡易ポスターの作成などに利用できます。

画像:拡大連写機能でポスター印刷が可能

コスト削減を実現する指定色印刷

  • SP C751
  • SP C751M
  • SP C750
  • SP C750M
  • SP C342
  • SP C342M
  • SP C341

シアンとブラック、イエローとマゼンタの2色使いなど、設定画面で指定したトナーのみを使用して印刷することで、コスト削減を実現します。

  • 指定した2色の版のみ印刷するので、指定の2色以外の色がデータ内にある場合は、色欠けが発生します。

画像:コスト削減を実現する指定色印刷

消耗品から保守までまるごとサポート「M-PaC保守」*

  • SP C751
  • SP C751M
  • SP C750
  • SP C750M
  • SP C342
  • SP C342M
  • SP C341

定期交換部品・トナーカートリッジ・保守サービス料金を合算し、1カウントあたりの料金を申し受ける保守サービスです。

  • 1. 複写機と同様に使用枚数管理ができ、TCO削減が可能です
    カウンターでのご請求のため、使用カウントに基づいたランニングコスト管理が可能です。
  • 2. プリンターを安心してお使いいただくことができます
    カスタマーエンジニアが定期的にメンテナンスを行ない、故障防止をはかります。
  • 3. 突然の出費が発生しません
    定期交換部品を含んだ料金のため、交換部品の発注などの突然の出費は発生しません。
  • 4. 面倒な部品の交換は不要
    部品交換やメンテナンスなど、面倒な作業はリコーが管理します。お客様の行なう作業はトナー交換のみです。

画像:消耗品から保守までまるごとサポート「M-Pac保守」

  • *SP C342Mのみ。

@Remoteとは、ネットワーク上の出力機器をより“快適”かつ“安心”して、お客様にご利用いただくためのLAN/ブロードバンド環境に対応した新しいリモートサービスです。リアルタイムに品質・稼働情報をキャッチすることで、的確&スピーディーなサービスを実現します。

画像:@Remoteのワークフロー

  • *1@Remote対応のデジタル複合機、プリンター。
  • *2RTCは、リコーテクニカルコールセンターの略です。
  • 本機には@Remote通信機能が標準装備されています。
  • @Remoteの詳しい内容につきましては、販売担当者またはカスタマーエンジニアにおたずねください。

@Remoteサービス内容

  • 遠隔診断保守サービス
    故障時自動通報、修理依頼通報(マニュアルコール)など、機器の状態をリモートで監視することで適切な保守を実施します。
  • カウンター自動検針サービス
    お客様の締め日に合わせて、毎月のカウンター数値を自動で検針します。
  • ご使用状況報告書サービス
    お客様のご要望に応じて、機器の出力枚数や使用率などを「ご使用状況報告書」としてお知らせします。

セキュリティ対応

  • お客様が構築されているセキュリティ網(Proxy server等)を経由しての通信に対応。
  • 機器、RC-Gate、(株)リコー側システム間の通信にHTTPS(暗号化)方式の採用。
  • 機器、RC-Gate、(株)リコー側システム間の電子証明書による相互認証を行なうことで、なりすましによるデータ不正取得からの保護。

標準消費電力量(TEC)*を低減

  • SP C751
  • SP C751M
  • SP C750
  • SP C750M
  • SP C342
  • SP C342M
  • SP C341

コントローラーの効率運用や低電力CPUの搭載により、従来機に比べて起動時の電力量を低減しました。お客様、そして社会に省エネで貢献します。

  • *国際エネルギースタープログラムで定められた測定法による数値。
  • TECの詳細につきましては一般社団法人ビジネス機械・情報システム産業協会のWebページ(以下URLリンク)をご覧ください。
    http://mfd.jbmia.or.jp/efforts/tec.html

●標準消費電力量(TEC) 画像:標準消費電力量(TEC)を低減

インフォメーション画面

  • SP C751
  • SP C751M
  • SP C750
  • SP C750M
  • SP C342
  • SP C342M
  • SP C341

利用者や機器ごとの総印刷ページ数、フルカラー印刷率、両面利用率、集約利用率、用紙削減率といったeco指数や管理者からの任意のメッセージを操作パネル上に表示可能。使用状況を可視化することで、環境負荷低減を促進します。

  • 複数台の機器を集計した数値の表示はできません。

画像:インフォメーション画面

省エネ・省資源を促進するユーティリティー「RICOH Eco Friendly Print UX

  • SP C751
  • SP C751M
  • SP C750
  • SP C750M
  • SP C342
  • SP C342M
  • SP C341

日常の印刷業務で発生するムダを削減し、省エネ・省資源と印刷業務の効率化を実現するソフトウェアです。印刷前に機器の状態を確認し、用紙削減率やカラー利用率などの削減率を可視化することで印刷コストの削減を図ることができます。

ウィークリータイマー

  • SP C751
  • SP C751M
  • SP C750
  • SP C750M
  • SP C342
  • SP C342M
  • SP C341

曜日や時間から電源のON/OFFをスケジューリングしたり、スタンバイ状態へ自動的に復帰を指定できる機能です。プリンターの電源ON/OFF時間のタイマーを予め設定しておくことで、ワークスタイルに合わせた電源ON/OFF運用を実現します。

待機時の消費電力を大幅に低減するスリープモード

  • SP C751
  • SP C751M
  • SP C750
  • SP C750M
  • SP C342
  • SP C342M
  • SP C341

出力を行なわないときの消費電力を大幅に低減するスリープモードを搭載しています。節電効果により、地球環境に配慮しつつ、電気代の節約にもつながります。

スリープモード時の消費電力 画像:スリープモード時の消費電力

各種の環境基準に適合

欧州RoHS指令(EU 電気電子機器危険物質使用制限指令)に適合しています。
また、エネルギー効率の高いオフィス機器の開発・導入を目的とする「国際エネルギースタープログラム」基準、「グリーン購入法」に適合。さらに、バイオマスマーク認定(日本有機資源協会)も取得しています。

画像:各種の環境基準に適合

工場キッティング

  • SP C751
  • SP C751M
  • SP C750
  • SP C750M
  • SP C342
  • SP C342M
  • SP C341

「工場キッティング」は、お客様のご使用になる状態に合わせて、製品を工場で受注生産し、オプション装着、IPアドレス設定など、事前にセッティングして直接お客様にお届けするシステムです。納品にかかる時間を大幅に短縮するだけでなく、回収・リユースできるフレキシブルな包装材「簡易ラック」により、お客様先での包装廃棄材をゼロにして環境負荷を削減します。

トナーカートリッジ回収/リサイクル

  • SP C751
  • SP C751M
  • SP C750
  • SP C750M
  • SP C342
  • SP C342M
  • SP C341

リコーのプリンターは、商品開発の段階から再生・リサイクルを前提として設計されています。2001年度から、トナーカートリッジを含むサプライ製品を再利用するための全国ネットワークを構築しています。

ECOナイトセンサーの搭載で、さらなる省エネ領域へ

  • SP C751
  • SP C751M
  • SP C750
  • SP C750M
  • SP C342
  • SP C342M
  • SP C341

高い省エネ設計に加え、プリンターの周囲の明るさを検知して、自動的に電源をOFF/ONするECOナイトセンサーを搭載。夜間プリンターを使用しないときには、ECOナイトセンサーが周囲の暗さを感知して自動で電源をOFFにするため、待機時の消費電力を0Wにできます。また、明るくなると自動的に電源をONすることも可能で、朝一番の出力業務での電源の入れ忘れを抑止します。あらゆるビジネスシーンで高い省エネ効果と使いやすさを両立させる、先進の機能です。

画像:ECOナイトセンサーの搭載で、さらなる省エネ領域へ

NetRICOHオンライン購入

NetRICOHでは、リコー商品、各種消耗品などをインターネットでご注文いただけます。

NetRICOH オンライン購入

画像:お問い合わせ

お問い合わせ

この製品に関するお問い合わせをメール、電話で受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ