このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地

Share

ここから本文です

RPCS Basicドライバー

対応機種

プリンター カラープリンター RICOH SP C841/C841M/C841a1/C841M a1/C840/C840M/C840a1/C840M a1
IPSiO SP C831/C831M/C830/C830M
IPSiO SP C821/C821M/C820/C820M
IPSiO SP C811/C811M/C810/C810M/C810ME/C810ME V2
RICOH SP C751/C751M/C750/C750M
IPSiO SP C731/C731M/C730/C730M
IPSiO SP C730L
IPSiO SP C721/C721M/C720
IPSiO SP C711
IPSiO SP C420/C420ME
IPSiO SP C411
RICOH SP C342/C342M/C341
IPSiO SP C320
モノクロプリンター RICOH SP 8400/8400M/8400a1/8400M a1
IPSiO SP 8300/8300M
IPSiO SP 8200
IPSiO SP 8100
RICOH SP 6450
RICOH SP 6440/6440M/6430/6430M/6420/6420M/6410
IPSiO SP 6330/6320/6310
IPSiO SP 6220/6210
IPSiO SP 6120/6110/6100
RICOH SP 4510/4500
RICOH SP 4510SF
IPSiO SP 4310/4300
IPSiO SP 4210

複写機 カラー複合機 RICOH MP C8003/C6503
RICOH MP C8002/C6502
imagio MP C7501/C6001
imagio MP C7500/C6000
imagio MP C6000RC
RICOH MP C6004/C5504/C4504
RICOH MP C6003/C5503/C4503
imagio MP C5002/C5002A/C4002/C4002A
imagio MP C5001/C5001A/C5001it/C5001Ait/C4001/C4001A/C4001it
imagio MP C4001RC/C2801RC
imagio MP C5000/C5000it/C4000/C4000it
imagio MP C4500/C4500it/C3500/C3500it
imagio MP C4000RC
RICOH MP C3504/C3004
RICOH MP C3503/C3003
imagio MP C3302/C2802
imagio MP C3301/C2801
imagio MP C3300/C2800
imagio MP C3000/C2500
imagio MP C2800RC
RICOH MP C2504
RICOH MP C2503/C1803
imagio MP C2201
imagio MP C2200/C1800
RICOH MP C307
RICOH MP C306
RICOH MP C305SP
モノクロ複合機 RICOH MP 9003/7503/6503
imagio MP 9002/9002T/7502/6002/6002GP
imagio MP 9001/9001T/7501/6001
imagio MP 1350/1100/9000
imagio MP 8000/8000T/7500/6000
RICOH MP 6055/5055/4055
RICOH MP 6054/5054/4054
imagio MP 5002/4002
imagio MP 5000/4000
imagio MP 5000RC/4000RC
RICOH MP 3555/2555
RICOH MP 3554/2554
RICOH MP 3353/2553
imagio MP 3352/2552
imagio MP 3350/2550
imagio MP 3350RC/2550RC
RICOH MP 1601/1301
imagio MP 1600/1300
RICOH MP 401SPF
RICOH MP 305+ SPF
広幅複写機 RICOH MP W8140/W7100
imagio MP W7140/W5100
RICOH MP W6700SP
RICOH MP W4002
imagio MP W4001
imagio MP W4000
imagio MP W3601/W2401
imagio MP W3600/W2400

プロダクション
プリンター
オンディマンド
プリンティング
RICOH Pro C7110S/C7100S
RICOH Pro C7110
RICOH Pro C5210S/C5200S
RICOH Pro C5110S/C5100S
RICOH Pro 8220S/8210S/8200S
RICOH Pro 8120S/8110S/8100S
RICOH Pro 1357EX/1107EX/907EX
基幹プリンティング RICOH Pro 8220Y/8220HT/8210Y/8210HT
RICOH Pro 8120Y/8120HT/8110Y/8110HT
RICOH Pro 6100/6100HT
IPSiO SP 9100Pro/9100M Pro
ファクス RICOH FAX 5520
  • USB接続にも対応
  • RC機、M-Pac機も対象になります。
  • 広幅機に関しては、A0/A1/B1/B2サイズでの印刷はできません。

制約付き対応機種

RPCS Basicドライバーは最新機種の本体の仕様にあわせてドライバーを作成しているため、下記の機種では一部の制約事項がございます。
そのため、事前に検証いただいてからご使用いただきたくお願いいたします。

プリンター カラープリンター IPSiO CX9800/CX8800
IPSiO CX3500
モノクロプリンター IPSiO SP 4010/4000
IPSiO NX860e/760/660S
IPSiO NX850/750/650S
IPSiO NX96e/86S/85S

複写機 カラー複合機 imagio Neo C455/C455it/C355/C355it/C285/C246

○制約事項
  • 本体で、普通紙/再生紙以外(厚紙等)に設定されているトレイから印刷することができません。
  • RPCS Basicドライバーで直接トレイを指定して印刷した場合、そのトレイが増設トレイであった場合は、給紙できない場合があります。
  • RPCS Basicドライバーで直接排紙先を指定して印刷した場合、その排紙先がオプションであった場合は、指定した場所に排紙されない場合があります。
  • ステープルの設定をした場合、意図した向きでステープルされない場合があります。
  • パンチの設定をした場合、意図した向きにパンチされない場合があります。
  • 原稿サイズ、もしくは原稿方向が混在したデータを集約、両面/製本印刷を使用して印刷した場合に、意図した向きで印刷されない場合があります。
  • データによっては、通常版のRPCSドライバーよりも印刷時間がかかる場合があります。

対応OS

対応OS、動作確認済みOSは以下となります。

<対応OS>
Windows Vista®/Windows® 7/Windows® 8.1*/Windows® 10*
Windows Server 2008/Windows Server 2008 R2/Windows Server 2012*/Windows Server 2012 R2*/Windows Server 2016*以降
(Terminal Service環境、クラスタ環境*含む)
  • *本ドライバーのv3.0.4.0以降が対応です。もし、動作がおかしいようでしたら、本ドライバーの最新バージョンをご使用ください。
  • それぞれ日本語、英語環境に対応
Citrix XenApp 6.0/Citrix XenApp 6.5/Citrix XenDesktop 7/Citrix XenApp 7.5/7.6/7.7/7.8/7.9/7.11/7.12

<動作確認済みOS>
Windows® XP Embedded
  • Windows® XP Embeddedは各社で仕様が異なるため、動作確認済みスペックの提示のみとなります。機種によっては使用できない可能性もございますので、事前に検証した上でお使い頂くようお願いします。

<動作確認済みThinClientスペック>
OS: Windows® XP Embedded Service Pack 2 正規版
プロセッサ: AMD Sempron?2100+
フラッシュメモリ: 1GB
メモリ: 512MB DDR2 SODIMM
ソフトウェア: Internet Explorer、Microsoft® Remote Desktop Protocol(RDP)、Citrix Independent Client Architecture(ICA)

仮想環境への対応について

リコーでは仮想環境のすべての動作を保証することはできかねますが、参考情報として、弊社での動作確認結果をお知らせいたします。
なお、仮想環境で運用される場合は、ご使用のアプリケーションで検証した上でご使用頂くよう御願いいたします。

<動作確認済みOS>
【仮想環境】
  • Windows Server™ 2008 R2 Hyper-V(以下、"Hyper-V 2.0"と略します)
  • VMware ESX 4.0

【ホストサーバースペック】
  • Hyper-V 2.0
    CPU:Xeon 2.53GHz(2CPU)
    メモリー:18GB
  • VMware ESX 4.0
    CPU:Xeon 3.16GHz(2CPU)
    メモリー:34GB

【Hyper-V2.0仮想OSスペック】
  • Windows Server™ 2008 Standard SP2(メモリー:512M)
  • Windows Server™ 2003 Standard SP2(メモリー:512M)
  • Windows® XP Professional SP3(メモリー:512M)
  • Windows Vista® Business SP2(メモリー:512M)
  • Windows® 7 Enterprise(メモリー:512M)

【VMware ESX 4.0仮想OSスペック】
  • Windows Server™ 2008 Standard SP2(メモリー:1G)
  • Windows Server™ 2003 Standard SP2(メモリー:2G)
  • Windows® XP Professional SP3(メモリー:256M)
  • Windows Vista® Business SP2(メモリー:1G)
  • Windows® 7 Enterprise(メモリー:1G)

【機種】
  • RICOH imagio MP C5000

【プリンタードライバー】
  • RPCS Basicドライバー Ver2.0.0.0

【アプリケーション】
  • Microsoft Office 2003(Word、Excel、PowerPoint)
  • メモ帳

【印刷方法】
  • 仮想クライアント(Windows® XP/Windows Vista®/Windows® 7)でStandard TCP/IP Portを利用したネットワーク経由での印刷。
  • 仮想プリントサーバー(Windows Server™ 2003/Windows Server™ 2008)でStandard TCP/IP Portを利用して作成した共有プリンターアイコンを仮想クライアント(Windows® XP/Windows Vista®/Windows® 7)でPoint&Printして印刷。
  • Windows® XP、Windows Server 2003/Windows Server 2003R2 は、サポート終了しております。

制約事項

制約事項は以下になります。

  1. RPCS Basicドライバーを導入される場合、すでにRPCS通常版ドライバーで検証がすんでいる場合でも再検証をお願い致します。
    なお、RPCS Basic ドライバーの内部処理はRPCS通常版と同じのため、印刷領域や罫線や破線やイメージ等の出力結果は同じですが、障害発生の未然防止のためにも、ご検証頂いた後、ご導入頂きたくお願い致します。
  2. 複合機やレーザープリンターのM-PaCでご利用の場合は、カラー、白黒および、白紙に関する点を含め、カウンタ関連も事前にご確認頂きたくお願い致します。
  3. Citrix Presentation Server環境にて、すでにAutoCreateプリンターで運用している状態で、プリンタードライバーの割当て機能を使用する場合は、先に使用していたプリンタードライバーの情報が各ユーザープロファイルに保存されてしまっているため、クライアントPC側で、プリンターアイコン名を変更して頂くか、ユーザープロファイルを削除して新規に作成しなおさないと正常に動作しない場合がございますので、ご注意ください。
  4. 今後発売される機種では、ドライバーのバージョンアップを行わないと印刷できなくなる場合もございます。
    そのため、システム改修やPC端末の変更のタイミングでバージョンアップしたドライバーを提供させて頂く場合があることを、あらかじめご了承ください。
  5. カラー機においては、機種によって解像度、カラーマッチングが異なりますので、通常版RPCSドライバーの印刷結果と比較すると、印字品質と色味に違いが出る場合がございます。
  6. 通常版RPCSドライバーでは、一般的な明朝やゴシック体は文字をコードで処理してからプリンター本体で文字データを描画しておりましたが、Windows Vista®から採用されたJIS2004フォントの新規登録文字を印刷した場合に文字抜け、文字化け等が発生するため、正しく印刷できるよう、文字の処理方法のデフォルトを変更しております。
    そのため、以下3点をご留意下さい。
  7. (1) 通常版RPCSドライバーより、印刷データ量が多くなる場合があります。
    (2) MSゴシックのみ半角文字が少し高く印刷されます。
    (3) Windows® 2000環境から印刷した場合、標準フォントと太字フォントの区別がつきにくくなります。
    原因としては、Windows® 2000でTrueTypeフォントの表示や印刷をする場合には、標準フォントと太字フォントの区別がつきにくい仕様となっており、OSの仕様となります。
    • Windows® 2000のサポートは終了しております。
参考:Microsoft社 サポート技術情報
【文書番号】279173 - TrueType フォントの表示や印刷で標準フォントと太字フォントの区別がつきにくい http://support.microsoft.com/kb/279173/ja