このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地
ここから本文です
  • RICOH PJ WX4152NI / WX4152N / WX4152

    • NEW
RICOH PJ WX4152NI / WX4152N / WX4152(オープン価格)世界最小※・最軽量※、壁掛け設置や机上投影に対応した小スペース向けプロジェクター

超短焦点プロジェクター

世界最小・最軽量、壁掛け設置や机上投影に対応した小スペース向けプロジェクター

ミラー反射式超短焦点プロジェクターにおいて。(2016年1月現在。リコー調べ。)

  • RICOH PJ WX4152NI

    • 出力光束(明るさ) 3,500lm
    • リアル解像度 WXGA(1,280×800ドット)
    • 質量 約3.0kg
    • ネットワーク対応 有線LAN/無線LAN
    • PCレス機能(USBメモリー対応)
    • インタラクティブ機能
  • RICOH PJ WX4152N

    • 出力光束(明るさ) 3,500lm
    • リアル解像度 WXGA(1,280×800ドット)
    • 質量 約3.0kg
    • ネットワーク対応 有線LAN/無線LAN
    • PCレス機能(USBメモリー対応)
  • RICOH PJ WX4152

    • 出力光束(明るさ) 3,500lm
    • リアル解像度 WXGA(1,280×800ドット)
    • 質量 約3.0kg
    • HDMI HIGH DEFINITION MULTIMEDIA INTERFACE
    • ちきゅうにやさしい
    • グリーン購入法適合
  • 本体標準価格
  • WXGA RICOH PJ WX4152NI 安心3年モデル オープン価格
  • WXGA RICOH PJ WX4152NI オープン価格
  • WXGA RICOH PJ WX4152N 安心3年モデル オープン価格
  • WXGA RICOH PJ WX4152N オープン価格
  • WXGA RICOH PJ WX4152 安心3年モデル オープン価格
  • WXGA RICOH PJ WX4152 オープン価格

超短焦点プロジェクター RICOH PJ WX4152NI / WX4152N / WX4152 特長

画像:超至近投写&コンパクト設計

超至近投写&コンパクト設計

本体背面から投写面まで11.7cmの超至近投写を実現。*1世界最小*2・最軽量*2・超至近投写の縦置き型プロジェクター。

画像:快適なプレゼンテーションを実現

快適なプレゼンテーションを実現

インタラクティブ内蔵モデルをラインアップ。

画像:簡単操作のネットワーク投写

簡単操作のネットワーク投写

直感的に操作できるインターフェイスで、誰にでも簡単にネットワーク投写が行えます。

画像:さまざまな利用方法に対応

さまざまな利用方法に対応

スマートフォンやタブレット内のデータをワイヤレスで投写可能。また、USBメモリーやデジタルカメラ*3のデータをダイレクトに投写できます。

画像:管理者向け機能&セキュリティ

管理者向け機能&セキュリティ

パソコンから、ネットワーク上のプロジェクターの状態管理や設定変更ができます。

画像:カンタンに大画面サイネージを実現

カンタンに大画面サイネージを実現

高性能なサーバー用いたシステム構築が不要。プロジェクター、PC、USBメモリー、ネットワーク環境だけでマルチプロジェクションが実現できます。

  • *1超短焦点プロジェクターの投写は、表面がフラットなパネルタイプのスクリーンを使用してください。
    (ロール式のスクリーンなど、スクリーン表面がたわんだり波を打ちやすいものは、投写した映像の歪みが大きくなります。)
    超短焦点用の推奨スクリーンはこちらをご参照ください。
  • *2ミラー反射式超短焦点プロジェクターにおいて。(2015年12月現在、リコー調べ)
  • *3デジタルカメラとプロジェクターのUSB接続が必要です。

便利なユーティリティーソフト「QuickProjection」

  • アドホックまたはインフラストラクチャ経由で無線投写
  • 最大4台までの同時投写で、円滑なディスカッションが可能

新しくなったQuickProjection機能を動画でご紹介

画像:便利なユーティリティーソフト「QuickProjection」

かんたんマルチプロジェクション「RICOH Simple Multi Projection」NEW

  • 超短焦点プロジェクターWX4152NIまたはWX4152Nを最大3台並べて動画・静止画を大画面映像で投影することができます。
  • プロジェクター以外に必要なものは、カメラ付きPCとUSBメモリー、無線LANアクセスポイントまたは、HUB、LANケーブルのみという手軽さ。
  • リコーの映像処理技術とネットワーク技術によって、新しいマルチプロジェクションシステムを提案します。

様々な利用シーンで使えるRICOH Simple Multi Projectionを動画でご紹介

システム構成図

画像:かんたんマルチプロジェクション「RICOH Simple Multi Projection」

使用するまでの流れ

ご利用にあたっての主な注意事項は以下のとおりです。

  • 連結できる台数は、横連結2台または3台。1台、4台以上、上下連結はできません。
  • ネットワーク接続環境が必要(インターネット接続は不要)。
  • 動画コンテンツの音声出力はされません。
  • 本体のタイマー機能と連動した、自動ON/OFF、自動再生は行えません。
  • PC画面をリアルタイム(画面複製)投影はできません。RICOH Digital Signage、紙アプリケーションの投影はできません。
  • コンテンツのファイルサイズが大きい場合、PCでのコンテンツ作成処理に時間かかる場合があります。
  • プロジェクターの投影画像の色味、明るさの補正は行われません。色味、明るさをあわせる場合、本体メニューで各プロジェクターの調整を実施してください。

NetRICOHオンライン購入

NetRICOHでは、リコー商品、各種消耗品などをインターネットでご注文いただけます。

NetRICOH オンライン購入

お問い合わせ

製品に関するご質問などお気軽にお問合せください。

お問い合わせ