このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
ここから本文です

RICOH PJ WX4152NI / WX4152N / WX4152

特長6: マルチプロジェクションアプリケーション「RICOH Simple Multi Projection」でカンタンに大画面サイネージが可能*1

  • *1RICOH PJ WX4152NI/WX4152Nのみ

カンタン設置

「RICOH Simple Multi Projection」は、カメラを使って投影画像のサイズや位置を調整するので、動画・静止画を投影するマルチプロジェクション環境をカンタンに作ることができます。


シンプル構成

マルチプロジェクションを実施するには高性能サーバーや映像ケーブルによる接続が必要でした。
「RICOH Simple Multi Projection」ならプロジェクター、USBメモリー、PC、WEBカメラ、ネットワーク環境でマルチプロジェクションが実現できます。投影コンテンツもPowerPoint®で作成して利用できます。

画像:シンプル構成

柔軟な設置性

従来のマルチプロジェクションは、投影映像全体を撮影し投影画像を補正する必要がありカメラ設置のため距離が必要でした。
「RICOH Simple Multi Projection」は、2台分の投影画像が撮影できれば補正が可能です。
WX4152シリーズの特長である壁ピタ設置で、今まで設置できなかった場所にマルチプロジェクションサイネージが可能です。

画像:柔軟な設置性

クイックオペレーション

アプリケーション画面の順番通り作業を行うことで、マルチプロジェクション投影が行なえます。
投影するコンテンツの管理や再生順の設定もカンタンに行えます。


マルチプロジェクション投影までの手順

①事前準備

● 投影する画面サイズにあわせてプロジェクターを設置する。

  • プロジェクター台数は画面サイズを目安に決定してください。
  • 画面サイズの幅が2~3mのとき:2台
  • 画面サイズの幅が3~4mのとき:3台
  • プロジェクターの設置間隔や投影距離は、マニュアルP.18~P.20を参照してください。

● プロジェクターとPCをネットワークに接続する。

  • プロジェクターのネットワーク設定方法はRICOH PJ WX4152NI/WX4152N/WX4152の製品マニュアルを参照ください。

● 投影するコンテンツファイルを用意してください。

  • 使用できるコンテンツは静止画・動画です。

コンテンツファイル作成手順(Powerpoint®を使った動画ファイルの作成例)

②プロジェクターを選択する。

● 「RICOH Simple Multi Projection」でネットワーク上にあるプロジェクターを選択します。

  • プロジェクターの配置順に合わせてプロジェクターの識別コードまたはIPアドレスを入力します。(左から順番に入力します)
画像:「RICOH Simple Multi Projection」でネットワーク上にあるプロジェクターを選択します。

③投影画像を調整(キャリブレーション)する。

● プロジェクターから校正用画像を投影します。

  • 「RICOH Simple Multi Projection」で「設置&校正」を開始すると、自動的に投影されます。
画像:プロジェクターから校正用画像を投影します。

● 校正用画像をカメラで撮影します。

  • 「RICOH Simple Multi Projection」で撮影を行います。画面の指示に従って撮影してください。(プロジェクター2台利用の場合2枚撮影。3台利用の場合4枚撮影)
画像:校正用画像をカメラで撮影します。(画面の指示に従って撮影を行います。2台利用の場合2枚。3台利用の場合4枚)

● 投影された画像を見ながら必要に応じて微調整を行います。

画像:「RICOH Simple Multi Projection」で投影された画像を見ながら必要に応じて微調整を行います。

④投影用のファイルを準備する。

● 「RICOH Simple Multi Projection」で投影する静止画・動画を選択します。

画像:「RICOH Simple Multi Projection」で投影する静止画・動画を選択します。

● 投影用ファイルを作成します。

  • 「RICOH Simple Multi Projection」は、キャリブレーション情報を元にプロジェクター毎の投影用ファイルを作成します。
画像:キャリブレーション情報を元にプロジェクター毎の投影データを作成します。

● 投影用ファイルを各プロジェクターに転送します。

  • 転送した投影用ファイルはUSBメモリーに保存されます。
画像:投影データを各プロジェクターに転送します。(転送した投影データはUSBメモリーに保存されます)

⑤コンテンツを再生する。

● 「RICOH Simple Multi Projection」でプレイリストを編集します。

  • 投影するコンテンツを選択し、投影する順番を設定します。

● コンテンツ再生を指示します。

RICOH Simple Multi Projectionダウンロード(使用説明書含む)

NetRICOHオンライン購入

NetRICOHでは、リコー商品、各種消耗品などをインターネットでご注文いただけます。

NetRICOH オンライン購入

お問い合わせ

製品に関するご質問などお気軽にお問合せください。

お問い合わせ