このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu

Ridoc Policy Base Pro
(本製品は生産終了しております)

解決シナリオ

導入前

導入前

部門全体の機密文書、FAXで受信する大量の契約書を紙の状態で管理しているが、情報漏えいが心配だ。

導入後

導入後

機密文書のセキュアPDF化

紙文書、FAX受信文書を簡単にセキュアPDF化。大規模な組織で、複数のポリシーに従った閲覧・印刷制御が可能です。

導入前

導入前

組織全体で運用する機密文書の種類ごとに、閲覧や印刷権限のレベルを変える必要がある。

導入後

導入後

文書ごとの権限設定が可能

たとえば技術文書や契約書など、機密文書ごとに閲覧・印刷権限の設定が可能。ユーザーレベル、機密レベルに応じた、きめ細かな管理が可能です。

導入前

導入前

膨大な機密文書をセキュアに一元管理したい。また機密文書へのアクセス記録も効率よく管理したい。

導入後

導入後

大量の機密文書の一元管理が可能

データベースの大容量化により、組織全体で扱う大量の機密文書の一元管理が可能。またログ検索機能の強化により、情報漏えいへの抑止力をさらに高めます。

導入前

導入前

セキュリティポリシーはあるが、人事異動などにより、一人ひとりへルールを周知徹底するのが難しい。

導入後

導入後

機密文書に関するルールの徹底が容易

あらかじめ設定されたポリシーに基づいて、システムが閲覧・印刷の権限を自動的に制御するため、ルールの周知徹底が容易に行なえます。

ページトップへ